1: そーきそばΦ ★ 2013/11/19(火) 11:02:08.18 ID:???0

 【モスクワ田中洋之】ソ連時代にカラシニコフ銃を設計したロシアのミハイル・カラシニコフ氏(94)が17日、健康状態悪化のため自宅のある中部イジェフスクの病院に入院した。ロシアのメディアが18日報じた。
心臓に持病があり、入院先の蘇生部門で必要な検査と治療を受けているという。

 カラシニコフ氏は昨年12月にも一時入院し、今年6月にはモスクワの病院で心臓にペースメーカーを植え込み、9月初めにイジェフスクに戻っていた。今月10日に94歳の誕生日を迎えたばかり。

 カラシニコフ氏は1947年にカラシニコフ銃の初期モデルAK47を開発。この銃はこれまでに改良型を含め7000万丁以上が製造され、世界100カ国以上で使用されている。

56b41d77.jpg

毎日新聞 11月19日(火)10時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131119-00000021-mai-eurp



【ロシア】AK47自動小銃の設計者、カラシニコフ氏が入院の続きを読む