理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

エボラウイルス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/04(火) 09:44:25.25 ID:???*.net
エボラなど危険な病原体の輸入検討…施設稼働で

 厚生労働省は3日、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で国内初の高度安全実験(BSL4)施設を稼働させることで武蔵村山市と合意したことを受け、エボラウイルスなど危険な病原体の輸入の検討を始めた。

 これらの病原体による感染症の検査・治療法を開発するためで、今後、同市に理解を求めながら、病原体を保有する欧米諸国などとの交渉を始める。

 国内では、エボラウイルスなどの危険な病原体6種類が「バイオ・セーフティー・レベル(Biosafety Level)」のレベル4に分類され、感染症法は、国が指定したBSL4施設以外での所持・輸入を禁止している。

塩崎厚労相と藤野勝・武蔵 
村山市長が3日、安全対策の強化や外部チェック体制の整備などを条件に、30年以上 
見送られてきたBSL4施設としての稼働に合意した。 

読売新聞 8月4日(火)7時40分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00050196-yom-sci 
ダウンロード (1)

【関連記事】
国内初BSL4施設、稼働で合意…エボラウイルスなど危険度最高の病原体を分析・研究、周辺住民に不安 東京・武蔵村山市





引用元: 【社会】エボラなど危険な病原体の輸入検討 武蔵村山市の国内初BSL4施設稼働を受け―厚労省[08/04]

エボラなど危険な病原体の輸入検討 武蔵村山市の国内初BSL4施設稼働を受け―厚労省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/13(土) 18:03:07.07 ID:???*.net
韓国MERS感染だけではない…エボラ熱感染、再燃の兆し WHO警戒
http://www.sankei.com/world/news/150613/wor1506130036-n1.html
2015.6.13 17:22更新

 エボラ出血熱が流行する西アフリカのギニアとシエラレオネで、 減少していた新規感染者が再び増加の兆しを見せ始めた。
韓国で感染が広がる中東呼吸器症候群(MERS)に国際社会の関心が向かう中、世界保健機関(WHO)はエボラ熱の再燃にも警戒を強めている。

 WHOの10日の報告書によると、ギニアとシエラレオネでは4月以降、エボラ熱の新規感染者が減少傾向を示していたが、5月下旬から再び増加に転じた。
同月24日までの1週間の新規感染者は2カ国で計12人。
しかし31日までは25人、6月7日までは31人と、連続して増えている。

続きはソースで

0 (2)

(共同)

引用元: 【エボラ】韓国MERS感染だけではない…エボラ熱感染、再燃の兆し WHO警戒

【エボラ】韓国MERS感染だけではない…エボラ熱感染、再燃の兆し WHO警戒の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/02(木) 02:06:30.76 ID:???.net
掲載日:2015年4月1日
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/01/177/

 電気化学工業は3月31日、グループ会社であるデンカ生研が北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの高田礼人 教授と共同で、エボラウイルス迅速診断薬を開発したと発表した。

0 (2)


 同診断薬は、デンカ生研が製造・販売している感染症迅速診断キット「クイックナビ」シリーズのプラットフォームをベースとし、血清を検体とした測定を実施する。米国の施設で実施された試験では、約15分でエボラウイルス感染の有無を判定することができた。

続きはソースで

<画像>
迅速診断キットのイメージ
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/01/177/images/001l.jpg

<参照>
エボラウイルス抗原検出迅速診断キットの開発に関するお知らせ(PDF)
http://www.denka.co.jp/news/pdf/20150331_poct.pdf

引用元: 【医療】北大とデンカ生研、エボラウイルス感染の有無を15分で判定する診断薬を開発

北大とデンカ生研、エボラウイルス感染の有無を15分で判定する診断薬を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/09(土) 01:30:49.06 ID:???.net
エボラ回復後に目からウイルス検出、初の事例を米国で確認
引用元:AFPBBNews 2015年05月08日 19:54 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3047854

00


【5月8日 AFP】血液中からエボラウイルスが消えて数か月がたった患者の目の中から、ウイルスが初めて検出されたとの報告書が7日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」で発表された。

米国人医師のイアン・クロージャー(Ian Crozier)氏は、シエラレオネで世界保健機関(World Health Organization、WHO)の活動に従事していた2014年9月、エボラウイルスへの感染が確認された。
その後、米国に送還され、ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)にあるエモリー大学病院(Emory University Hospital)のエボラ特別病棟に入院した。

報告書によると、クロージャー氏は、血液からエボラウイルスが検出されなくなったことを受けて、昨年10月に退院。
だが2か月後、左目の血圧が極端に高くなり、炎症を起こした。目が腫れ、視力にも大きな障害が起きた。

エモリー大学病院の眼科医のスティーブン・イエ(Steven Yeh)氏は、診察のために再び同病院を訪れたクロージャー氏の体液を採取し検査にかけたところ、エボラウイルスを含んでいることがわかった。
一方、涙や目の周囲の細胞からはウイルスは検出されなかった。
(引用ここまで 全文は引用元参照)

▽関連リンク
New England Journal of Medicine
Persistence of Ebola Virus in Ocular Fluid during Convalescence
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1500306

引用元: 【感染症】エボラ出血熱回復後に目からウイルス検出 初の事例を米国で確認

エボラ出血熱回復後に目からウイルス検出 初の事例を米国で確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/27(金) 12:17:54.50 ID:???.net
新しいエボラワクチンの開発に成功 | UTokyo Research
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/a-novel-vaccine-for-ebola-hemorrhagic-fever.html

画像
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400028976.jpg
エボラウイルスに感染した細胞の電子顕微鏡写真


東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らの研究グループは、新しいエボラウイルスワクチンを開発し、霊長類において、本ワクチンが有効であることを示しました。

現在、世界保健機関(WHO)の報告によれば、西アフリカ諸国で流行しているエボラ出血熱(注1)によって、感染者数が24,000人以上、犠牲者数は10,194人にのぼっています。しかし、未だにエボラウイルスに有効なワクチンの開発には至っておらず、現在、臨床試験が行われている3種類のエボラウイルスワクチンにもその効果や安全性の問題が懸念されています。そのため、新しいエボラウイルスワクチンを開発してエボラ出血熱の予防および治療方法を確立することは最重要課題です。

本研究グループは、安全性の高いエボラワクチンを開発するため、エボラウイルスの遺伝子の一部を欠損した変異エボラウイルスを作製しました。この変異ウイルスは、特定の細胞においては増殖できますが、普通の細胞では増えることはできません。

続きはソースで

no title


引用元: 【薬理学】新しいエボラワクチンの開発に成功 変異エボラウイルスを不活化しワクチンをサルに接種してその効果を評価

新しいエボラワクチンの開発に成功 変異エボラウイルスを不活化しワクチンをサルに接種してその効果を評価の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/25(水) 01:44:15.68 ID:???*.net
◆エボラ薬、一部患者に有効=臨床試験で中間結果―富士フイルム

no title


富士フイルムは24日、エボラ出血熱の治療効果が期待されている抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」について、臨床試験で一部の患者に有効性が示唆されたと発表した。
ウイルス量が中程度の患者への投与で死亡率が半減したという。

昨年12月からギニアで臨床試験を行っている仏国立保健医学研究所(Inserm)が、エボラ熱患者80人に関する結果を分析した。
ウイルス量が中程度の患者にアビガンを投与した場合の死亡率は15%で、栄養や水分を補給する治療法での患者の死亡率30%から半減した。

ただ、ウイルス量が非常に多い患者については効果がみられなかったという。

アビガンは富士フイルムのグループ会社「富山化学工業」が開発。
臨床試験は225人の患者が対象になる予定で、すでに100人以上に投与されている。

時事通信 2015年2月24日(火)22時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000129-jij-pol

引用元: 【エボラ熱】富士フイルム「アビガン錠」、一部患者に有効 臨床試験で中間結果 ウイルス量が中程度の患者への投与で死亡率が半減

富士フイルム「アビガン錠」、一部患者に有効 臨床試験で中間結果 ウイルス量が中程度の患者への投与で死亡率が半減の続きを読む

このページのトップヘ