理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

イグアノドン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/15(金) 12:27:41.63 ID:CAP_USER.net
タイで新種イグアノドン=福井県立大など発見 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000063-jij-sctch


 福井県立大は15日、タイ東北部で見つかった恐竜の化石が、新種のイグアノドン類だったと発表した。論文は米科学誌プロスワンに掲載された。

 同大によると、化石は頭骨や大腿(だいたい)骨、歯などほぼ全身。同大恐竜学研究所とタイの共同チームが2006~12年、バンコクから北東に約300キロ離れたナコーン・ラチャシーマ県の白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層で発見した。

 頭頂部の突起が前方まで伸びているのが特徴で、タイの同じ時期の地層から見つかった2種類のイグアノドン類の上顎や下顎の形状とも異なっていた。全長は約6メートルとみられる。

 学名は恐竜学に理解があり、60歳を迎えたタイのシリントーン王女への祝意を込め、「シリントーナ・コラーテンシス」とした。

 同大の柴田正輝講師は「保存状態が良く、まとめて出ているので、東南アジアにいた恐竜の具体的なことが分かってくる」と話している。

 イグアノドン類は白亜紀(1億4500万年前~6600万年前)に繁栄した草食恐竜。

ダウンロード (6)
 

引用元: 【古生物学】タイで新種イグアノドン=福井県立大など発見

タイで新種イグアノドン=福井県立大など発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 一般人φ ★ 2013/11/03(日) 18:06:01.93 ID:???

 一億数千万年前の地層「手取層群」がありさまざまな化石が発掘された高山市荘川町で、高山市南小学校六年生の牧ケ野文哉君(11)が草食恐竜イグアノドンの歯を発掘した。荘川町で小学生が恐竜の化石を見つけるのは初。
牧ケ野君は「自分が見つけたなんて信じられなかった。今度は骨を見つけたい」と目を輝かせる。


 元市職員で二十年以上発掘を続ける下島志津夫さん(60)が事務局を務める荘川化石調査研究推進委員会が三年前から年に数回、化石の発掘体験会を開いている。牧ケ野君はほぼ毎回、体験会に参加してきた。


 十月上旬の会で、下島さんに「その辺りの石はよく化石が出るから、しっかり見ろよ」と言われ、目を凝らした。
石の表面に、周りとは違う黒くて太いものが浮かんで見えた。自信はなかったが「化石ですか」と下島さんに見せた。二十七日、手取層群の化石に詳しい京都大助教の松岡広繁さんが鑑定して正式に分かった。


 歯の化石は高さ一・四センチ、幅一センチほど。下島さんは「子どもが化石を見つけてくれ、長年やってきたことが報われた。子どもの目も育ってきていると実感した」と感慨深げ。市役所荘川支所で展示する予定で、牧ケ野君は「たくさんの人が見てくれたらうれしい。自分が持っていても飾るだけだし、また見つければいいから」と胸を張る。いつか大好きなスピノサウルスやステゴサウルスの化石を見つけたいという。

▽画像 牧ケ野君が見つけたイグアノドンの歯の化石=高山市内で
12

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20131031/images/PK2013103002100179_size0.jpg

▽記事引用元 中日新聞(2013年10月31日)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20131031/CK2013103102000023.html



【古生物】化石の発掘体験会で小学生がイグアノドン類の歯の化石を発見/岐阜県高山市荘川の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 歩いていこうφ ★ 2013/06/24(月) 14:50:58.39 ID:???

 福井県勝山市の県立恐竜博物館は24日、同市北谷町杉山の白亜紀前期(約1億2千万年前)の手取層群北谷層で発見した化石から新たにダチョウ型恐竜の指の骨やイグアノドン類の幼体、2種類の哺乳類の顎の骨を確認したと発表した。

 県の第3次発掘調査(2007~10年度)を中心とした研究成果として、28日から熊本大で開かれる日本古生物学会で発表する。

 ダチョウ型恐竜と呼ばれるオルニトミモサウルス類は、羽毛を持った後ろ足の長い草食恐竜。国内では群馬、熊本県に次ぐ3番目の発見。
イグアノドン類の化石は上顎や腰骨など5点で、大腿(だいたい)骨を切断して観察し、3歳以上の幼体と判明した。

 哺乳類は草食の多丘歯類の下顎と、別の種の下顎が見つかった。いずれも国内で確認されている中生代(恐竜時代)の哺乳類化石と異なり新種の可能性もあるという。

 3次調査では4年間で、3千点を超える化石を収集し、研究が続けられている。これまでに新種の竜脚類フクティタンをはじめドロマエオサウルス類の全身骨格、新種とみられるイグアノドン類などが見つかった。

ソース:福井新聞 http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/43467.html
11

http://stat.ameba.jp/user_images/20121103/22/oldworld/17/c6/j/o0457035912269026208.jpg



【古生物】ダチョウ型恐竜の骨、勝山で発見 新種?哺乳類も、恐竜博物館の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ