理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ゲリラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/09(火) 07:26:07.09 ID:CAP_USER
「京」と最新鋭気象レーダを生かしたゲリラ豪雨予測 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160809_1/
https://www.youtube.com/embed/s2PgH0mZ7G0
「京」と最新鋭気象レーダを生かしたゲリラ豪雨予測 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160809_1/digest/


「明日天気になあれ!」という掛け声で靴を飛ばしたこと、皆さんにはありませんか? 日本は四季の変化に伴い、天候も多彩に変化します。毎日の天気予報は生活に欠かせない情報の一つです。日本で最初の天気予報は、1884年(明治17年)6月1日午前6時に発表されました。その内容は「全国一般風ノ向キハ定リナシ 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ」という大まかなものだったそうです。その後、気象現象の理解、コンピュータの出現による数値計算での気象予測の実現、気象衛星による高度な情報収集などの発展を経て、現代の天気予報が確立されています。

現在のスーパーコンピュータを使った天気予報シミュレーションは、方眼紙のように日本全体を縦横1kmより大きなマス目に分割し、1時間ごとに新しい観測データを取り込みながら行っています。しかし、ゲリラ豪雨のように、わずか数分の間に積乱雲が急激に発生・発達するような現象を予測するには、桁違いに短い時間間隔で新しい観測データを取り込む必要があります。また、1kmより大きなマス目では、ゲリラ豪雨を引き起こす積乱雲を十分に表現できません。

続きはソースで

images

引用元: 【気象学/計算科学】「京」と最新鋭気象レーダを生かしたゲリラ豪雨予測 「ビッグデータ同化」を実現、天気予報革命へ [無断転載禁止]©2ch.net

「京」と最新鋭気象レーダを生かしたゲリラ豪雨予測 「ビッグデータ同化」を実現、天気予報革命への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/06(月) 21:49:33.46 ID:???.net
東芝、阪大の気象レーダ用いたゲリラ豪雨検知システムの実証実験を開始 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/07/06/432/
【やじうまPC Watch】東芝、阪大の次世代気象レーダーを活用した豪雨検知システム ~ゲリラ豪雨発生の予兆を高速、高精度で検知 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150706_710365.html
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=390659&lindID=5

画像
http://n.mynv.jp/news/2015/07/06/432/images/001l.jpg
豪雨検知システムのイメージ図
http://n.mynv.jp/news/2015/07/06/432/images/002l.jpg
今回の実験で使用するフェーズドアレイ気象レーダ
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/710/365/02.png
フェーズドアレイとビームフォーミングの概念
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/710/365/03.png
MPレーダーとフェーズドアレイ気象レーダーの比較


 東芝は、大阪大学大学院工学研究科の牛尾知雄准教授らの研究グループ、大阪府と共同で、豪雨検知システムの実証実験を開始した。実験は情報通信研究機構(NICT)などの協力のもと行なわれ、実証期間は2年間の予定。

 実験では、大阪大学吹田キャンパスに設置され、2012年8月より観測実験を行なっているフェーズドアレイ気象レーダーを活用。フェーズドアレイレーダーは、航空機やミサイルなどの飛翔体検出にも用いられるレーダーで、多数のアンテナ素子を配列し、それぞれの素子における送信及び受信電波の位相を制御することで、電子的にビーム方向を変えることができる。

 フェーズドアレイ気象レーダーでは、従来のパラボラアンテナを機械的に回転させる気象レーダー(MPレーダー)と異なり、瞬間的にビーム方向を自由に変化させることができるため、従来のアンテナでは約5分かかっていた積乱雲などの詳細な3次元構造の観測を、10~30秒で観測可能だという。局地的大雨を発生させる積乱雲は10分程度で急発達し、竜巻も数分で発生し移動するため、それらの兆候をより迅速に察知するためには、より短時間で詳細な3次元構造を観測できるフェーズドアレイ気象レーダー技術が求められていた。

続きはソースで

ダウンロード



引用元: 【技術/気象学】次世代気象レーダーを活用した豪雨検知システム ゲリラ豪雨発生の予兆を高速、高精度で検知 東芝、阪大

次世代気象レーダーを活用した豪雨検知システム ゲリラ豪雨発生の予兆を高速、高精度で検知 東芝、阪大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ