1: 2015/03/31(火) 16:39:38.03 ID:???.net
掲載日:2015年3月30日
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/30/news140.html

 アリの動きを再現したロボットをドイツの企業が開発した。実際のアリのように、大きな物を複数体で協力しながら運ぶこともできるのが特徴だ。欧州メディアは米Amazonの倉庫を例に「未来の工場ではこうしたロボットが働くことになるかもしれない」と報じている。

画像
協力して物を運ぶことができる
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1503/30/l_sk_festo_03.jpg
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1503/30/l_sk_festo_01.jpg

 開発したのは工場のオートメーション機器などを開発する独Festo。同社は自然のモデルなどをテクノロジーに応用する取り組みを進めており、アリロボット「BionicANTs」もその一環だ。

 ロボットはアリと同様に6本足で移動し、頭には超小型カメラによる目とはさみ状のアゴを備えている。

画像
ハイテクの塊だ
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1503/30/l_sk_festo_02.jpg

続きはソースで

1
<参照>
BionicANTs | Festo Corporate
http://www.festo.com/cms/en_corp/14252.htm

引用元: 【ロボティクス】協力して物を運ぶ「働きアリ」ロボット開発 未来の工場で活躍? - 独Festo社

協力して物を運ぶ「働きアリ」ロボット開発 未来の工場で活躍? - 独Festo社の続きを読む