1: 2015/05/24(日) 18:37:06.09 ID:???.net
“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証 — 大阪市立大学
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/d0jv05

画像
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/images/150522-1.jpg/@@images/1ef658cd-b83b-4e0f-849f-8d1ed377b2d1.jpeg
【図1】※日常ストレスによる交感神経活動を抑制 
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/images/150522-2.jpg/@@images/e652aea2-f5a3-441b-8527-2d944ef3b0e1.jpeg
【図2】※スコアが低いほど睡眠の質が良好
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/images/150522-3.jpg/@@images/480fd970-012b-469b-b059-5009b6c41b64.jpeg
【図3】※トライアル間の反応時間が短縮し意欲向上


概要

 健康科学イノベーションセンター(所長:渡辺 恭良[わたなべ やすよし])と大阪市立大学大学院医学研究科は、メロディアン株式会社および理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターとの共同研究を実施した結果、高濃度水素水による睡眠の質改善、メンタルヘルス改善、安静時交感神経活動の抑制および作業課題に対する意欲向上の効果が認められ、高濃度水素水が日常生活疲労に対する抗疲労効果を有することが分かりました。本件については、平成27年5月15日、16日に山口県で開催された「第11回 日本疲労学会」で発表されました。


研究の要旨

・対象: 一般健常者26名(女性13名、男性13名、34.4±9.9歳、 20~48歳)

・検証時期:平成26年9月12日~12月5日

・抗疲労製品の効果に関する臨床評価ガイドラインに従い、高濃度水素水「水素たっぷりのおいしい水」(0.8~1.2ppm)と水素を含まず水素以外は同組成の飲料水を対照コントロールとして、起床時と夕食時に高濃度水素水またはコントロール水300ml(1日計600ml)を4週間摂取する2群間クロスオーバー二重盲検比較試験を実施しました。

続きはソースで

no title

引用元: 【統計】“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証 大阪市立大学

“高濃度水素水”が日常生活疲労に対する 抗疲労効果を有することを立証 大阪市立大学の続きを読む