1: 2017/02/15(水) 19:10:58.85 ID:CAP_USER9
人工筋肉膝サポーター開発 タナック
2017年02月15日08:31

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170215/201702150831_29015.jpg
タナックが開発した「人工筋肉膝サポーター」=岐阜市元町、同社

 シリコーンなどの成形加工・販売のタナック(岐阜市元町、棚橋一成社長)は、柔らかく、伸縮性の高いシリコーン素材を膝周りの筋肉に沿って立体的に配置した「人工筋肉膝サポーター」を開発した。
今月末に発売し、膝の負担を緩和したい高齢者をターゲットに、通販や雑貨店などで年間2万個の販売を目指す。

 この素材はタフシロンと呼ばれるオリジナルブレンドのシリコーン。
人体に近い質感が出せることから、医師が手術の練習に使う胃、腸の臓器や皮膚などの模擬人体に用いられてきた。

 サポーターは長さ26センチの筒状の布の膝周りに2~3ミリの厚みで素材を配置し、筋肉を再現。
膝の曲げ伸ばしをサポートする「アクティブ」(外出用)と膝に痛みを抱える人向けの「ホールド」(屋内用)の2種類を作った。
外出用は歩きやすさを重視し、蹴り上げと蹴り出しの力に適切に作用するように配置した。
屋内用は膝の皿を包み込むように素材を張り巡らせ、ぐら付きを安定させた。

続きはソースで

ソース:岐阜新聞
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170215/201702150831_29015.shtml
images (2)


引用元: 【社会】人工筋肉膝サポーター開発 タナック [無断転載禁止]©2ch.net

人工筋肉膝サポーター開発 タナックの続きを読む