理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ウエアラブル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/04/18(水) 13:59:22.89 ID:CAP_USER
 理化学研究所創発物性科学研究センター 創発ソフトシステム研究チームの福田憲二郎専任研究員、 染谷隆夫チームリーダー、東レ株式会社の北澤大輔主任研究員らの国際共同研究グループは17日、耐熱性と高いエネルギー変換効率を兼ね備えた「超薄型有機太陽電池」の開発に成功した。

 衣服に貼り付けられる柔軟性の高い太陽電池は、ウェアラブルセンサーや電子デバイスを実現する上で注目されてきたが、これまでの超薄型有機太陽電池は十分なエネルギー変換効率と耐熱性を両立するのが難しかったため、加工プロセスでの適応が妨げとなっていた。

 今回開発した有機太陽電池は、耐熱性と高エネルギー変換効率を両立する新しい半導体ポリマー「PBDTTT-OFT」を利用。
従来の「PBDTTT-EFT」と似た骨格だが、直線状の側鎖を持ち、高い結晶性を持つ膜の形成で、加熱による導電性低下を防いだ。

 また、超薄型基板材料として、従来のパリレンと比較して表面平坦性と耐熱性に優れる透明ポリイミドを採用。

続きはソースで

関連ソース画像
https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1117/512/1_l.jpg

関連動画
耐熱性・高効率・超薄型有機太陽電池 https://youtu.be/IbIcFgXTBGc



PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1117512.html
ダウンロード


引用元: 【太陽電池】アイロンで衣服に接着できる超薄型有機太陽電池[04/17]

アイロンで衣服に接着できる超薄型有機太陽電池の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/18(水) 19:35:16.16 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3147191?cx_module=latest_top

【10月18日 AFP】米国の消費者団体などは18日、保護者が子どもの行動を把握するのに役立つスマートウオッチが、プライバシーおよび安全上のリスクにつながる恐れがあると警鐘を鳴らした。米連邦取引委員会(FTC)に対し、スマートウオッチが子どもに及ぼすリスクの調査を求めるとともに、小売店に対してはこうしたスマートウオッチの販売停止を要請している。

 過度の商業主義から子どもたちを保護する消費者団体「Campaign for a Commercial-Free Childhood」は声明で、「子どもを守りたいという保護者の強い願いを食い物にして……こうしたスマートウオッチは実際には子どもを危険にさらしている」と批判している。

続きはソースで

(c)AFP

2017年10月18日 17:35 発信地:ワシントンD.C./米国
ダウンロード (3)


引用元: 【IT】子ども向けスマートウオッチに潜む危険性に警鐘、米消費者保護団体ら

子ども向けスマートウオッチに潜む危険性に警鐘、米消費者保護団体らの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/20(水) 20:56:13.79 ID:CAP_USER
クララが立つ日は来るか。信州大学がロボティックウェア「curara」4号機を発表
~将来は体内埋め込み型サイボーグ技術にも応用
森山 和道2017年9月20日 17:28

 信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科バイオエンジニアリングコース 橋本・塚原研究室は2017年9月20日、“着る”生活動作支援ロボットとして開発中のロボティックウェア「curara(クララ)」の新型発表会を文部科学省で行なった(curaraは信州大学の登録商標)。


人にあわせる同調制御と相互作用トルク検出で動作
(写真)
信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科バイオエンジニアリングコース 橋本稔教授

 信州大学の橋本稔教授は、「ウェアラブルなロボットは人との関係がきわめて重要。ヒューマンフレンドリーで人を中心としたウェアラブルなロボット技術の視点で研究を進めてきた」と述べた。

「curara(クララ)」のコンセプトは、衣服のように軽量で、人の骨格系を利用することで形状を維持し、ロボットとしての機能も発揮できる「非外骨格型構造」ロボット。人の歩行軌道をアシストする。

続きはソースで

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1081748.html
images (1)


引用元: 【ロボティックウェア】 クララが立つ日は来るか。信州大学がロボティックウェア「curara」4号機を発表[09/20] [無断転載禁止]©2ch.net

【ロボティックウェア】 クララが立つ日は来るか。信州大学がロボティックウェア「curara」4号機を発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/19(火) 09:00:46.77 ID:CAP_USER
伊藤隆太郎2017年9月19日05時26分
写真・図版
ワイシャツに貼り付けた超薄型太陽電池=理化学研究所提供
http://www.asahi.com/articles/ASK9G6G4YK9GUBQU01Y.html

 伸縮性があり洗濯もできる超薄型の太陽電池を開発したと、理化学研究所と東京大の研究チームが18日付英科学誌ネイチャー・エナジー(電子版)に発表する。衣服に貼り付け、ウェアラブル(身につけられる)機器の電源として応用できるという。

 理研の福田憲二郎研究員と東大の染谷隆夫教授らが、半導体の性質を持った有機化合物を極薄の高分子膜上に塗りつけて、太陽電池を作製した。厚さがわずか3マイクロメートルで、曲げたり押しつぶしたりしても正常に作動するという。

続きはソースで

(伊藤隆太郎)
ダウンロード (4)


引用元: 【サイエンス】 洋服に貼れる太陽電池を開発 洗濯しても作動、理研など[09/19] [無断転載禁止]©2ch.net

洋服に貼れる太陽電池を開発 洗濯しても作動、理研などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/08/04(金) 02:07:03.54 ID:CAP_USER9
◆福井大など、新スマートグラス開発 地域産業化で5カ年プロ

福井大学と日本原子力研究開発機構、福井県は1日、超小型の光制御デバイスを中核に、眼鏡型ウエアラブル端末(スマートグラス)などの地域産業化を目指す5カ年プロジェクトを始めると発表した。
従来の100分の1サイズのデバイスを開発し、新方式スマートグラスの実用化を目指す。

福井大は2015年に光の三原色(赤・青・緑)を合波制御する技術で特許を取得。
これをもとに6ミリ×3ミリ×2ミリメートルの超小型の光制御デバイスの開発に県内外の企業と取り組む。

続きはソースで

解説図:映像の網膜投射の仕組みイメージ(福井大学産学官連携本部提供)
https://d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net/medium/article/img1_file5982a34de24a1.jpg

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00437959?twinews=20170803
ダウンロード (2)


引用元: 【技術】内蔵プロジェクターで眼鏡をかけた人の網膜に直接映像を投射する装置、実用化へ [無断転載禁止]©2ch.net

内蔵プロジェクターで眼鏡をかけた人の網膜に直接映像を投射する装置、実用化への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/07(土) 23:12:00.85 ID:CAP_USER9
楽しいお酒はつい飲み過ぎてしまい、自分でもわからないうちに泥酔してしまうことがあります。そんな自分では注意するのが難しい「飲み過ぎ」を防いでくれるウェアラブルデバイスが「Proof」です。
ブレスレット型のデバイスを装着しているだけで皮膚から血中のアルコール濃度を検知し、飲み過ぎる前にスマートフォンに通知してくれるほか、身体からお酒が抜けるまでの時間まで計算することが可能です。

Proof Wearable
https://www.proofwearable.com/

Proofはブレスレット型のウェアラブルデバイスで、皮膚からアルコール分子を読み取ることで、血中アルコールレベル(BACレベル)をトラッキングしてくれます。


アルコール分子を読み取るメカニズムは、特許出願中の使い捨てカートリッジによるもの。カートリッジには酵素ベースの電気化学センサーを搭載しており、アルコールを電流に変換することで正確な血中アルコール濃度を検出できるとのこと。

続きはソースで

Alcohol-sensing wearable wants to tell you how drunk you are
http://mashable.com/2017/01/05/proof-alcohol-wearable/


http://gigazine.net/news/20170107-proof-wearable/
ダウンロード


引用元: 【ウェアラブル】皮膚から正確な血中アルコール濃度を検知し飲み過ぎを防いだり酒が抜けるまでの時間を計算できるデバイスが登場 [無断転載禁止]©2ch.net

【ウェアラブル】皮膚から正確な血中アルコール濃度を検知し飲み過ぎを防いだり酒が抜けるまでの時間を計算できるデバイスが登場の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ