理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ゲノム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/04(木) 21:10:49.99 ID:CAP_USER
【1月4日 AFP】
米アラスカ州中部で見つかった1万1500年以上前に死亡したとみられる女の乳児の骨を調べたところ、この女児がこれまでに知られていなかった集団に属していたことが分かった。研究論文が3日、発表された。
論文によると、女児のゲノム研究は米大陸への人類の定住に関する理解に新たな光を当てるものだという。

 研究チームは女児の骨から採取した遺伝子を調べ、この女児が所属していた集団が約2万年前にシベリアから到達した可能性が高いと結論付けた。

 米アラスカ大学(University of Alaska)の研究者ベン・ポッター(Ben Potter)氏は、AFPの取材に「今回の研究が示しているのは、すべてのアメリカ先住人の祖先が最終氷河期の同一の集団にさかのぼることができるという、遺伝子に基づく初の直接証拠だ」と語った。

続きはソースで

(c)AFP/Mariëtte Le Roux

画像:米アラスカ中部アップワード・サン・リバーの考古学遺跡で行われた女児の骨の発掘作業
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/1/700x460/img_9167321736ea78118560d0521ef5fa2b182299.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/7/700x460/img_f76c31a551ae5ce2e253fc3d6d994fa4229240.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3157383
ダウンロード


引用元: 【考古学】〈シベリア→アラスカ〉1万1500年前の女児、新集団に所属 遺伝子で判明

〈シベリア→アラスカ〉1万1500年前の女児、新集団に所属 遺伝子で判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/12(金) 16:26:59.35 ID:CAP_USER
◆「ノアの方舟は原子力で動く精◯バンク」「ノア一家は携帯電話使ってた」 トルコの科学博士がTVで“ノアの方舟”の新事実を暴露!

ノアが神から命じられた方舟を建設し、自身と家族、そしてあらゆる動物を洪水から救ったとされる旧約聖書の「ノアの方舟」。
旧約聖書を聖典にするユダヤ教徒やキリスト教徒はもちろんのこと、同じく一神教のイスラム教の聖典『コーラン』にも、「ヌーフの方舟」として書かれ、世界中で広く知られている。
しばしば、ノアの方舟をめぐり捜索隊が結成されるなど、その実在を信じる人も多い。
海外オンラインニュース「Oddity Central」(9日付)によると、今月6日、イスタンブール大学海洋科学研究所講師のヤウズ・オルネック博士がトルコ国営テレビ局の主要チャンネル「TRT 1」に出演し、ノアの方舟に関する耳を疑うような衝撃の新説を披露したという。

写真:イスラム教におけるノアの方舟のイメージ
http://tocana.jp/images/steelark_03.jpg

■ノアの方舟は原子力で動いていた!

写真:http://tocana.jp/images/steelark_01.jpg

オルネック博士によると、1万年前には優れた科学技術がすでに存在しており、ノアの方舟も実は鉄製で、動力源は原子力だったというのだ。
また、ノアの方舟はいわば精◯・卵子バンクであり、乗ったのは動物ではなく、各動物の精◯と卵子だったというのだ。
その上、ノアは遠方にいる息子と携帯電話を介して会話し、方舟に乗るよう説得したというから驚きである。
同番組にゲストとして出演していた神学者のオメール・ファルーク・ハルマン教授は、オルネック博士に同説を裏付ける経験的証拠を出すよう要求したところ、オルネック博士は『コーラン』の一節を引用し次ぎのように答えた。

イメージ写真:http://tocana.jp/images/steelark_02.jpg

続きはソースで

動画:https://youtu.be/igkWtODmxeE



TOCANA 2018/01/11
http://tocana.jp/2018/01/post_15635_entry.html
http://tocana.jp/2018/01/post_15635_entry_2.html
ダウンロード (4)


引用元: 【超科学】「ノアの方舟は原子力で動く精◯バンク」「ノア一家は携帯電話使っていた」 トルコの科学博士が“ノアの方舟”の新事実を暴露

「ノアの方舟は原子力で動く精◯バンク」「ノア一家は携帯電話使っていた」 トルコの科学博士が“ノアの方舟”の新事実を暴露の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/12(金) 15:59:31.73 ID:CAP_USER
◆科学者ら「ゲ◯の遺伝子」をついに特定! 男性が同性愛になるのはやっぱり遺伝なのか!!

米ノースショア大学の研究者らが、同性愛を引き起こす可能性があると言われる「ゲ◯遺伝子」を特定。
2,000人以上の男性を対象にDNA分析をしたところ、第13染色体と第14染色体において、性・的指向に影響を及ぼす領域が認められたようだ。
この結果は科学誌『Scientific Reports』にて掲載されている。

ゲノムワイド関連解析(GWAS)による男性の性的指向の研究」
https://www.nature.com/articles/s41598-017-15736-4
http://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/0/5/05003e28.jpg

・研究では同性愛者1,077人と異性愛者1,231人(ともに白人男性)のDNAを分析

・ゲノム全体を比較したところ、第13染色体と第14染色体において、一塩基多型(個人間の遺伝情報のわずかな違い、SNPとも呼ばれる)が含まれる領域が認められた

・1つ目は第13染色体の「SLITRK6」だ。
 この遺伝子は神経細胞の発達に重要であり、男あるいは女に発育していく性分化の過程で活発になることが知られている。
 視床下部に位置しており、ゲ◯か否かでサイズが変わるという報告も過去に出ていた

続きはソースで

ユルクヤル、外国人から見た世界 2018年01月11日
http://yurukuyaru.com/archives/74467525.html
ダウンロード (1)


引用元: 【LGBT】「ゲイの遺伝子」をついに特定 男性が同性愛者になるのは、やっぱり遺伝が原因だった!

【LGBT】「ゲ◯の遺伝子」をついに特定 男性が同性愛者になるのは、やっぱり遺伝が原因だった! の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/24(日) 02:09:46.33 ID:CAP_USER
遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集を人の受精卵に使う研究について、政府の有識者会議は20日、基礎研究に限って認め、遺伝子改変した受精卵を胎内に戻すことは禁じる内容の報告書をまとめた。

 文部科学省や厚生労働省に、早急に指針を作成するよう求めた。

 今回の報告書は不妊治療など生殖補助医療での基礎研究が対象。
研究で用いることができるのは、不妊治療で使われなかった受精卵「余剰胚」のみとしたほか、改変した受精卵を人や動物の胎内に戻すことは、子孫や母体への影響などが不明なため「いかなる目的の研究も認めない」と結論づけた。
研究の実施は当面、各研究機関の倫理委員会による審査と国による確認を併せた2段階の手続きを経ることが適当とした。

続きはソースで

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/20171220-OYT1T50072.html

ダウンロード (2)


引用元: 【ゲノム編集・生命倫理】〈政府の有識者会議〉遺伝子改変した受精卵、胎内に戻すことは認めず

【ゲノム編集・生命倫理】〈政府の有識者会議〉遺伝子改変した受精卵、胎内に戻すことは認めずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/21(木) 07:03:27.56 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKDM7DT6KDMULBJ017.html

狙った遺伝子を改変できるゲノム編集でヒト受精卵を操作する研究について、政府の生命倫理専門調査会の専門家会議は20日、基礎研究に限り条件付きで認める方針を盛り込んだ報告書を取りまとめた。不妊治療などの研究でゲノム編集への期待が高まっていることから、文部科学省や厚生労働省に具体的な研究指針作りを急ぐよう求めている。

 報告書は、不妊治療で余った受精卵に限りゲノム編集を認め、不妊治療の成功率の向上などにつながる基礎研究に道を開く内容だ。ただ、研究目的で新たに受精卵を作ることは禁止し、当面は研究機関の倫理委員会の審査だけでなく、国による確認も事前に受けるべきだと指摘した。

続きはソースで

(杉本崇)
ダウンロード (2)


引用元: 【科学】受精卵をゲノム編集、基礎研究に限り容認へ...米中では既に実施 

受精卵をゲノム編集、基礎研究に限り容認へ...米中では既に実施の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/18(土) 22:40:43.30 ID:CAP_USER
狙った遺伝子を改変できるゲノム編集技術を使い、患者の体内のゲノムを直接書き換えて、難病を治療しようという世界初の臨床試験が、米カリフォルニア州で始まった。
15日、治療法を開発する米サンガモ・セラピューティクス社が発表した。

 治療の対象は、遺伝子の異常でムコ多糖を分解する酵素が体内で作られないため、骨や関節の変形や呼吸困難、臓器肥大などの症状が出る難病「ムコ多糖症Ⅱ型」。患者は毎週酵素を補う点滴が欠かせない。

 臨床試験は「ジンクフィンガー・ヌクレアーゼ」と呼ばれるゲノム編集技術を活用。
正常な遺伝子を点滴で静脈から注射し、ウイルスを運び屋にして肝臓の細胞に組み込んで、酵素を作れるようにする。
担当医によると肝臓の細胞の1%が修正されれば治療につながるという。

続きはソースで

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKCJ258BKCJUHBI002.html
ダウンロード (4)


引用元: 【ゲノム編集】患者のゲノム、直接書き換え 米で世界初の臨床試験

【ゲノム編集】患者のゲノム、直接書き換え 米で世界初の臨床試験の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ