理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

スギ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 22:22:32.97 ID:Fq9vYhZ6*.net
公開日時 2015/02/02 03:51

アステラス製薬は1月30日、米イミュノミックセラピューティクス社(ペンシルバニア州)が創製し、スギ花粉症ワクチンとして開発している「JRC2-LAMP-vax」について、日本での独占的な開発・商業化のライセンス契約を締結したと発表した。注射剤で、どの程度の治療期間かは開示していないが、年単位でかかる現行の減感作療法より短い治療期間における数回の投与で、長期的な症状寛解を可能とする根本治療を目指すとしている。現在国内フェーズ1を準備している。承認時期のメドは未定。

スギの主要なアレルゲンである「Cry j1」「Cry j2」をコードする2つのDNAプラスミドを含有する製剤。アステラスは、スギ花粉症以外のアレルギー疾患を対象としたワクチン開発のライセンスについては独占的な交渉権を留保している。

今回の契約に伴い、アステラスはイミュノミック社に1500万ドルを支払う。また開発・承認の進捗に応じたマイルストン、及び技術移転料として最大で総額5500万ドルを支払う可能性がある。
売上に応じた2桁台のロイヤルティも支払うことになっている。今回の導入はアステラスにとってワクチン事業の強化の一環。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:ミクスオンライン https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51116/Default.aspx

引用元: 【科学】 アステラス スギ花粉症ワクチンを導入、国内開発へ 短期間で根本治療目指す [ミクスオンライン]

アステラス スギ花粉症ワクチンを導入、国内開発へ 短期間で根本治療目指すの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 16:52:07.47 ID:???*.net BE:287993214-2BP(12)
sssp://img.2ch.net/premium/2116290.gif
読売新聞 2月2日 16時47分配信

 花粉症を発症した子どもの4割以上が5歳までに発症――。子どもの患者の増加や、発症の低年齢化が進んでいることが、ロート製薬が16歳以下の子どもを持つ親を対象に実施した「花粉症アンケート調査」で分かった。

 同社は、スギやヒノキが増えているほか、子どもの身の回りが清潔になった結果、免疫力が高まらず、アレルギー反応を起こしやすくなっていると分析している。

 調査結果では、「子どもが花粉症と思う」との回答が32・7%と、2013年の前回調査(28・8%)から3・9ポイント、12年の調査(25・7%)からは7・0ポイント増えた。発症した年齢は3歳と5歳がともに12・3%で最も多かった。0~5歳は43・8%と、12年から7・2ポイント上昇した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00050052-yom-sci

引用元: 【生活】身の回り清潔になり?子どもの花粉症患者が増加

身の回り清潔になり?子どもの花粉症患者が増加の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/08(水) 21:27:13.88 ID:???0.net BE:277283116-2BP(3000)
来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想

 気象情報会社のウェザーニューズは8日、来春のスギとヒノキの花粉飛散量について予想を発表した。全国平均は平年(2008~14年平均)の1割増。今春との比較では全国平均で5割増しとなり、東北から近畿、山陰までの広い範囲で2~3倍に上る地域もありそうだ。

 一方、四国や九州などは、今夏の天候不順の影響を受けて平年より少なくなる見込みで、14年の半分程度となる地域もあるとみられる。

 同社は「例年と同様、来年2月以降は徐々に花粉が増えるので、早めに事前の対策を」と呼びかけている。北海道はシラカバ花粉で調べ、沖縄県は対象外だった。

 同社によると、スギやヒノキ花粉の発生源となる雄花の成長は夏の天候に関係するとされる。今年の夏は北日本から東日本にかけては高気圧の影響で晴れて暑い日が多く、雄花の生育に適していた一方、夏らしい日が少なかった西日本は育ちにくかった。

 北海道から近畿までは全ての都道府県で平年比、今春比が同じか多い予想。東京都が今春の約3倍、神奈川県や茨城県が約2.9倍などで、関東甲信や東海では特に飛散量が増えるとみている。

 四国や九州では、佐賀県と大分県が今春の55%、長崎県と宮崎県が60%などと予想。香川県を除き、いずれも平年比、今春比が同じか少なくなる見込みという。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG0802O_Y4A001C1CR8000/

引用元: 【社会】来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想

来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/03(月) 23:58:32.62 ID:???0

★口に含む花粉症薬承認6月以降に処方薬へ

厚生労働省は3日までに、口に薬液を含む新しいタイプのスギ花粉症治療薬を初めて承認した。アレルギーのもとになる花粉エキスを舌の下に垂らし、徐々に体を慣れさせる仕組みで、既存の注射薬よりも患者の負担が少ない。

承認されたのは鳥居薬品(東京)の「シダトレンスギ花粉舌下液」。4月に保険適用され、6月以降に処方薬として発売される見通し。

12歳以上が対象で、1日1回薬液を舌の下に垂らし、数分後に飲み込む。徐々に量を増やして体を慣れさせることで、アレルギーのもととなる花粉に対する過敏な反応を減少させる。

c2556f15.jpg

2014/02/0321:28【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020301002586.html



口に含む花粉症薬承認6月以降に処方薬へ 厚労省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/31(金) 19:16:07.41 ID:???0

★スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測
2014年1月31日

環境省は31日、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量や飛散時期の予測の第2報を発表した。
昨年、大量に雄花がついて飛散したことから、今年は雄花が少ないため昨年に比べて量は少ないが、多く飛散する期間が長くピーク時期は昨年より早まると予測した。飛び始めは東北、北陸では、過去10年間の平均に比べて遅めになる。

ピークは九州、四国、近畿、東海、関東などで2月下旬から3月上旬、北陸は3月中旬、東北は3月下旬から4月上旬の見込み。2月3日から環境省花粉情報サイト(http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/)で日々の観測データが公開される。

039a73e2.jpg

http://apital.asahi.com/article/news/2014013100002.html



スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: リキラリアット(東京都) 2014/01/29(水) 15:13:01.83 ID:qQWfky4NP BE:2609844858-PLT(12012) ポイント特典

関東全域がスギ花粉のシーズンに突入したとウェザーニューズが伝えている。

 1月26日に一定の花粉飛散が観測されており、昨年と比べると約1週間~10日早い。今後徐々に飛散量が増えていく見込みだ。

 同社は全国1000カ所に、花粉観測機「ポールンロボ」の設置を進めており、1月24日頃から東京都内の3割以上の観測点において、26日には約9割の観測地点において、花粉の飛散が一定の量に達したことを確認している。

 強い寒気が流れ込んでいたが、1月下旬には気温が上がる日も増えている。さらに、関東地方を中心に風が強まったことにより、飛散が早まったとみられている。今後、2月上旬には再び寒さが戻る見通しだが、2月中旬には再び気温が上がる予想になっており、このタイミングで西日本でも飛散開始となりそうだ。

a8a54c23.jpg

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/29/news075.html

http://i.imgur.com/SnvIJVx.jpg



関東がスギ花粉シーズン突入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ