理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

カルデラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/18(金) 21:50:08.01 ID:CAP_USER
マグマ活動示す熱水確認 鹿児島沖の海底カルデラ

神戸大海洋底探査センターは18日、10月から始めた鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」の調査で、カルデラ内の海底ドームから熱水が噴き出ているのを確認したと発表した。
地下でのマグマ活動を示す結果だとしている。
5カ所で噴出があり、熱水が高さ約100メートルに達する場所もあった。

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/11/18 19:5411/18 19:56updated
http://this.kiji.is/172298826709337593
鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」で、船上からの音波で観測された熱水(矢印)(神戸大提供)
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggoMYH_orJlIn4.nKZEAVK6w---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/172299089852024312/origin_1.jpg

神戸大学 海洋底探査センター
http://www.k-obec.kobe-u.ac.jp/kobec/
ダウンロード (2)


引用元: 【マグマ学】鹿児島沖の海底火山「鬼界カルデラ」 マグマ活動示す熱水確認 5カ所で噴出、高さ約100メートルに達する場所も/神戸大©2ch.net

鹿児島沖の海底火山「鬼界カルデラ」 マグマ活動示す熱水確認 5カ所で噴出、高さ約100メートルに達する場所も/神戸大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/04(金) 01:20:00.92 ID:CAP_USER
桜島、数十年以内に大規模噴火 地下マグマが蓄積

桜島(鹿児島市)を含む姶良カルデラの地下にあるマグマが年間1150万立方メートルのペースで増えているとの研究結果を英ブリストル大、京都大のグループが英科学誌の電子版に発表した。
東京ドーム約9個分に相当する。
グループは大正大噴火(1914年)の規模と時期を考慮すると、数十年以内に桜島で再び大きな噴火が起きる恐れがあるとしている。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/11/2 17:51
http://this.kiji.is/166464634061668360
鹿児島・姶良カルデラ
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggfESx.0nPTmL8zkhfPFInQw---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/166469919523833337/origin_1.jpg

▽関連
京都大学
カルデラにおけるマグマ蓄積形態と蓄積速度 ―地下における 3 次元弾性定数と熱プロセスの考慮の重要性―
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/documents/160913_2/01.pdf

Scientific Reports 6, Article?number:?32691 (2016)
doi:10.1038/srep32691
Thermomechanical controls on magma supply and volcanic deformation: application to Aira caldera, Japan
http://www.nature.com/articles/srep32691
ダウンロード


引用元: 【火山】桜島、数十年以内に大規模噴火が起きる恐れ 地下マグマが蓄積/英ブリストル大、京都大©2ch.net

桜島、数十年以内に大規模噴火が起きる恐れ 地下マグマが蓄積/英ブリストル大、京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/21(金) 10:36:15.27 ID:CAP_USER
断層破壊防いだ可能性=阿蘇山マグマだまり-熊本地震で現地調査・京大

4月16日に発生した熊本地震の「本震」で、九州東部の断層が破壊されるのを阿蘇山のマグマだまりが防いだ可能性が高いと、京都大の林愛明教授らの研究グループが発表した。
論文は20日付の米科学誌サイエンス(電子版)に掲載された。
 
論文は6月に書かれ、地震によって阿蘇山の噴火が早まる危険性を指摘していた。
今月8日には阿蘇山の中岳第1火口で36年ぶりに爆発的噴火が発生し、研究グループは「今回の噴火と地震が直接関連しているか明らかではないが、論文の提言はある程度妥当性があった」としている。
 
熊本県では4月14日夜と同16日未明に震度7の地震が発生した。
研究グループは直後から現地調査を続け、阿蘇山周辺まで延びる全長約40キロの新たな断層を発見した。
 
続きはソースで

(2016/10/21-05:08)

▽引用元:時事ドットコム 2016/10/21-05:08
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102100055&g=soc

▽関連
・京都大学
阿蘇火山が妨げた熊本の地震断層破壊 2016年10月21日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161021_1.html
・Science? 20 Oct 2016:
DOI: 10.1126/science.aah4629
Coseismic rupturing stopped by Aso volcano during the 2016 Mw 7.1 Kumamoto earthquake, Japan
http://science.sciencemag.org/content/early/2016/10/19/science.aah4629

ダウンロード


引用元: 【地球物理】阿蘇山のマグマだまりが九州東部の断層破壊防いだ可能性 熊本地震で現地調査・京大©2ch.net

阿蘇山のマグマだまりが九州東部の断層破壊防いだ可能性 熊本地震で現地調査・京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/11(火) 03:18:59.09 ID:CAP_USER9
神戸大の練習船「深江丸」(神戸大海洋底探査センター提供)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20161010/20161010-OYT1I50004-L.jpg
海底調査のイメージ
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20161010/20161010-OYT1I50005-L.jpg
鬼界カルデラの位置
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20161010/20161010-OYT1I50006-L.jpg

 神戸大海洋底探査センター(神戸市)は、7300年前に鹿児島沖で海底火山が巨大噴火を起こしてできた「鬼界カルデラ」の調査を13日から始めると発表した。

 海底からさらに地中深くにたまっている可能性があるマグマの位置や大きさの測定を5~10年かけて進める。同大によると、マグマを継続的に観測し、膨張などの変化を捉えられれば世界初で、噴火の予測につながる可能性があるという。

 担当するのは、通常よりもはるかに規模の大きい「超巨大噴火」が専門の同センター長、巽好幸教授(マグマ学)のチーム。

 巽教授によると、鬼界カルデラは、日本では最も新しい時期に起きた超巨大噴火で形成され、南九州の縄文人の絶滅を招いたとされる。再噴火すれば、日本に壊滅的な被害を与えかねないが、噴火の恐れがあるかはよくわかっていない。

 火山は、地下に蓄えられたマグマだまりに圧力が加わり、上部や側面の地盤や壁に割れ目ができ、噴火すると考えられている。しかし広範囲を地中深くまで調べるのは難しく、詳細な仕組みは解明されていない。

 調査対象の鬼界カルデラは、海中にあるため、地上の火山と異なり周辺に建物などの障害物が少なく、船舶を航行させながら調べることができる。

続きはソースで

http://www.yomiuri.co.jp/science/20161010-OYT1T50015.html
ダウンロード


引用元: 【火山】「鬼界カルデラ」調査へ…南九州の「縄文人」絶滅の原因©2ch.net

「鬼界カルデラ」調査へ…南九州の「縄文人」絶滅の原因の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/21(日) 02:34:36.89 ID:CAP_USER9
「カルデラ噴火」 文明を断絶させた大噴火の歴史
zakzak 2016.08.19
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160819/dms1608190830006-n1.htm

火山の噴火→異常気象→農業壊滅→社会荒廃→文明消滅

6世紀の中世ヨーロッパは野蛮な「暗黒時代」だ。
その低生産性の社会荒廃は火山の噴火の異常気象が背景にあった。
過去2000年間で最も寒い10年間だった。
2016年春、オーストリア・ウィーン欧州地球物理学会の発表だ。

歴史家プロコピウス
「その年中ずっと、太陽が発する光に明るさはなく、月のようだった。終わらない日食のようだ」

クラカタウ火山噴火 → カラタン文明消滅
エルチチョン火山噴火 → マヤ文明崩壊

日本
7300年前の鬼界カルデラの噴火。
この噴火は鹿児島市の南約100キロの九州南方で起きた。
縄文初期の遺跡や遺物が東北日本だけに集中しているのはこのカルデラ噴火のせい。

島村英紀 武蔵野学院大学特任教授

続きはソースで

ダウンロード (2)
 

引用元: 【科学】「カルデラ噴火」 文明を断絶させた大噴火の歴史 火山の噴火→異常気象→農業壊滅→社会荒廃→文明消滅©2ch.net

「カルデラ噴火」 文明を断絶させた大噴火の歴史 火山の噴火→異常気象→農業壊滅→社会荒廃→文明消滅の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/08(月) 18:02:08.19 ID:CAP_USER
産総研:赤穂市は恐竜時代のカルデラの中にできた町だったことが判明
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160808/pr20160808.html
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/press_release/pr2016/pr20160808/fig1.jpg


ポイント

•「播州赤穂」地域の地質情報を5万分の1地質図幅として刊行
• 白亜紀の巨大カルデラ(コールドロン)を発見し、「赤穂コールドロン」と命名
• 白亜紀から現在までの地盤形成の歴史を解明


概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)地質調査総合センターは、地質情報研究部門【研究部門長 牧野 雅彦】地殻岩石研究グループ 佐藤 大介 研究員らがとりまとめた「播州赤穂地域の地質」を刊行した。これは、平成23~25年度の3年間にわたり実施した兵庫県赤穂市を中心とした「播州赤穂」地域周辺の詳細な地質調査を基にまとめた資料である。兵庫県と岡山県にまたがるこの地域全域の5万分の1の地質図幅は、今回が初となる。

続きはソースで

images (4)

引用元: 【地質学】赤穂市は恐竜時代のカルデラの中にできた町だったことが判明 [無断転載禁止]©2ch.net

赤穂市は恐竜時代のカルデラの中にできた町だったことが判明の続きを読む

このページのトップヘ