理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

イプシロン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/18(木) 18:42:00.77 ID:CAP_USER
小型ロケット「イプシロン」3号機が18日早朝、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、平成25年の1号機から3回連続で打ち上げに成功した。

 同観測所から北方に約90キロ離れた宮崎県えびの市の上空でも、オレンジ色で一直線に天空へ伸びる3号機の光跡のほか、彗星(すいせい)のように光が尾を引く不思議な現象も確認された。
日の出の頃には噴出された煙もくっきりと上空に浮かび、霧島連山や雲海と見事なコントラストを織りなした。

 3号機は同日午前6時6分、同観測所から打ち上げられ、同7時ごろ、搭載していた民間の小型地球観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を予定の軌道に投入した。

 えびの市では打ち上げ直後から、オレンジ色の光が天空へまっすぐ伸び、3号機はその後彗星のような光の尾を引きながら飛び立った。

続きはソースで

画像一覧
彗星のような尾を引きながら飛び立つ「イプシロン」3号機。
画面下は霧島連山=18日午前6時9分、宮崎県えびの市(恵守乾撮影、60秒間露光)
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/2/02242_368_42212a7849cec67b6cc5714813143522.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/0/404f1_368_191381266c2e6b9b3a542f76bd9bb83f.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/e/4e81c_368_a01ef743dc8379eca9c6f8af08f96de7.jpg

livedoorニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14174419/

ダウンロード


引用元: 【宇宙】〈画像あり〉イプシロン3号機打ち上げで不思議な現象「夜光雲」が発生

〈画像あり〉イプシロン3号機打ち上げで不思議な現象「夜光雲」が発生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/30(土) 22:00:46.54 ID:CAP_USER
小型ロケット打ち上げ延期 イプシロン3号機、装置故障で
2017/9/29 16:46

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、11月12日に予定していた小型ロケット「イプシロン」3号機の打ち上げを延期すると発表した。飛行中の機体のデータを集める装置が故障したため。修理に時間がかかると判断した。2017年度中の打ち上げを目指す。
 
装置は、打ち上げ前や飛行中に、機体にかかる圧力や温度といったデータを集め・・・

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/9/29 16:46
https://this.kiji.is/286403947292001377

▽関連
JAXA
イプシロンロケット3号機による高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)の打上げ延期について 平成29年9月29日
http://www.jaxa.jp/press/2017/09/20170929_epsilon3_j.html
images (1)


引用元: 【宇宙開発】11月12日に予定していた小型ロケット「イプシロン」3号機の打ち上げを延期 装置故障で/JAXA©2ch.net

11月12日に予定していた小型ロケット「イプシロン」3号機の打ち上げを延期 装置故障で/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/13(水) 05:44:14.45 ID:CAP_USER9
宇宙航空研究開発機構は12日、小型固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を11月12日午前6時~同35分頃、鹿児島県肝付町きもつきちょうの内之浦宇宙空間観測所から打ち上げると発表した。

 イプシロンの打ち上げは、2016年12月の2号機に続く3回目。

続きはソースで

http://yomiuri.co.jp/science/20170912-OYT1T50099.html

ダウンロード


引用元: 【宇宙】「イプシロン」3号機、11月12日打ち上げ……地球観測衛星を搭載 [無断転載禁止]©2ch.net

「イプシロン」3号機、11月12日打ち上げ……地球観測衛星を搭載の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/13(金) 21:07:56.42 ID:CAP_USER9
2017年1月13日
ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道変更運用(近地点高度上昇)の完了について

http://www.isas.jaxa.jp/topics/files/topics_20170113.jpg
ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)について、平成29(2017)年1月7日、軌道変更運用(近地点高度上昇)が完了したことを確認しました。
衛星の状態は正常です。


軌道変更運用後の軌道情報

遠地点高度 約32,110km
近地点高度 約460km
軌道傾斜角 約31度
周期 約565分

続きはソースで

ソース:宇宙科学研究所
http://www.isas.jaxa.jp/topics/000823.html
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙】ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道変更が完了 [無断転載禁止]©2ch.net

ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道変更が完了の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/20(火) 20:48:44.83 ID:CAP_USER
毎日新聞 2016年12月20日 20時22分(最終更新 12月20日 20時22分)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日午後8時、鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から国産の新型固体燃料ロケット「イプシロン」
2号機を打ち上げた。約13分後、小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。イプシロンの打ち上げは2013年9月の1号機以来3年3カ月ぶり。

 イプシロンは、小惑星探査機「はやぶさ」などを打ち上げ06年に引退した「M5」の後継機。

続きはソースで

【田中韻】

http://mainichi.jp/articles/20161221/k00/00m/040/073000c
ダウンロード


引用元: 【宇宙開発】[イプシロン2号機] 打ち上げ成功 3年3カ月ぶり[12/20] [無断転載禁止]©2ch.net

[イプシロン2号機] 打ち上げ成功 3年3カ月ぶりの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/25(木) 17:54:09.37 ID:CAP_USER
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=420417&lindID=5
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0420417_01.pdf


イプシロン型-酸化鉄を磁性層とした磁気テープの開発に成功
~低ノイズ・シャープな記録再生信号を観測~


1. 発表者
 大越慎一(東京大学大学院理学系研究科化学専攻 教授)
 生井飛鳥(東京大学大学院理学系研究科化学専攻 助教)

2. 発表のポイント
 ◆イプシロン型-酸化鉄(ε-Fe2O3)ナノ磁性体の鉄イオンを複数の金属イオンで置換した新型ナノ磁性粉を開発し、次世代の塗布型磁気記録媒体(磁気テープ)の開発を行いました。
 ◆開発した磁気テープの磁気記録再生信号は媒体のノイズが極めて低く、非常にシャープな信号波形をしており、ε-Fe2O3ナノ磁性粒子の磁気テープが優れた特性を持つことが明らかになりました。
 ◆磁気テープは、記録すべき情報の爆発的増大が進むビッグデータ時代において、大容量アーカイブ記録メディアとして需要が急伸しており、本成果はその一翼を担うものとして期待されます。

3. 発表概要
 東京大学大学院理学系研究科の大越慎一教授らの研究グループは、イプシロン型-酸化鉄(ε-Fe2O3、注1)の鉄イオンを複数の金属イオンで置換することで磁気テープに求められる磁気特性に調整した新型ナノ磁性粉を開発し、生産用実機を用いて塗布型磁気記録媒体(磁気テープ)の開発品を作製しました。
 今回開発したナノ磁性粉は、ε-Fe2O3の鉄イオンを三種類の金属イオン(ガリウムイオン、チタンイオン、コバルトイオン)で置換したε-Ga0.31Ti0.05Co0.05Fe1.59O3です(以下、GTC型イプシロン酸化鉄と呼びます)。このGTC型イプシロン酸化鉄ナノ磁性粒子では、金属置換量の調整によって磁気記録に適した3キロエルステッド(kOe)の保磁力(注2)が実現されており、磁化はε-Fe2O3と比較して44%向上しています。開発したGTC型イプシロン酸化鉄ナノ磁性粒子の中規模生産(5kg)を行い、磁気テープの試作を行いました。製作した磁気テープの磁気記録再生信号は非常にシャープで、かつ媒体のノイズが極めて低いことが確認されました。このようなGTC型イプシロン酸化鉄ナノ磁性粒子は大容量データのアーカイブ用磁気テープの次世代磁性材料として期待されます。
 本研究成果は、日本時間2016年8月24日(水)午後7時にドイツ化学会誌Angewandte Chemie International Edition(アンゲバンテ・ケミー・インターナショナル・エディション)のオンライン版でHot paperとして公開されます。

続きはソースで

ダウンロード (3)
 

引用元: 【材料科学】イプシロン型-酸化鉄を磁性層とした磁気テープの開発に成功 低ノイズ・シャープな記録再生信号を観測 [無断転載禁止]©2ch.net

イプシロン型-酸化鉄を磁性層とした磁気テープの開発に成功 低ノイズ・シャープな記録再生信号を観測の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ