理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

システム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/13(月) 22:28:26.55 ID:CAP_USER
 ロシア軍は戦闘ロボット「ネレフタ」(Nerehta)を導入することを、ロシア国防省のイノベーションリサーチ局のOleg Pomazuev氏が明らかにした。
まずは諜報、地雷除去、消火活動などを行い、将来は攻撃にも利用されるようだ。ロシアでは小さな爆発物処理ロボットから、大型ロボットまで多くの無人機(unmanned ground vehicle)を開発している。

「戦争の根本的な在り方を変えていく」

 アメリカ陸軍のMark Milley士官は「戦場での戦闘ロボットの導入は人々が思っているよりも速く進んでいる。
我々は歴史的な時代の真ん中にいる。技術の発展による戦場でのロボットの導入は、戦争の根本的な在り方を変えていく。
自律型システムや半自律型システムのロボットも現時点では多くはないが既にある。
自律型ロボットはまだ普及していないが、数年のうちにもっと幅広い戦闘ロボットが登場するだろう」とワシントンでのイベントで語っていた。

続きはソースで

関連ソース画像
https://rpr.c.yimg.jp/im_siggAQuOophWfoQ5W_NcmrT9NQ---x800-n1/amd/20171111-00078012-roupeiro-000-3-view.jpg

▼戦闘ロボット「ネレフタ」の動画
New Russian Combat Robot Nerehta - Нерехта for Russian Army. PART-1
https://youtu.be/69Udbw_wVN8



Боевой робот "Нерехта". Новинка оборонно-промышленного комплекса России.
https://youtu.be/WDUPM4BBkJ8



Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20171111-00078012/

images (1)

引用元: 【おそロシア】ロシア軍、戦闘ロボット「ネレフタ」導入:戦場は人間不要の時代へ

【おそロシア】ロシア軍、戦闘ロボット「ネレフタ」導入:戦場は人間不要の時代への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/29(日) 08:04:28.94 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3148334?cx_part=top_block&cx_position=1

【10月28日 CNS】世界最高峰のハッキングイベント「GeekPwn2017大会」が24日、中国・上海(Shanghai)で行われた。GeekPwnは国内外からトップレベルのホワイトハッカー(善良なハッカー)集団が集まり、セキュリティやシステムのぜい弱性を実演で示すイベントだ。

 この大会の参加者で、「90後」と呼ばれる1990年代生まれの女性ハッカーは、顔認証システムのぜい弱性を利用し、たった2分30秒で誰の顔を使っても鍵が開くようにしてしまった。

続きはソースで

(c)CNS/JCM/AFPBB News

2017年10月28日 15:23 発信地:中国

ダウンロード (1)


引用元: 【IT】顔認証システムをハッキング、たったの2分半 女子学生が上海の大会で実演

顔認証システムをハッキング、たったの2分半 女子学生が上海の大会で実演の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/27(金) 07:04:56.40 ID:CAP_USER9
なめられると多数の細菌が付着、死に至ることも

2007年のことだ。オーストラリア、ミルデューラにある病院に到着したジュリー・マッケナさんは、ほとんど話すことができなかった。
両腕と両脚は冷えて斑点が出ており、顔は紫色になりつつあった。

医師たちはすぐに、ジュリーさんの状態を敗血症性ショックと判断した。血流に入った細菌が、彼女を体内から攻撃していたのだ。
抗生物質の投与を始めても紫色の範囲は広がり続け、臓器不全が起こり始めた。ついには、腕と脚の一部が黒く変色し始めた。

血中の菌を医師たちが特定できた頃には、ジュリーさんの入院は2週間以上に及んでいた。
菌はカプノサイトファーガ・カニモルサス(Capnocytophaga canimorsus)といい、健康なイヌやネコの唾液に一般的に含まれるものだった。

その時ようやく、ジュリーさんは思い出した。具合が悪くなる数週間前に、左足の甲を熱湯でやけどしたのだ。
ひどいやけどではなく、飼っているフォックステリアの子イヌがその傷をなめたときも、やけどのことは特に考えなかった。

死に至ることも

ジュリーさん同様、私たちの多くは、ペットの唾液の中に何がいて、どのくらい危険なのかを知らない。
人間の皮膚と免疫系は普通、ペット由来の細菌から私たちを守っている。だが、そうしたシステムが破られることもある。

イヌにかまれて感染症にかかる確率は約10~15%。ネコなら最大50%だ。時には、死に至ることもある。
ある研究では、カプノサイトファーガ・カニモルサスに感染したことが確認された人のうち、26%が亡くなったという。

現在、科学者たちはイヌとネコの口内にすむすべての細菌種を特定しようと取り組み、人間が持つ菌との比較を始めている。
こうした研究により、唾液まみれのキスに潜む、厄介な病原体の宿主が明らかになりつつある。

子イヌの口にカプノサイトファーガ・カニモルサスがいても大きな問題となるわけではない。すべてのイヌのうち少なくとも4分の1、ネコなら多くが保菌している
。ただし、人の体内には普通この菌はいない。そのため、ジュリーさんの血流に菌が侵入したとき、彼女の体は感染を撃退しようと戦いを始めた。

最終的に抗生物質によって形勢は逆転したが、ジュリーさんは左脚の膝下、右足の一部、手足の指全体を切断せざるを得なかった。
後に彼女はオーストラリアのABCニュースに対し、「あらゆる面で人生を変えた出来事でした」と語っている。

ペット、そして私たち人間の口に関してはいろいろな迷信がある。舌でなめるたび、広がっていくものは何なのか、専門家に尋ねた。

口内細菌、人とペットでこんなに違う 

ペットの口の中について知りたいなら、フロイド・デューハースト氏に聞くのが一番だ。
米フォーサイス研究所の細菌遺伝学者で、ハーバード大学で口腔医学を専門とする教授でもある。
人間、イヌ、ネコの口腔内細菌叢、つまり口の中にすむあらゆる細菌の研究を切り開いてきた人物だ。

「人間の口の中には、一般に約400~500種の細菌が豊富にいます」とデューハースト氏は話す。
デューハースト氏らの研究チームは、動物の口腔内にいる細菌を今のところイヌで約400種、ネコで200種近く特定している。
今後の研究で、その数はさらに増えると同氏は見込んでいる。

デューハースト氏によれば、私たちがペット由来の感染症にかかる主な理由の一つは、人が持つ細菌の生態系がペットのそれと大きく違っていることだという。

「人とイヌを見てみると、同じ種の菌は約15%しかいません」とデューハースト氏。したがって、イヌの口内にいる細菌の多くは、人体にもともといる細菌や免疫システムによって阻まれる可能性が低い。
一方、イヌとネコの口腔細菌叢は、約50%が重なっている。

「共通部分の一部は、食べ物に合わせて進化してきた細菌かもしれません」とデューハースト氏。
人の口の中を支配するのは連鎖球菌であり、糖分を食べるのに長けている。「ネコもイヌもドーナツをたくさん食べすぎたりしませんから、連鎖球菌はほとんどいないのです」

続きはソースで

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171027-00010001-nknatiogeo-sctch 
10/27(金) 7:02配信
images


引用元: 【ペット】ペットとのキスはどれほど危険なのか?

ペットとのキスはどれほど危険なのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/24(火) 21:24:50.05 ID:CAP_USER9
■「孤独で非情な◯し屋」ではなかった、食事を分け合い緊密な階層社会を構築
 ピューマはアメリカ大陸原産の大型のネコ科動物だ。これまでずっと、ピューマは孤独な捕食者であり、ピューマどうしが顔を合わせるのは交・尾をするときか、戦うときだけだと考えられていた。

 ところが、新たな研究により、ピューマは食物の分かち合いに基づく緊密な階層社会を築いていることが明らかになった。

「ピューマの研究には60年以上の歴史がありますが、私たちはずっと、孤独で非情な◯し屋だと思っていました」と、ネコ科動物の保護団体パンテラでピューマ・プログラムの主席科学者を務めるマーク・エルブロック氏は語る。
「ところが今回、彼らが助け合いに基づく複雑な社会システムを持つ、秘密主義の動物であることが明らかになったのです。
これまでの理解を完全に覆す発見です」

 米カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員で、人間がピューマに及ぼす影響を調べているジャスティン・スミス氏は、「通常、ピューマは社会的な動物ではないとされているので、これは本当に興味深い研究だと思います」と言う。
なお、彼女は今回の研究には参加していない。

■仕掛けたカメラに驚かされる
 エルブロック氏によると、科学誌『Science Advances』に10月11日付けで発表された今回の発見は、技術と忍耐の賜物だという。
研究者たちは以前からピューマどうしの出会いを目にすることはあったが、そのやりとりを観察したり
理解したりすることはできなかったという。

 そんな状況を一変させたのは、エルブロック氏がおよそ1400キロメートルに及ぶイエ◯ーストーン圏生態系の全域に、自動撮影カメラ網を設置したことだった。

 エルブロック氏らのカメラ網は、最初からピューマの社会を予想していたわけではなかった。
当初の目的は、ピューマが何を食べているかを明らかにすることだった。
ピューマが食べているものがわかれば、カロリーの摂取量と生態系への影響をより正確に見積もることができるからだ。
もちろん、この点についても素晴らしい成果が得られた。
エルブロック氏が最近、科学誌『Biological Conservation』に発表した論文によると、イエ◯ーストーン圏生態系のピューマが捕食した獲物の残りを食べにきた腐肉食動物は、地球上で最も多様性に富んでいたという。

 2012年初頭、カメラの画像を確認していたエルブロック氏は、それまで見たことのない光景を目にした。
おとなのメスのピューマが、ヘラジカを◯した別のメスのピューマに近づいていったのだ。

 2頭は互いに威嚇し、攻撃の姿勢をとった。
ところがその後、驚いたことに、ヘラジカを捕食していたピューマは、あとから来たピューマに自分の獲物を分け与えた。
ピューマが見せた寛大さは一時的なものではなく、2頭はその後、たっぷり1日半も一緒に過ごした。
後日行われた遺伝子分析から、2頭の間に血縁関係はないことがわかった。

 こうして、ピューマの間に友情が成り立つことが初めて明らかになったのだ。

「ピューマに関する私たちの知識を根底から覆す映像でした。映像を見ながら、両手を挙げて降参のポーズをしていました」
とエルブロック氏。

 彼は当初、こうした行動は例外的なものではないかと思ったが、注意深く観察を続けると、特に珍しい行動ではないことがわかった。
2012年から2015年までの調査期間中、カメラは2頭のピューマのやりとりを118回記録した。
その60%は獲物を◯した現場でのやりとりで、食事を分け合うものだった。

 エルブロック氏は、獲物を◯したピューマがほかのピューマに「お相伴」させるのを何度も見た。
特に、以前獲物を分けてもらったことのあるピューマに自分の獲物を分け与える可能性は、それ以外の相手に獲物を分け与える可能性より平均7.7倍も高かった。

続きはソースで
(リンク先に動画あり)

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/102000121/
ダウンロード


引用元: 【研究】ピューマの友情行動を初確認、通説覆す 「孤独で非情な殺し屋」ではなかった (動画あり)

ピューマの友情行動を初確認、通説覆す 「孤独で非情な殺し屋」ではなかった (動画あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/13(金) 21:48:06.81 ID:CAP_USER9
元Googleエンジニアのアンソニー・レバンドウスキー氏(37)が宗教団体を創立した。
神は人工知能(AI)と標榜する宗教団体だ。9月27日、WIREDなどが報じた。

団体の名前は「Way of the Future(未来への道)」。
ネットメディアのThe Vergeによると、宗教団体として税金の免除を受けるための書類は内国歳入庁(IRS)には提出されていないが、カリフォルニア州に提出された書類には、団体の目的が「人工知能に基づく神の実現を発展・促進すること」だと書かれていたという。

■ 創設者のレバンドウスキー氏ってどんな人?

レバンドウスキー氏はベルギー出身。14歳の時にアメリカに渡り、カリフォルニア大学在籍時、アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が主催するロボットコンテストで優秀な成績を収めた。
その後、「510 Systems」という会社を設立。写真の撮影情報と位置情報を結びつけるシステムを開発し、Googleに買収された。
このシステムがGoogleストリートビューの撮影に使用されることになる。

続きはソースで

http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/12/anthony-levandowski_a_23241928/

ダウンロード (5)


引用元: 【機械仕掛けの神】「人工知能で神を」 元Googleエンジニアが宗教団体を創立 ★2

【機械仕掛けの神】「人工知能で神を」 元Googleエンジニアが宗教団体を創立の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/10(火) 19:15:40.54 ID:CAP_USER9
 パナソニックは10日、開発中の自動運転システムを搭載した試作車を報道陣に公開した。テレビやデジタルカメラで培った画像処理技術を生かし、歩行者が多い場所でも中低速で走行できるシステムの開発を急いでおり、2022年ごろに実用化したい考えだ。

続きはソースで

公開されたパナソニックの自動運転システムを搭載した試作車=10日午後、横浜市
https://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/290426453026194529/origin_1.jpg

配信2017/10/10 19:10
共同通信
https://this.kiji.is/290419908131341409
images (2)


引用元: 【企業】パナソニックが自動運転システム 22年に実用化へ

パナソニックが自動運転システム 22年に実用化への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ