理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

イベルメクチン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/23(水) 03:08:54.46 ID:CAP_USER.net
12月22日 14時39分
ことしノーベル賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した熱帯病の治療薬「イベルメクチン」が、胆管がんを縮小させる効果があるとする研究成果を九州大学の研究グループが発表しました。

北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した「イベルメクチン」は、失明につながる熱帯病「オンコセルカ症」などの特効薬で、大村さんは、この研究成果でことしのノーベル医学・生理学賞を受賞しました。この薬を九州大学生体防御医学研究所の西尾美希助教などの研究グループが詳しく調べたところ、胆管がんの原因となる「YAP1」(ヤップワン)というたんぱく質の働きを抑える効果があることが分かったということです。

続きはソースで

images (2)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349471000.html


引用元: 【医学】大村さん開発のイベルメクチン 胆管がんに効果[NHK]

大村さん開発のイベルメクチン 胆管がんに効果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/05(土) 23:16:56.18 ID:CAP_USER*.net
<<<<ノーベル賞>疥癬制圧--大村智さん、もう一つの功績 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース>>>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000018-mai-soci

ダウンロード


 ◇オンコセルカ症治療だけが功績ではない

 世界に発信する記事ならこれでいいと思いますが、日本人に向けてならもう一つ、大村先生の大きな功績を伝えなくてはいけない、と私は思います。それは、「イベルメクチンのおかげで、日本では疥癬(かいせん)の治療が劇的に進展した」ということです。
私が見た限り、このことに詳しく触れた記事はほとんどありません。というわけで、イベルメクチンが疥癬という病に対してどれだけ優れた効果を発揮したかを、臨床医の目線で紹介したいと思います。

 ◇「ダニ自体が感染源」疥癬の怖さ

 疥癬は肉眼では見えない小さなダニ、ヒゼンダニが原因で起きます。ダニが原因の感染症はライム病、日本紅斑熱、ここ数年報告が増えた重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などが知られています。

これらはマダニが原因で、「ダニが病原体を媒介する感染症」です。また、家屋に存在するイエダニなどに刺されると強いかゆみが出ますが、ステロイド外用薬を数日間使えば治ります。これは単なる「虫刺され」で感染症ではありません。

 一方、疥癬はヒゼンダニ自体が人の皮膚の下に潜り、そこに卵を産み付けることで起こります。卵が成虫になるとまた卵を産み、人の皮膚の下で世代交代をします。
つまりヒゼンダニの場合は「ダニが病原体を媒介する感染症」でもなく、「虫刺され」でもなく、「ダニそのものによる感染症」なのです。

引用元: 【科学】ノーベル賞大村智さん、もう一つの功績 疥癬制圧

ノーベル賞大村智さん、もう一つの功績 疥癬制圧の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/06(金) 09:30:52.17 ID:ipZuhZjI*.net
2015/11/06 4:00

 ノーベル医学生理学賞に決まった大村智北里大特別栄誉教授らが開発した薬イベルメクチンが、感染症の「糞線虫症」にも高い効果があることを南米エクアドルでの20年以上の調査で裏付けたと、世界保健機関(WHO)などのチームが5日付の米科学誌に発表した。

 チームは、本来の治療目的である「オンコセルカ症(河川盲目症)」の撲滅後も、感染症の恐れがある住民に広く投与を続けるべきだと訴えている。

 糞線虫症は、熱帯を中心とする寄生虫が原因の感染症で、呼吸障害や下痢などを起こし重症化すると死亡する。国内では沖縄などに患者が発生し、イベルメクチンが治療に使われている。

(続きや関連情報はソース元でご覧ください)

ダウンロード


引用元:47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015110501001696.html

引用元: 【科学】 大村氏らが開発した薬「イベルメクチン」、別の感染症「糞線虫症」にも効果、WHOチーム (共同通信)

大村氏らが開発した薬「イベルメクチン」、別の感染症「糞線虫症」にも効果、WHOチームの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ