理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

サファイア

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/08/22(水) 05:55:49.16 ID:CAP_USER
東京大学などが岐阜県で建設を進める宇宙から伝わる「重力波」を観測する施設、「KAGRA」の心臓部の1つとなる鏡が完成し、21日披露されました。「KAGRA」は来年、本格的な観測を開始する計画です。

「KAGRA」用の鏡は東京大学と日本のメーカーなどが4つ製作し、その1つが21日、東京大学で披露されました。

直径は22センチ、厚さは15センチあり、素材は「サファイア」でできています。

重力波を観測する「KAGRA」は東京大学などが岐阜県飛騨市の地下に建設を進めている大型の施設で、L字に組み合わせた長さ3キロメートルある2本のパイプの中を、両端の鏡で反射させたレーザーの光が往復する仕組みです。

続きはソースで

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180821/K10011584501_1808211544_1808211547_01_02.jpg

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180821/k10011584501000.html
ダウンロード


引用元: 「重力波」を観測する「KAGRA」の鏡が完成[08/21]

「重力波」を観測する「KAGRA」の鏡が完成の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/14(水) 17:36:36.31 ID:CAP_USER9
地球から1040光年離れた惑星「HAT-P-7b」では、ルビーやサファイアの雲が高熱の風に吹かれている可能性がある――そんな研究成果を、英ウォーリック大学がこのほど発表した。

 HAT-P-7bは、地球と比べると約15倍大きい太陽系外のガス惑星。研究チームが米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「ケプラー」で観測したところ、同惑星の夜側の面から雲が発生し、暴風に運ばれて昼側の面で蒸発するという大気循環の仕組みが分かった。昼側の面では、平均気温が摂氏2500度を超えるという。

 研究チームによれば、雲の主成分は「コランダム」という酸化アルミニウムの鉱物。
コランダムは混ざる不純物の種類によって、ルビーやサファイアになるため、同惑星にはルビー、サファイアの雲が存在する可能性があるという。

 研究成果は、英科学誌「Nature Astronomy」(電子版)に12月12日付(現地時間)で掲載された。

ITmedia ニュース 12/14(水) 16:22配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000070-zdn_n-sci
images


引用元: 【宇宙】ルビーやサファイアの雲が存在? 地球から1000光年先の惑星、英大学が調査©2ch.net

ルビーやサファイアの雲が存在? 地球から1000光年先の惑星、英大学が調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/06(水) 17:20:25.74 ID:CAP_USER*.net
スリランカ南部の鉱山で、世界最大のブルースターサファイアが見つかった。重さは1404.49カラット。

images


専門家の鑑定によれば、時価は少なくとも1億ドル(約119億円)だが、1億7500万ドルの値が付く可能性もあるという。

スターサファイアの名称は、磨くと6つの角をもつ星のような模様が表面に現れることに由来する。
地元メディアによれば、大粒のサファイアは「宝石の町」と呼ばれるスリランカ南部のラトナプーラで昨年8月に見つかった。

現在の持ち主の男性は英BBCに対し、「一目見た瞬間、買おうと決めた。世界最大のブルースターサファイアではないかと思ったので、危険を冒して買った」と話している。支払った金額は明らかにしなかった。

続きはソースで

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35075822.html
画像
http://i2.cdn.turner.com/cnnnext/dam/assets/160105103621-biggest-sapphire-bbc-exlarge-169.jpg

引用元: 【海外】世界最大のブルースターサファイア発見、時価120億円・・・スリランカ(※画像あり)

世界最大のブルースターサファイア発見、時価120億円・・・スリランカ(※画像あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ