理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

シナプス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/12(木) 00:45:10.92 ID:CAP_USER
iPS細胞で失明マウスの目に光 理研グループ

「網膜色素変性症」で失明したマウスに人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜組織を移植してマウスの目に光を感じさせることに成功した、と理化学研究所(理研)の研究グループが発表した。
今後安全性を確認しながら人での臨床応用研究につなげるという。
研究成果は10日付の米科学誌電子版に掲載された。

理研多細胞システム形成研究センターの高橋政代(たかはし まさよ)プロジェクトリーダー、万代道子(まんだい みちこ)副プロジェクトリーダーらの研究グループは、網膜色素変性症末期で失明したマウスがいる空間に光を当てた上で電気ショックを与えてマウスが光を感じた場合は体が反応する実験を行った。

その結果、iPS細胞から作った網膜組織を移植したマウスの一部は光を感じる反応を示したが移植しなかったマウスは反応を示さなかった。
研究グループはまた、マウスに移植した網膜組織がシナプスを形成し、元々あった網膜内の神経回路(双極細胞の軸索末端)とつながったことも確認したという。

続きはソースで

▽引用元:サイエンスポータル 掲載日:2017年1月11日
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/01/20170111_01.html

▽関連
理化学研究所
iPS細胞由来の網膜組織を用いた視機能の回復
-マウス網膜変性末期モデルへの移植による機能検証-
http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170111_1/digest/
images


引用元: 【再生医療】iPS細胞で「網膜色素変性症」で失明したマウスの目に光 元々あった網膜内の神経回路とつながったことも確認/理化学研究所©2ch.net

iPS細胞で「網膜色素変性症」で失明したマウスの目に光 元々あった網膜内の神経回路とつながったことも確認/理化学研究所の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/07(金) 17:50:19.56 ID:CAP_USER
神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズム発見 - 米研究所 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2016/09/30/053/
http://n.mynv.jp/news/2016/09/30/053/images/002l.jpg


米マックス・プランク・フロリダ神経科学研究所は9月29日、学習・記憶に重要な分子である神経栄養因子BDNFとその受容体TrkBの活性を、生きた神経の単一のシナプスにおいて可視化することに成功し、BDNFとTrkBが神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズムを発見したと発表した。

同成果は、マックス・プランク・フロリダ神経科学研究所 安田涼平ディレクター、デューク大学 ジェームス・マクナマラ教授らの研究グループによるもの。9月28日付の英国科学誌「Nature」オンライン版に関連論文が2報掲載された。

シナプスの情報伝達効率の変化は、記憶を形成する主要なメカニズムだと考えられている。BDNFとTrkBは、シナプス伝達の変化や学習・記憶に重要であることが知られているが、記憶形成の場であるシナプスでの詳細な挙動は、これまで明らかにされていなかった。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【神経科学】神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズム発見 [無断転載禁止]©2ch.net

神経シナプスの情報伝達効率を増強させる新しいメカニズム発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/26(火) 21:18:09.35 ID:CAP_USER.net
シナプス強度の調節機構を発見 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160426_2/
シナプス強度の調節機構を発見 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160426_2/digest/


脳は情報処理の中心的な役割を果たす神経細胞の集合体です。ヒトの脳には1000億個以上、マウスやラットでもおよそ1億個の神経細胞が存在し、それぞれはつながり合って、複雑な神経ネットワークを形成しています。神経細胞同士がつながっている部分は“シナプス”と呼ばれます。シナプス前部の神経細胞から放出されるグルタミン酸などの“神経伝達物質”を、次の神経細胞のシナプス後部に存在する受容体が受け取ることによって、情報が伝達されます。

シナプスの使われる頻度によって、「シナプス強度(情報の伝わりやすさ)」が変化し、学習や記憶が行われると考えられています。1つの神経細胞には平均数万個のシナプスが存在しますが、これまで、個々のシナプスはそれぞれの情報の入力に応じて、“独立に”シナプス強度の変化を示すと考えられてきました。ところが、近年、情報の入力があったシナプス(ホ◯シナプス)の近くにある情報の入力のないシナプス(ヘテロシナプス)でも、シナプス強度に変化が起きる現象が報告されています。これは、同一神経細胞内の異なるシナプス間で“相互作用”が生じている可能性を示すものですが、そのメカニズムは明らかになっていませんでした。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【神経科学】シナプス強度の調節機構を発見 複数のシナプスはアストロサイトにより相互作用する

シナプス強度の調節機構を発見 複数のシナプスはアストロサイトにより相互作用するの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/23(水) 12:23:23.15 ID:CAP_USER.net
微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160322_1/
微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160322_1/digest/


「経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)」は、頭皮の上から1~2mA(ミリアンペア)の極めて微弱な直流電流を10~30分間流して脳を刺激する手法です。近年ヒトでは、うつ病の改善や運動機能障害のリハビリテーションなどへの有効性が報告され、臨床応用への期待が高まっています。さらに、学習や記憶力の向上への効果も報告され、様々な分野への応用が期待されています。しかしながら、tDCSの詳しい作用メカニズムの細胞・分子基盤は解明されていませんでした。

脳内には神経細胞(ニューロン)の他に、ニューロンをサポートする細胞(グリア細胞)があります。理化学研究所の研究チームはこれまで、シナプス伝達の増強がグリア細胞の1種であるアストロサイトのカルシウム活動によって促進され得ることに注目してきました。

そこで今回、共同研究グループは遺伝子改変マウスを作製し、tDCSを行なっている間の大脳皮質のアストロサイトとニューロンの細胞内カルシウム動態を、生きたままの動物で観測しました。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【神経科学/医学】微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 ノルアドレナリンを介したアストロサイトの活動が鍵

微弱な電気刺激が脳を活性化する仕組みを解明 ノルアドレナリンを介したアストロサイトの活動が鍵の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/02(火) 17:43:24.21 ID:CAP_USER*.net
脳の神経で情報伝達物質が通過する隙間「シナプス間隙(かんげき)」にタンパク質でできた構造があることを、京都産業大総合生命科学部の浜千尋教授や中山実助教らがショウジョウバエで突き止めた。シナプス間隙の機構はほとんど分かっておらず、脳機能の解明につながるという。
米学会誌に発表した。

浜教授らは既に、シナプス間隙にタンパク質「Hig」があり、神経伝達物質「アセチルコリン」受容体の量を制御していることを突き止めていた。研究では、Higと似た構造を持つタンパク質を探し、より詳細にシナプス間隙の仕組みを調べた。

続きはソースで

ダウンロード

ソース/京都新聞社
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20160202000021

引用元: 【科学】脳神経の隙間に謎の構造物 京産大発見、機能解明へ期待

脳神経の隙間に謎の構造物 京産大発見、機能解明へ期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/31(日) 21:21:21.01 ID:CAP_USER*.net
◆人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト)記憶できることが判明!

数カ国語の外国語の辞書の内容がそっくりそのまま頭の中に入っていたらどんなに便利だろうか――。
しかし頭のデキが悪いと悲観するなかれ、我々の脳の“記憶容量”はこれまで考えられていたよりも各段に大きいという最新研究が報告されている。

◇脳の記憶容量は1ペタバイト

米・ソーク研究所のテリー・セチノウスキー教授が主導する研究では、人間の脳はこれまでの定説より10倍もの情報を記憶できることが発表された。
同研究チームがライフサイエンス誌「eLife」で発表した論文によれば、脳神経細胞の結合部であるシナプスのサイズを測ることで記憶容量を測定することに成功したという。
平均的なシナプスは4.7ビット(0.5875バイト)の記憶容量があるということで、脳全体では約1ペタバイト(1,024テラバイト)の情報の記憶が可能であるということだ。

これは従来の学説の10倍の記憶容量になり、書類をめいっぱい収納した4段式キャビネットの2000万個分の文字情報に相当するというから驚きだ。
辞書一冊どころの話ではないのだ。HD品質の映像ならなんと13.3年分のデータ量である。

研究チームはマウスを使って、記憶を司る脳の海馬の部分のメカニズムの解析を行ない、顕微鏡と計算アルゴリズムを活用して脳組織の神経伝達回路をナノ分子レベルの3D画像で再現した。
この過程を経て、脳内に夥しく存在するシナプスのサイズがこれまで考えられていたよりも一定(サイズ差8%以内)であることがわかり、記憶容量も1本につき4.7ビットであることを算出。
これにより脳全体の記憶容量が約1ペタバイトであることを突き止めたのである。

記憶力、暗記力が低いとお嘆きの諸兄は、その嘆きは何かの言い訳であるケースがほとんどかもしれないということになる。
我々の脳の素晴らしさが再認識される研究で、1度や2度試験に落ちたとしても(!?)、自身の持つ脳の潜在力を決して過小評価してはならないのだ。

続きはソースで

ダウンロード (4)
TOCANA 2016年1月31日
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8711.html
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8711.html?_p=2

■ペタバイト変換の計算方法
1ビットの8倍が1バイトです。さらに、1バイトの1024倍が1キロバイト、1キロバイトの1024倍が1メガバイト、1メガバイトの1024倍が1テラバイト、1テラバイトの1024倍が1ペタバイトです。

引用元: 【科学】人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト=1024テラバイト)記憶できることが判明

人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト=1024テラバイト)記憶できることが判明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ