1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/07(土) 22:29:01.06 ID:???

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は5日、手足の末端の血管が詰まる難病「バージャー病」の患者の血管に細い管(カテーテル)を通して広げ、血流を再開させる治療に成功したと発表した。この病気のカテーテル治療で、成功したのは全国初という。

 同センター血管内科医長の河原田修身(おさみ)さんによると、バージャー病の患者は全国で約1万人。
悪化すると壊疽(えそ)を起こし、全体の1割は足を切断しており、血管拡張剤などの薬で効果が出ない患者の治療は難しい。

 血流が詰まるひざ下や足首付近の血管は直径1・5~2・5ミリと細く、これまで管を通すのは困難とされていた。
動脈硬化のカテーテル治療に使う器具や手法の発達で、河原田さんはバージャー病の患者にも応用できると判断した。

3e615bb5.jpg

朝日新聞 2013年12月6日00時35分
http://www.asahi.com/articles/OSK201312050149.html



【医療】バージャー病のカテーテル治療成功、全国初/国循センターの続きを読む