1: 2015/01/14(水) 22:17:43.55 ID:???.net
掲載日:2015年1月14日

 国際宇宙ステーション(ISS)で、シノラブダイティス・エレガンス(以下シー・エレガンス)と呼ばれる体長約1mmの線虫を使った実験が宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって行われている。また、シー・エレガンスを使った別の実験
「微小重力下におけるシー・エレガンスの筋線維変化(Alterations of C. elegans muscle fibers by microgravity (Nematode Muscle))」(訳はアストロアーツによる)も今年実施予定となっている。

 シー・エレガンスはどこにでもいる線虫の一種で、土の中にいて細菌などを捕食している。その体は約1000個の細胞から作られており、高等動物と同じように筋肉系、消化系といった多様な組織を持っている。また、受精後に1つの細胞が分裂を繰り返して多様な組織を作りあげる過程も詳細に解析されているうえ、全ゲノムの解読も完了している。そのため、ヒトのモデル生物として、広く利用されている。

 シー・エレガンスは過去にもISSにおけるJAXAの実験で利用されており、微小重力下で宇宙飛行士に生じる筋萎縮の発生を解明するための1つのモデル系になる可能性があることなどが報告されている。

 JAXAが現在行っている実験では、シー・エレガンスのDNAが調べられる。ISSで4世代のシー・エレガンスが育てられ、成虫から幼虫まで異なる段階で保存され、今月中に地球へ送り返されることになっている。

 また、今年実施予定の実験では、筋繊維と細胞骨格(細胞の構造上の骨組みを決めるタンパク質繊維)が微小重力下でどのように反応し変化するかを調べる。シー・エレガンスを微小重力下で育て、同時に遠心分離機を使って重力1Gの環境を作り、成長と変化が調べられる。

続きはソースで

<画像>
シー・エレガンス(提供:NASA)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/14c_elegans/attachments/c_elegans.jpg

<参照>
Nothing to Squirm About: Space Station Worms Help Battle Muscle and Bone Loss | NASA
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/research/news/nematode_muscle/

線虫国際共同実験
http://iss.jaxa.jp/utiliz/experiment/celegans/index.html

<記事掲載元>
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/14c_elegans/index-j.shtml

引用元: 【宇宙開発】宇宙飛行士の健康問題解決に貢献か、体長1mmの線虫

宇宙飛行士の健康問題解決に貢献か、体長1mmの線虫の続きを読む