1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/08/01(木) 15:19:45.89 ID:???

まだら模様鮮やか、野毛山動物園が遺伝子疾患のヘビ保護/横浜

野毛山動物園で飼育されているジムグリのアルビノ
6

http://news.kanaloco.jp/common/user/news/photo/1/130801/25_003321.jpeg

横浜市立野毛山動物園(西区老松町)に、ヘビの一種「ジムグリ」が保護されている。
本来は毒々しい赤と黒のまだら模様が特徴的だが、持ち込まれた個体は先天的にメラニン色素が欠乏する遺伝子疾患「アルビノ」で、オレンジと白の鮮やかなまだら模様になっている。
爬虫(はちゅう)類担当の桐生大輔さんは「10年以上担当をしてきて初めて見た。
成長したら繁殖に取り組み、遺伝の仕方を調べてみたい」と話している。

同園によると、このジムグリはことし4月、市立金沢動物園(金沢区)に市民から「外国のヘビではないか」と持ち込まれた。体長は30センチ弱で若い個体とみられる。

現在、野毛山動物園の爬虫類館はリニューアルに向け工事中のため、非公開の仮設館でこのジムグリを飼育中。
来夏のリニューアルオープンには展示する予定という。

桐生さんは「非公開の間は、野毛山動物園のブログ『れぷブログ』でジムグリの成長過程を紹介していきたい」と話している。

カナロコ 2013年8月1日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1308010014/



【生物】ヘビの一種「ジムグリ」の「アルビノ」の続きを読む