1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/23(土) 09:16:29.98 ID:???

“退屈”がなかなか面白いものだとご存知だろうか。といっても、研究者が興味を示しているのは、自分が退屈することではなく、人がどんな種類の退屈を味わっているのかだが。

 最新研究によると、退屈には5つのタイプがあるという。
これまで考えられていたよりも1つ多い数だ。
その中には、穏やかで快い退屈もあれば、うつ状態に似たものまである。

 ドイツのコンスタンツにあるコンスタンツ大学およびスイスにあるトゥルガウ教育大学のトーマス・ゲッツ(Thomas Goetz)氏率いる研究チームは、大学生と高校生から2週間、1日複数回にわたってリアルタイムデータを収集した。
その結果、退屈は誰もが経験するというだけでなく(研究に参加した学生全員がある程度の退屈を感じていた)、他よりありふれた感情であることが明らかになった。
「退屈は、学生たちが最も頻繁に、最も強く感じている感情だ」と、ゲッツ氏は電子メールでの取材に対して述べている。
「その強さは、喜びや不安、怒りをはるかに上回る」。

 研究に参加した学生は、自分が退屈しているかどうかと、自らの肯定的または否定的な感情について質問に答え、自分が感じている落ち着き、または落ち着きのなさを評価した。そのデータから、研究チームは退屈の5つのタイプを特定した。
さらに、退屈には個性があることも明らかになった。「人によって、感じる退屈の種類は決まっている傾向にある」とゲッツ氏は述べる。すなわち、退屈は個々人の性格に結びついている可能性があるのだ。

 あなたの感じる退屈は、以下のどのタイプだろうか?

>>2に続く
National Geographic
http://www.nationalgeographic.co.jp/smp/news/news_article.php?file_id=20131122001

Motivation and Emotion
Types of boredom: An experience sampling approach
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11031-013-9385-y



【行動科学】退屈には5つのタイプがある/独など研究チームの続きを読む