理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

サハラ砂漠

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/10(水) 17:00:46.40 ID:CAP_USER
(CNN) 地球上で最も暑い場所として知られるアフリカのサハラ砂漠で、異例の積雪が観測された。

「サハラへの入り口」と呼ばれるアルジェリアの町アインセフラに雪が降ったのは7日。
過去40年で3度目の積雪だった。所によっては約38センチの積雪があったとも伝えられたが、アインセフラの公式な観測では1インチ(約2.54センチ)に満たなかった。

夏の間は気温が地球上でも有数の高さにまで上昇する同地だが、冬は夜間の気温が急落して、砂漠が雪に覆われることもある。

続きはソースで

https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/10/4d63fea1a93086c8072d94491dc354fb/sahara-snow-0107.jpg
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/10/2477054eb357c307095489ab56fa158b/sahara-snow-2.jpg
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/01/10/05b8cd0b37e277c23ddb39637321b42b/sahara-snow-3.jpg

CNNニュース
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112924.html
ダウンロード (1)


引用元: 【環境】〈画像あり〉サハラ砂漠に異例の積雪、過去40年で3度目

〈画像あり〉サハラ砂漠に異例の積雪、過去40年で3度目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/05(日) 17:59:19.12 ID:???0.net
【生物】 サハラ砂漠から「綱」レベルの新微生物発見 広島大など [日経新聞]

2014/10/3 9:57

 広島大と筑波大などの研究グループは3日までに、チュニジアのサハラ砂漠から新しい微生物を発見したと発表した。自然界では0.2マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルより小さい可能性が高く、生物学の分類で「種」「属」「科」「目」の上に位置する「綱(こう)」のレベルで新しい微生物だった。7日発行する微生物に関する英国専門誌に発表する。

 新しい微生物は0.2マイクロメートルの穴があいた除菌フィルターで砂漠の砂や石をこした後に残ったろ液の中から見つかった。遺伝子を解析した結果、綱の上の「門」レベルではプロテオバクテリア門に属し、同じ門の多くの微生物とは近縁でないことがわかった。

>>2014/10/05時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1r4RNUV

引用元: 【生物】 サハラ砂漠から「綱」レベルの新微生物発見 広島大など [日経新聞]

サハラ砂漠から「綱」レベルの新微生物発見 広島大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/21(木) 23:29:53.44 ID:???

北アフリカのサハラ砂漠で2011年に見つかった隕石(いんせき)が約44億年前に火星で形成されたものであるとする米仏地質学者らの研究報告が20日の英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

 モロッコ南部で見つかった隕石は直径40ミリ、重量84グラムで、見つかったアフリカ北西部(North West Africa)の頭文字をとって「NWA 7533」と名付けられた。

 米フロリダ州立大学(Florida State University)のムニール・フマユーン(Munir Humayun)教授によると、隕石の内部には鉱物のジルコンがあり、そこにはウランの形跡を確認することができた。
このウランの崩壊について詳しく調査することで隕石の形成年代を44億年前と特定できたのだという。

「NWA 7533」が発見されたのと同じ場所では、「NWA 7034」と名付けられた石も見つかっている。
表面が黒く「ブラック・ビューティー(Black Beauty)」の愛称で呼ばれている。

「NWA 7533」が見つかった地域からは、少なくとも3つの隕石がみつかっており、そのすべてが火星から飛来したものと考えられている。
小惑星による衝突の衝撃で砕け散った火星表面のかけらが隕石となって宇宙空間を漂流し、最終的に地球大気圏へと突入して地表に落下したものとみられている。

2f931d69.jpg

【11月21日 AFP】
http://www.afpbb.com/articles/-/3003680

Nature
Origin and age of the earliest Martian crust from meteorite NWA 7533
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12764.html



【隕石】サハラ砂漠で発見の隕石、44億年前に火星で形成かの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ