理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

エボラ出血熱

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/10/18(木) 14:15:18.54 ID:CAP_USER
沖縄科学技術大学院大学のウォルフ・マティアス准教授らは、エボラ出血熱を引き起こすエボラウイルスの核となるたんぱく質の構造を突き止めた。今後、ウイルス全体の構造が詳しく分かれば、エボラ出血熱に有効な治療薬やワクチンの開発につながる。

大阪大学の杉田征彦特任研究員らと東京大学などとの共同研究。成果は英科学誌ネイチャー(電子版)で18日に掲載される。

エボラ出血熱は主にアフリカで流行する感染症で、致死率は最大90%に達する。感染した人間の血液や嘔吐(おうと)物などに含まれるエボラウイルスが体内に侵入すると感染する。2013年末から西アフリカを中心に起きた流行では1万1千人を超える死者が出た。今年もアフリカ中部で感染が広がっている。

エボラウイルスは細胞内で増え、細胞を破って外に広がる。

続きはソースで

■らせん状につながったたんぱく質にRNAが巻き付いた構造
https://www.nikkei.com/content/pic/20181018/96958A9F889DE1E4E7EBEBE1E7E2E3E5E3E2E0E2E3EA9180EAE2E2E2-DSXMZO3659933017102018CR8001-PN1-1.jpg

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36599350X11C18A0CR8000/
images


引用元: 【医学】エボラウイルスの構造解明、治療薬に道 沖縄科技大など [10/18]

エボラウイルスの構造解明、治療薬に道 沖縄科技大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/20(水) 01:40:31.81 ID:CAP_USER9
エボラウイルスの最初の流行が報告され40年が経った。
研究者らは最近、一部の生存者の体内に依然としてウイルスに対する抗体が存在することを見出した。

科学誌『Nature』によると、この発見は多くの科学者の仮定を裏付けている。
エボラ熱の生存者は一生を通じてウイルスに対する免疫を持つ。この研究は新薬の開発にも役立ち、エボラ熱感染後の潜在的な健康への影響を調べることができる。

1976年、エボラウイルスはコンゴ民主共和国の北東にある小さな村ヤンブクを襲った。
318人が感染し、 280人が死亡した。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/science/201712194396688/
ダウンロード


引用元: 【医学】エボラ出血熱の生存者は40年後もエボラへの免疫を有することが判明

エボラ出血熱の生存者は40年後もエボラへの免疫を有することが判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/25(日) 02:40:50.60 ID:CAP_USER
エボラ熱予防で効果的ワクチン=18年にも投与可能に-WHO

【パリAFP=時事】世界保健機関(WHO)は23日付の声明で、西アフリカを中心に拡大したエボラ出血熱の予防に向け、カナダで開発されたワクチンが「極めて効果的」とみられると発表した。
順調なら、新薬承認のファストトラック(優先審査制度)を経て、2018年にも投与が可能になる。
 
このワクチンはカナダの公衆衛生機関が開発に着手し、製薬大手メルクが引き継いだ。

続きはソースで

(2016/12/23-15:22)

▽引用元:時事ドットコム 2016/12/23-15:22
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122300201&g=int
ダウンロード (2)


引用元: 【感染症/予防医学】エボラ出血熱予防に向けカナダで開発されたワクチン 「極めて効果的」とみられると発表©2ch.net

エボラ出血熱予防に向けカナダで開発されたワクチン 「極めて効果的」とみられると発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/18(金) 23:02:00.47 ID:CAP_USER
エボラウイルス、感染しても自覚症状出ないことも 米研究

【11月16日 AFP】西アフリカで2013年末から大流行し、主にギニア、シエラレオネ、リベリアで1万1000人以上が死亡したエボラ出血熱について、エボラウイルスに感染したにもかかわらず自覚症状が出なかった人がシエラレオネで新たに10人以上見つかったことが、15日付で米科学誌に掲載された米スタンフォード大学(Stanford University)の研究チームの論文で明らかになった。
感染の規模がこれまで考えられていたより大きかったことを示唆しているという。

米科学誌「PLOS ネグレクティッド・トロピカル・ディズィーズ(PLOS Neglected Tropical Diseases)」に掲載された論文によると、スタンフォード大の研究チームはシエラレオネの人口約900人のスクドゥ(Sukudu)村に住む男女と子どもの計187人を対象に調査を行った。
 
同村は2014~15年にシエラレオネ東部でエボラ出血熱が大流行していた当時、感染者が特に多かった3か所のうちの一つで、当初の調査では34人が感染し、28人が死亡したとされていた。

論文は「(調査対象の187人のうち)14人がエボラウイルスの抗体を持っており、ある時期に感染していたことを示している。

続きはソースで

(c)AFP

▽引用元:AFPBBNews 2016年11月16日 10:52 発信地:マイアミ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3108103
ダウンロード (1)


引用元: 【感染症】エボラウイルス、感染しても自覚症状出ないことも 米研究 ©2ch.net

エボラウイルス、感染しても自覚症状出ないことも 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/21(日) 16:10:14.12 ID:CAP_USER*.net
エボラウイルスに感染し回復した患者の血液から、ウイルスを捕まえる抗体を取り出し、マウスに投与したところ、エボラウイルスに感染したあとの生存率が20%だったのを、最大で100%までに高めることに成功したと、アメリカの研究グループが発表しました。
専門家は「新薬の開発などにつながる可能性がある」と話しています。

アメリカのハーバード大学などの研究機関で作るグループは、おととし、西アフリカを中心に流行したエボラウイルスに感染し、その後回復した患者の血液から349の抗体を取り出し、詳しく調べました。
その結果、ウイルス表面の突起の特定の部分に付着する抗体には、ウイルスの働きを抑える力が強いことを突き止めたということです。

続きはソースで

images (2)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416551000.html

引用元: 【医学】エボラ感染後の生存率 20%から100%にまでに高めることに成功 米研究グループ[2/21]

エボラ感染後の生存率 20%から100%にまでに高めることに成功 米研究グループの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/15(月) 21:43:26.77 ID:CAP_USER.net
エボラ出血熱の抗体、北大などのチームが発見
YOMUIRI ONLINE 2016年02月15日 17時26分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160215-OYT1T50030.html

エボラ出血熱の治療やワクチン開発に役立つ抗体を発見したと、
北海道大などのチームが英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

エボラウイルスは5種類見つかっているが、すべての種類のウイルスを抑える効果が確認できたのは初めてという。

北大の高田礼人あやと教授(ウイルス学)らは、マウスにエボラウイルスの一部を注射し、ウイルスを攻撃するために体内で作られた複数の抗体を分析。

続きはソースで
ダウンロード


▽関連
Scientific Reports 6, Article number: 20514 (2016)
doi:10.1038/srep20514
Discovery of an antibody for pan-ebolavirus therapy
http://www.nature.com/articles/srep20514

▽関連掲示板
新型感染症 http://hanabi.2ch.net/infection/

引用元: 【感染症】エボラ出血熱の治療やワクチン開発に役立つ抗体を発見/北海道大などのチーム[02/15]

エボラ出血熱の治療やワクチン開発に役立つ抗体を発見/北海道大などのチームの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ