1: 2018/06/15(金) 07:11:46.81 ID:CAP_USER
米航空宇宙局(NASA)は13日、火星で大規模な砂嵐が発生し、表面で観測を続けて15年目になる探査車オポチュニティーが、音信不通になっていると発表した。
砂嵐により太陽光が遮られ、太陽電池が発電できなくなり、休止モードに入った。
そのまま運用停止になるおそれもあるという。

 NASAによると、砂嵐は5月30日に確認され、その後急速に発達。表面の4分の1を覆うまでになり、火星で観測されたものとしては最大規模だという。上空が砂ぼこりに覆われ地表に太陽光が届かなくなっている。

 オポチュニティーは内部の時計以外すべての機能を停止し、10日を最後に交信できない状況。

続きはソースで

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180614000660_commL.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6G229NL6GUHBI00F.html
ダウンロード (5)


引用元: 【宇宙開発】NASA火星探査車が音信不通 砂嵐で太陽発電休止に[06/14]

NASA火星探査車が音信不通 砂嵐で太陽発電休止にの続きを読む