理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

クラスター

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/19(金) 19:02:17.88 ID:???.net
東北大など、強力X線の照射でナノクラスのプラズマが生成されることを発見 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/18/077/
超強力X線による極微小プラズマ生成を発見-X線自由... | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/06/press20150611-01.html
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20150611_01web.pdf

画像
http://n.mynv.jp/news/2015/06/18/077/images/011l.jpg
クラスターがナノプラズマ化する仕組みの概念図


東北大学は、原子のクラスターにX線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」から供給される強力なX線を照射すると、ナノメートルクラスの大きさのプラズマ(ナノプラズマ)を生成することを見出したと発表した。

同成果は、東北大学多元物質科学研究所の上田潔 教授、福澤宏宣 助教のグループ、京都大学大学院理学研究科の八尾誠 教授、永谷清信 助教のグループ、広島大学大学院理学研究科の和田真一 助教、理化学研究所 放射光科学総合研究センターXFEL研究開発部門ビームライン研究開発グループの矢橋牧名グループディレクター、高輝度光科学研究センターXFEL利用研究推進室先端光源利用研究グループ実験技術開発チームの登野健介チームリーダーらによるもの。詳細は、英国の科学雑誌「Scientific Reports」に掲載された。

強力なX線と物質との相互作用はこれまで研究されていなかった。そこで今回、研究グループは、そうした強力なX線と物質との相互作用の解明に向け、原子の集合体である原子クラスターを試料として、XFEL照射によりどのような応答を示すかを調べたという。

これまで、X線を原子クラスターに照射すると、クラスターを構成する原子の深い内殻軌道から電子が放出され、原子はエネルギーが高く不安定な原子イオンになるが、比較的浅い軌道の電子を放出することで安定化し、多価原子イオンになることが知られていた。また、SACLAのような強力なX線パルスを照射した場合、単一クラスター内の複数の原子においてこのような過程が起こり、たくさんの電子が放出され、この過程が進行していくと、時間的に遅れて原子から飛び出した電子のうち、エネルギーが低い電子は正の電荷に引き寄せられてクラスターからは飛び出せなくなっていくことから、微小空間内に正の電荷と負の電荷が混在するナノプラズマが生成することが予想されていた。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【物質科学】強力X線の照射でナノクラスのプラズマが生成されることを発見 東北大など

強力X線の照射でナノクラスのプラズマが生成されることを発見 東北大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/31(日) 12:12:39.76 ID:???.net
東大など、サイボーグ超分子によって病原物質の起源を明らかに | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20150530/251742.html

画像
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015053018004990big.png
糖鎖クラスターを移植したサイボーグ超分子とその合成方法を示す図(東京大学などの発表資料より)


 東京大学の藤田誠教授らの研究グループは、生体由来材料を人工分子に移植した精巧なサイボーグ超分子(>>0を開発し、病因物質として知られるタンパク質が細胞表面でどのように捕らえられているのかを明らかにした。

 アルツハイマー病の原因物質である凝集性タンパク質「アミロイドβ」は、糖脂質「GM1ガングリオシド」のクラスターによって捕捉される。しかし、糖鎖クラスターが、どのようにしてタンパク質を選択認識するのかは分かっていなかった。

 今回の研究では、生物由来の糖鎖を人工合成した自己組織化超分子とハイブリッド化し、サイボーグ超分子を生み出すことに成功した。

1

続きはソースで

 なお、この内容は「Angewandte Chemie International Edition」に掲載された。論文タイトルは、「Self-Assembled Spherical Complex Displaying a Gangliosidic Glycan Cluster Capable of Interacting with Amyloidogenic Proteins」。

※サイボーグ超分子
生体内で生命活動を担っているパーツを、その生体機能を保ったまま人工分子に組み込んでつくった分子をサイボーグ超分子と名付けている。有機合成の手法を用いることで、目的に応じて生体由来の分子を移植することができ、今回の成果では、不要な疎水性部位をガングリオシドGM1から切除して、必要な糖鎖部位だけを球状分子に連結できた。

引用元: 【生化学/医学】東大など、サイボーグ超分子によって病原物質の起源を明らかに

東大など、サイボーグ超分子によって病原物質の起源を明らかにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/02(土) 21:54:34.70 ID:???.net
東大、液体・液体転移を支配する秩序構造を発見―液体に階層的な構造が存在 | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20150430/247444.html

画像
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015043016431990big.jpg
今回の研究で明らかになった液体の階層的構造の模式図 (東京大学の発表資料より)


 東京大学の田中肇教授らの研究グループは、常圧下で液体・液体転移(>>0を示す分子性液体の亜リン酸トリフェニルを用いて、液体・液体転移を支配する隠れた秩序構造を実験的に同定することに成功した。

 単一成分の液体が複数の液体相を有し、その液体相間を一次転移する現象を液体・液体転移と言う。これまで、炭素や水で見られるように単一成分からなる物質であっても、複数の結晶相を持つ結晶多形を示すことはよく知られていたが、無秩序相である気体や液体には1つの相しか存在しないと考えられてきた。

 今回の研究では、時分割小角・広角X線散乱法を用いて、転移の過渡的過程における構造変化を一分子スケールからメゾスコピックスケールに渡る範囲で追跡した。その結果、液体・液体転移の進行に伴って、数個程度の分子で構成されるクラスターの数密度が急激に増加し、その変化が理論的に予測された秩序変数の時間発展方程式で記述できることが分かった。

続きはソースで

1

 なお、この内容は「PNAS」に掲載された。論文タイトルは、「Microscopic identification of the order parameter governing liquid-liquid transition in a molecular liquid」。

※液体・液体転移:単一成分からなる物質が二つ以上の液体状態を持つとき、温度や圧力の変化によって誘起される液体間の相転移現象を液体・液体転移という。

引用元: 【物質科学】東大、液体・液体転移を支配する秩序構造を発見―液体に階層的な構造が存在

東大、液体・液体転移を支配する秩序構造を発見―液体に階層的な構造が存在の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ