1: 2015/12/11(金) 23:01:45.34 ID:CAP_USER.net
新たなパナマ病が発生、バナナのシェア99%を占める種に危機
財経新聞 2015年12月9日 11:10
http://www.zaikei.co.jp/article/20151209/282719.html

あるAnonymous Coward 曰く、 20世紀中期まで世界的に栽培されていたバナナ「グロスミッチェル種」は、パナマ病(Race1)によってほぼ絶滅状態に追いやられた。
現在は、Race1に耐性のあるキャベンディッシュ種が世界的に栽培され、シェアの99%を占めているという。
しかし、新たにこのキャベンディッシュ種に適したパナマ病(Tropical Race4)が登場、ラテンアメリカ、パキスタン、レバノン、ヨルダン、オマーン、モザンピーク、オーストラリアなどで蔓延しつつあるという(WashingtonPost、PLOS、楽天WOMAN、IRIRIO、Slashdot)。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード


▽関連
PLOS PATHOGENS
Worse Comes to Worst: Bananas and Panama Disease?When Plant and Pathogen Clones Meet
http://journals.plos.org/plospathogens/article?id=10.1371/journal.ppat.1005197

引用元: 【生物】新たなパナマ病が発生 バナナのシェア99%を占める「キャベンディッシュ種」に危機

新たなパナマ病が発生 バナナのシェア99%を占める「キャベンディッシュ種」に危機の続きを読む