1: 2016/09/06(火) 12:18:33.88 ID:CAP_USER
産総研:燃えにくくて軽量な、信頼性の高い太陽電池モジュールを開発
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160905/pr20160905.html
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/press_release/pr2016/pr20160905/fig.png


ポイント

• シリコーンゴムシート封止材、アルミ合金板などからなる新しい太陽電池モジュールを開発
• 難燃性や軽量化のみならず、破損しにくく、簡易に設置することが可能
• 新たな用途や、従来にない設置・利用法での太陽電池の導入に期待


概要 

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 【理事長 中鉢 良治】 (以下「産総研」という)太陽光発電研究センター【研究センター長 松原 浩司】 モジュール信頼性チーム【研究チーム長 増田 淳】 原 浩二郎 上級主任研究員らは、信越化学工業株式会社 【代表取締役社長 斉藤 恭彦】 (以下「信越化学」という)と共同で、シリコーンゴムでできたシート状の封止材を用いた新たな結晶シリコン太陽電池モジュールを開発した。

 開発した新しい太陽電池モジュールは、従来型の太陽電池モジュールで用いられていた高重量のガラス基板や可燃性の有機部材を用いていない。また、長期信頼性を確認するための評価試験を行ったところ優れた信頼性を示し、高い難燃性や、軽量化、非破損(割れない)、簡易に設置できるなどのメリットを生かして、新たな用途や従来とは異なる設置・利用法での導入が期待される。例えば、電気自動車(EV)などの車載用の太陽電池としての使用や、住宅の屋根材一体型としての結晶シリコン太陽電池の利用や壁面への設置などにより、スマートハウスへの利用拡大やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現に貢献できる可能性がある。

 なお、この技術の詳細は、2016年9月13日~16日に朱鷺メッセ(新潟県新潟市)で開催される第77回応用物理学会秋季学術講演会で発表される。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【エネルギー技術】燃えにくくて軽量な、信頼性の高い太陽電池モジュールを開発 [無断転載禁止]©2ch.net

燃えにくくて軽量な、信頼性の高い太陽電池モジュールを開発の続きを読む