理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

システイン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/13(金) 12:35:28.64 ID:???.net
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=400550&lindID=5
サプリメントの成分に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見-腰痛予防薬としての効果に期待-:[慶應義塾]
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000017pg5.html
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000017pg5-att/151112_1.pdf


 慶應義塾大学医学部整形外科学教室の松本守雄教授、中村雅也教授、藤田順之助教らの研究グループは、サプリメントの成分でもある抗酸化剤(注1)N-アセチル システイン(N-Acetylcysteine:NAC)に、腰痛の原因の1つである椎間板変性を抑制する効果があることを動物実験で明らかにしました。

 椎間板変性とは椎間板(注2)が傷むことを言い、国内推定患者数が3800万人ともいわれる変形性腰椎症では、ほぼ必ず椎間板変性を伴っています。また、椎間板変性は日本人を悩ます腰痛症の原因の1つにも挙げられますが、現在のところ、椎間板変性を抑制する有効な治療薬は見つけられていません。

 今回本研究グループは、椎間板変性に酸化ストレス(注3)が関与していることを明らかにし、さらに、椎間板変性モデルラットを作成し、それらに抗酸化剤NACを経口投与することで椎間板変性の進行が抑制されることを見出しました。

 本研究成果によって、サプリメントでも使用される、副作用の少ないNACが将来的に腰痛予防薬として用いられる可能性があります。

 本研究成果は、2015年11月5日(米国東部時間)に英国科学雑誌「Arthritis Research & Therapy」オンライン版で公開されました。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【医学】サプリメントの成分「N-アセチル システイン」に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見 慶大

サプリメントの成分「N-アセチル システイン」に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見 慶大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/24(火) 07:35:25.67 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)
村田昌之教授らはサプリメントや医薬品に使われるアミノ酸の一種「システイン」が膵臓(すいぞう)の機能を下げ、糖尿病を引き起こす恐れがあることを突き止めた。

マウスの膵臓の一部にシステインを長期間与えると、インスリンが分泌しにくくなった。成果は24日、米国科学アカデミー紀要(電子版)に発表する。

no title


*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG23H3C_T20C15A2TJM000/

引用元: 【社会】サプリメントや医薬品に使われるアミノ酸の一種「システイン」が糖尿病を招く恐れ

サプリメントや医薬品に使われるアミノ酸の一種「システイン」が糖尿病を招く恐れの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/04/23(水) 16:51:20.77 ID:???.net

■東北大 活性酸素の強力な消去物質を発見 [14/04/23]

・不明だった酸化ストレスの軽減、改善メカニズム

 東北大学は4月15日、同大学院医学系研究科 環境保健医学分野の赤池孝章教授らが、活性酸素の強力な消去物質を発見したと発表した。アミノ酸の一種のシステインに過剰にイオウが結合した活性イオウ物質が体内で生成され、さらにその物質が極めて強力な活性酸素の消去能力を発揮することで、生体内で主要な抗酸化物質として機能しているという。

 研究グループはこれまでに、ヒトの細胞や動物実験などにおいて含硫アミノ酸であるシステインの代謝に関わる酵素シスタチオニン ベータ シンターゼ(CBS)とシスタチオニン ガンマ リアーゼ(CSE)が酸化ストレスを低減する作用があることを報告していたが、これらの酵素がどのようなメカニズムで酸化ストレスを軽減、改善するかについては不明だった。

・活性酸素を消去、生体内で極めて高い抗酸化活性を発揮

 今回の研究では、CBSやCSEがシステインにイオウが過剰に結合したシステイン・パースルフィドと呼ばれる活性イオウ物質を作り出すことを明かした。マウスを使った解析によって、活性イオウ物質は脳、心臓、肝臓などあらゆる臓器に存在し、また正常のヒト血液中にも豊富に存在することが分かったという。そこで研究グループは、活性イオウ物質が活性酸素に対し、どのように作用をするのか解析。
その結果、活性酸素を消去することで、生体内で極めて高い抗酸化活性を発揮することを発見。
さらに、細胞にCBSやCSEの遺伝子を導入して活性イオウ物質を大量に作らせると、細胞が活性酸素の毒性によって障害を受けず、強い酸化ストレス抵抗性を獲得することが確認されたという。

続きはソースで
http://www.qlifepro.com/news/20140423/report-clearing-the-reactive-oxygen-species-strong-tohoku-univ-cysteine.html

プレスリリース
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2014/04/press20140414-01.html
~~引用ここまで~~


引用元: 【医学】東北大 活性酸素の強力な消去物質を発見 [14/04/23]


東北大 活性酸素の強力な消去物質を発見 [14/04/23]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ