理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ジャガイモ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/15(金) 01:38:58.43 ID:CAP_USER*.net
ジャガイモを普段から食べる量が多い人は、少ない人より糖尿病になりやすいことが大阪がん循環器病予防センターの村木功氏らのグループの研究でわかった。

ダウンロード


論文は、米の科学誌「Diabetes Care」(電子版)の2015年12月17日号に発表された。

もともとジャガイモは糖質が高く、糖尿病の心配のある人は食べる量を控えた方がよいとされていたが、改めて食べ過ぎがよくないことが医科学的に確認された。


ジャガイモ多く食べる人ほど清涼飲料水を飲む量も増える

研究では、米国の医療従事者計11万1442人の健康データを対象に、ジャガイモの摂取量と糖尿病の発症率の関連を調べた。対象者は全員、糖尿病にかかっていなかった人だが、追跡期間中に1万5362人が糖尿病を発症した。その結果、次のことがわかった。

(1)ジャガイモ料理を食べる頻度が週に2~4回の人は、週に1回未満の人に比べ、糖尿病の発症リスクが7%高くなる。

(2)毎日食べる人は、週に1回未満の人に比べ、33%も高くなる。

(3)料理方法では、油で揚げるフライドポテトのリスクが一番高い。

続きはソースで

http://www.j-cast.com/healthcare/assets_c/2016/01/health_20160113152139-thumb-autox380-79546.jpg
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/01/14255418.html?p=all

引用元: 【健康】ジャガイモの食べ過ぎが体をむしばむ 糖尿病リスク3割増 特に怖い料理は...

ジャガイモの食べ過ぎが体をむしばむ 糖尿病リスク3割増 特に怖い料理は...の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/16(火) 23:22:03.45 ID:???.net
ジャガイモの有毒アルカロイド生合成酵素遺伝子を同定
-ジャガイモ食中毒の低減が図れる育種に期待-

「ジャガイモの芽には毒があるから取らなきゃダメ」と、学校の家庭科の料理実習で教わった経験があります。
この有毒物質は「ステロイドグリコアルカイド(SGA)」といわれるもので、SGAにも種類があってジャガイモに含まれているのは、α-ソラニン、α-チャコニンなどだそうです。
安心して食べられるジャガイモを作るにはSGAの含有量を下げなければならなりません。
これまでの研究で、SGAはコレステロールを中間体として生合成されることが知られていました。
しかし、植物に含まれるステロールの中ではコレステロールの量が少ないため、SGAの詳しい生成メカニズムは明らかではありませんでした。
そこで、理研、食品会社、大学の研究者からなる共同研究グループは、SGA生成メカニズムの解明に取り組みました。

植物が有する主なステロールとして、「24-アルキルステロール」が知られています。
コレステロールと24-アルキルステロールの化学構造上の違いは、24位アルキル基を持つかどうかです。
24位アルキル基は、メチル基転移反応と24(28)位還元反応を受けて生成されます。
例えば、シロイヌナズナでは、「DWF1」酵素が24-アルキルステロールを生合成するときに24(28)位還元反応を触媒します。
一方、ヒトを含む動物ではDWF1の相同体(ホ◯ログ:共通の祖先を持つタンパク質)の「DHCR24」が、コレステロール生合成における24(25)位還元反応を触媒します。

共同研究グループは、ジャガイモやトマトで発現している遺伝子群の中に、DWF1と DHCR24のホ◯ログと考えられるタンパク質の遺伝子が2種類含まれていることを発見し、それぞれを「SSR1」、「SSR2」と名付けました。
次に、出芽酵母を用いた異種遺伝子発現実験を行ってSSR1、SSR2の酵素機能を評価したところ、とくにSSR2は24(25)位還元反応の触媒活性を強く示し、SGAの生合成中間体であるコレステロールの生合成に関わっていると考えられました。

さらに共同研究グループは、RNA干渉法を用いてSSR2遺伝子の発現を抑制した遺伝子組換えジャガイモと、ゲノム編集法を使ってSSR2遺伝子を破壊した遺伝子組換えジャガイモを作りました。
これらのSGA含有量を分析したところ、遺伝子組換えのないジャガイモの1割程度に低下していました。
これはSSR2がSGAの生合成に関わっていることを示しています。

この成果は、SSR2遺伝子を標的としてSGAの量を抑えたジャガイモの育種に貢献すると期待できます。
____________

▽記事引用元
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140913_1/digest/
理化学研究所(http://www.riken.jp/)2014年9月13日公開

報道発表資料
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140913_1/

引用元: 【植物】ジャガイモの有毒アルカロイド生合成酵素遺伝子を同定 ジャガイモ食中毒の低減が図れる育種に期待/理化学研究所

ジャガイモの毒の遺伝子を同定 ジャガイモ食中毒の低減に期待の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ