理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

エイズ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/26(木) 17:05:43.82 ID:???.net
2015年2月25日 4:30 AM
HIV新型ウイルスがキューバで出現、感染から3年内にエイズを発症させる異常性が脅威に
複数のウイルスのサブタイプが合体した「CRF19」
引用元:Medエッジ 2015年2月25日 4:30 AM 配信記事
http://www.mededge.jp/a/cold/9322

no title


キューバでエイズ発症の異常に早い新型HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が出現し問題になりつつある。

同国ペドロ・コウリ熱帯医学研究所を中心とする研究グループが、有力医学誌セル誌やランセット誌と協力関係にあるオンライン医学誌、Eバイオ・メディシン誌で2015年2月16日に報告しているものだ。

□すぐにエイズに至る人が続いた

HIVは人が異物に抵抗する力を奪い去るウイルスだ。そのHIVには大きく2タイプがあり、HIV1とHIV2に分かれている。
世界的に問題になるのはHIV1。HIV1はさらに多数のサブタイプに分かれており、突然変異により変化していく。
今回問題になったのもこのHIV1の仲間のウイルスだ。

きっかけは、すぐにエイズに至る感染者が続くという異変だ。
通常、HIVに感染してからエイズが発症するまでは、個人差はあるものの数年から10年程度かかるとされる。
キューバではこの感染から発症までの時間が3年以内という異常に進行の速い人が続いて確認されていた。
その背景を探ったのが今回の報告だ。
(引用ここまで 全文は引用元参照)

▼関連リンク
EbioMedicine
CRF19_cpx is an Evolutionary fit HIV-1 Variant Strongly Associated With Rapid Progression to AIDS in Cuba
http://www.ebiomedicine.com/article/S2352-3964(15)00038-9/abstract

引用元: 【感染症】HIV新型ウイルスがキューバで出現 感染から3年以内にエイズ発症

【マジ…】HIV新型ウイルスがキューバで出現 感染から3年以内にエイズ発症の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 00:28:05.73 ID:???0.net
HIVと認知障害の関連調査…米では半数に症状
2014年12月02日 18時22分

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の長期感染者に、薬の飲み忘れなど認知症のような症状を訴える患者が増えていることが世界で問題となっている。

国内でも、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)をはじめとする全国のHIV診療の拠点病院15施設が、初の実態調査に着手した。

 この障害は、「HIV関連神経認知障害(HANDハンド)」と呼ばれる。
〈1〉物忘れがひどくなる
〈2〉怒りっぽくなるなど性格が変化する
〈3〉転びやすくなるなど運動障害が起きる
――が典型的な症状とされる。

続きはソースで

http://www.yomiuri.co.jp/science/20141202-OYT1T50083.html

引用元: 【科学】HIVと認知障害の関連調査…米では半数に症状

HIVと認知障害の関連調査…米では半数に症状の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/01(月) 18:48:41.35 ID:???0.net
2014/12/1 14:07

 エイズとの戦いが転換点を迎えた。2013年にエイズウイルス(HIV)治療を開始した人の数が新規感染者を上回ったことを示すデータが明らかになった。HIVの治療がウイルス発生率を上回ったのは、27年前に抗レトロウイルス薬が導入されて以来初めてだ。

■「初めて病気をしのぎつつある」

 1日の「世界エイズデー」に合わせて発表されたリポートで、この点を強調した反貧困を掲げる団体「ワン」のエリン・ホールフェルダー氏は「エイズ撲滅が近いと言っているわけではないが、我々が初めて病気をしのぎつつあるという重要な節目に達した」と語った。

 入手可能な最新のデータである13年の新規感染者は210万人だったのに対し、治療プログラムへの参加者は230万人増えた。

 新規感染者220万人、投薬治療を開始した人が160万人だった前の年から改善した。

 もっとも、世界で抗レトロウイルス薬を投与されている人は足元で1360万人にのぼるが、3500万人と推定されるエイズ患者のなお半分にも満たない。

 ホールフェルダー氏は勝利宣言にはまだほど遠いとくぎを刺す。「世界的には転換点を迎えたものの、すべての国がそうであるわけではなく、これまでの進歩も簡単に行き詰まったり、白紙に戻ったりする」と話した。

 13年の反エイズ活動への資金提供額は191億ドルにのぼったが、国連が必要だと指摘する年間220億~240億ドルをなお下回る。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80334680R01C14A2000000/

引用元: 【科学】 エイズとの戦い転換点に 治療数が感染数上回る 治療によって寿命は通常と変わらない可能性も [日経新聞]

エイズとの戦い転換点に 治療数が感染数上回る 治療によって寿命は通常と変わらない可能性もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/21(金) 19:57:28.47 ID:???0.net
抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究
AFP=時事 11月21日 15時4分

【AFP=時事】ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染による後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)の治療に広く使われている抗レトロウイルス薬の一種「NRTI(核酸系逆転写酵素阻害剤)」が、目の難病である「加齢黄斑変性」の治療にも応用できる可能性があるとする研究が20日、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

培養皿で「ミニ網膜」作製に成功、米研究

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある黄斑という組織に老化による異常が生じ、悪化すれば失明することもある。
米ケンタッキー大学(University of Kentucky)のチームによると、マウスを使った研究で、黄斑変性の症状悪化につながるたんぱく質の複合体「インフラマソーム」の働きをNRTIが阻害することが確認できたという。

研究チームはNRTIについて、肝炎や組織移植による合併症にも効果がある可能性を示唆している。

論文の主執筆者、ベンジャミン・ファウラー(Benjamin Fowler)氏は、NRTIについて「他の病気に応用できれば有益だ。非常に安価な薬剤で、今回の実験に使用した薬剤の中には数十年の臨床実績によって高い安全性が確認されているものもある」と述べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000027-jij_afp-int

引用元: 【アメリカ】抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究

抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/05(水) 23:08:18.00 ID:???.net
HIVの「自然治癒」、関連の遺伝子メカニズム解明か 仏研究
2014年11月05日 09:38 発信地:パリ/フランス

【11月5日 AFP】ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染した男性2人の「自然治癒」に関する遺伝子メカニズムを解明したとの研究論文が、4日の欧州臨床微生物感染症学会(European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases)発行の学術誌「Clinical Microbiology and Infection」に掲載された。
この研究結果については、後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)との闘いに新たな戦略をもたらすとされる一方で、慎重な判断が必要とする専門家もいる。

発表された研究論文は、HIVに感染してもエイズの症状が現れなかった男性2人を対象とした研究に基づくものだ。

論文を発表したフランス国立保健医学研究所(National Institute of Health and Medical Research、INSERM)の研究チームによると、HIVは2人の免疫細胞内にとどまっているが、遺伝情報に変異が生じたために不活性化されているという。

研究チームは、「自然治癒と思われるもの」を経験したと語る2人からサンプルを採取し、抽出したHIVのゲノム(全遺伝情報)を解読。
変異は、一般的な酵素「APOBEC」に関連している可能性があると指摘した。

得られた結果については、「この酵素を使用または刺激することで、治療による治癒への道が開かれる」との声明を発表している。

だが、今回の結果を疑問視する専門家もいる。

英ノッティンガム大学(University of Nottingham)のジョナサン・ボール(Jonathan Ball)教授(分子ウイルス学)は、AFPの取材で、「正直な話、今回の論文が査読のために私の所に回されてきたとしたら、すぐに突き返すだろう」と語り、研究チームが機能的治癒の「証拠」を何一つ提示していないと主張した。
(引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください)

▽記事引用元
AFPBBNews 2014年11月05日 09:38配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3030847
http://www.afpbb.com/articles/-/3030847?pid=0&page=2

引用元: 【感染症】HIVの「自然治癒」、関連の遺伝子メカニズム解明か 仏研究

HIVの「自然治癒」、関連の遺伝子メカニズム解明か 仏研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/09(日) 10:52:59.55 ID:???0.net
 エイズウイルス(HIV)に感染し医療機関に通院している人のうち、七割は血中のHIV量が検出できないレベルに抑えられていることが、研究者の調査で分かった。抗HIV薬の進化と普及が要因。支援団体のNPO法人「ぷれいす東京」の生島嗣(ゆずる)代表は「陽性者でも、きちんと治療に向き合っていれば、感染源になる可能性は極めて低い」として、検査の積極的受診と、HIV患者への偏見、差別の是正を求めている。 

 調査は昨年、厚生労働省のエイズ対策研究事業の一環として、慶応大の樽井正義名誉教授を代表とする研究班が実施。
全国九カ所の医療機関に通う陽性者千百人から回答を得た。全体の98%が日本国籍で、95%は男性。平均年齢は四四・六歳だった。

 HIV感染者が、治療を受けずに放置していると、徐々に免疫機能が破壊され、エイズ(後天性免疫不全症候群)を発症。感染症を患うなどして最悪の場合は死に至る。一九九〇年代からは、HIVの増殖を抑える強力な抗HIV療法の開発が進み、現在は投薬治療によってエイズの発症を防ぐことができるようになった。

 調査に回答したHIV陽性者のうち94・5%が抗HIV薬を服用中。服薬していない人も含む全体の70%に当たる陽性者のHIV量は極めて低く、現行の検査法では検出できないレベルだった。薬の服用回数は、「一日一回」が58・2%で、十年前の2・3%から大幅に増加。「一日二回」は35・7%だった。通院回数は49・7%が「三カ月に一度」、23・8%が「二カ月に一度」と回答した。

 生島代表は「薬の進歩で陽性者の生活は格段に楽になり、適切に治療していれば母子感染をせずに妊娠、出産も可能だ。いたずらに怖がらず検査を受けてほしい」と話す。

ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014110902000123.html

図表=HIV陽性者のウイルス量
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/images/PK2014110902100045_size0.jpg

引用元: 【社会】抗HIV薬の進化で感染リスクが減少、陽性通院者の7割は検出限界以下…「きちんと治療していれば、感染源になる可能性は低い」

抗HIV薬の進化で感染リスクが減少、陽性通院者の7割は検出限界以下…「きちんと治療していれば、感染源になる可能性は低い」の続きを読む

このページのトップヘ