理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

カメレオン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/21(火) 12:03:55.58 ID:CAP_USER
カメレオンの舌に驚異の粘着力、「長年の謎」を解明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3091155
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/d/500x400/img_6d88b740ebb3fef7137ade5b6f3450cc263229.jpg


【6月21日 AFP】誰もが舌を巻く敏腕ハンターのカメレオンは、体色を変化させる擬態、全景を見渡せる目、多大な忍耐強さなど、驚くほど多彩な生物学的武器を頼りに獲物を捕らえる──。中でも最も特徴的なのは、あの電光石火の舌だ。

 カメレオンのむちのように動く舌の優れた能力については、長年にわたり広く研究が行われてきた。しかし、ある特定の能力だけはこれまで謎のままだった。それは、どのようにして、獲物をつかんだままの舌を素早く元の口の中に戻すことができるのかということだ。

 これまでに提唱された仕組みには、吸引や粘り気、カメレオンの舌の粗い表面と獲物の体表間の「面ファスナー作用」など、さまざまなものがあった。カメレオンは、自身の体重の3分の1までの重さの獲物を舌で捕らえることができる。

 ベルギーとフランスの研究チームが20日に発表した研究結果によると、謎の答えは、舌先にある粘着性の粘液だという。

 英科学誌「ネイチャー・フィジックス(Nature Physics)」に掲載された研究論文の共同執筆者で、ベルギー・モンス大学(University of Mons)のパスカル・ダンマン(Pascal Damman)氏は「この粘液は粘度が非常に高く(人間の)唾液のほぼ1000倍に達することが分かり驚いた」と話す。 

 研究チームは今回、このように高い粘度を実現すると考えられる接着性(粘性)を算出するために数学を用いた。

続きはソースで

images (1)

(c)AFP/Laurence COUSTAL

引用元: 【動物学】カメレオンの舌に驚異の粘着力、「長年の謎」を解明 [無断転載禁止]©2ch.net

カメレオンの舌に驚異の粘着力、「長年の謎」を解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/05(火) 18:02:57.04 ID:CAP_USER.net
極小カメレオンの舌、加速度はトップレベル (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000018-jij_afp-sctch

images


【AFP=時事】極小のカメレオンの一種が舌を伸ばす際の速度は驚くほど速かった──4日に発表された研究論文によると、その加速度は、停止状態から時速60マイル(約97キロ)に達するのに、わずか100分の1秒しか必要としない程だという。

 英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された論文によると、親指サイズのカレハカメレオン属の1種(Rhampholeonspinosus)が舌を伸ばす際の最大加速度は重力加速度の約264倍に上るという。

 このカメレオンの舌の力は、体重比の動力でみると、1キログラム当たり1万4040ワット。この値は、「爬虫類、鳥類、ほ乳類の1キログラム当たりの筋肉量が作り出す」ものの中で最大で、脊椎動物なかで、これを上回るのは一部のサンショウウオのみだ。

 研究を行った米ブラウン大学(Brown University)の生物学者、クリストファー・アンダーソン(Christopher Anderson)氏によると、これらの小型のカメレオンの舌については、これまで未計測だったという。

 カメレオンの舌は、体長の2.5倍以上伸びるとされ、わずか20ミリ秒という素早さで餌となる虫を捕らえることができる。【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【動物学】極小カメレオンの舌、加速度はトップレベル 最大加速度は重力加速度の約264倍

極小カメレオンの舌、加速度はトップレベル 最大加速度は重力加速度の約264倍の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ