理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

コクゾウムシ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/11/23(金) 17:49:33.27 ID:CAP_USER
 北海道福島町にある縄文時代の館崎遺跡から出土した土器に、「米食い虫」の異名を持つコクゾウムシが推定で約500匹練り込まれていたことが分かった。熊本大の小畑弘己教授らが発見し、23日までに英考古学誌ジャーナル・オブ・アーキオロジカル・サイエンス電子版に発表した。

 多量のコクゾウムシは意図的に交ぜられたとみられ、小畑教授は「世界的にもまれな発見。縄文人の精神性を表すもので、栗の豊作の願いを込めたのではないか」と話している。
 貯蔵米の害虫として知られるコクゾウムシは、体長約4ミリのオサゾウムシ科の甲虫。

続きはソースで

(2018/11/23-15:08)

■X線コンピューター断層撮影(CT)で解析した縄文土器。点で示された位置にコクゾウムシが練り込まれたとみられる
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0181123at14_p.jpg

■縄文土器に大量の「米食い虫」=北海道・館崎遺跡から出土-熊本大
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0181123at15_p.jpg

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112300343&g=soc
ダウンロード (1)


引用元: 【考古学】縄文土器に大量の「米食い虫」=北海道・館崎遺跡から出土-熊本大[11/23]

縄文土器に大量の「米食い虫」=北海道・館崎遺跡から出土-熊本大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/21(日) 08:24:40.42 ID:???.net
縄文土器に多くの害虫痕跡発見 熊本大小畑教授-熊本のニュース│ くまにちコム
http://kumanichi.com/news/local/main/20150613002.xhtml
全国最多のコクゾウムシ圧痕を発見!-宮崎市本野原遺跡- - 熊本大学
http://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/zinbun/20150611-1
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2015-file/release150611_1.pdf

画像
http://kumanichi.com/news/local/main/photo/20150613002_DAT_20150613064219004.jpg
コクゾウムシの圧痕が見つかった土器と圧痕のアップ


 熊本大文学部の小畑弘己教授(55)=東北アジア植物考古学=は12日、縄文時代後期前半(3800年前~3400年前)の本野原遺跡=宮崎市=の土器群から、貯蔵食物に取り付く害虫コクゾウムシの圧痕(痕跡)173点を見つけた、と明らかにした。

 1カ所の遺跡で見つかった数では全国最多。小畑教授は「同遺跡における豊富な貯蔵食物の存在と、定住的生活を示す証拠」としている。

 コクゾウムシは体長3~4ミリで、定住的な集落にあるドングリやクリなど、でんぷん質の貯蔵食物を食べる害虫。圧痕とは、土器の粘土の中に紛れ込んだ植物の種子や昆虫の痕跡。

続きはソースで

images (1)

(飛松佐和子)

引用元: 【考古学】縄文土器に多くのコクゾウムシ圧痕を発見 宮崎市本野原遺跡 熊本大学

縄文土器に多くのコクゾウムシ圧痕を発見 宮崎市本野原遺跡 熊本大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ