理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

スペースX

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/04(土) 16:11:59.91 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00050095-yom-sci

米ワシントン・ポスト紙は3日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が、米航空宇宙局(NASA)に対し、将来の月面基地の建設に向け、施設などの輸送で協力すると呼びかけていると報じた。

ベゾス氏が設立したブルーオリジン社は昨年9月、アポロ計画で使われたサターン5ロケットに匹敵する大型ロケットの開発方針を明らかにしており、「月面への配達サービス」(同紙)にこのロケットを
活用するとみられる。ベゾス氏は「米国は月に戻る。今回は滞在のためだ」と同紙に答え、2020年にも輸送を始めるようNASAに求めている。

米民間企業スペースXも先月末、来年後半に月への宇宙旅行を実現させる方針を明らかにするとともに、NASAの有人飛行に協力すると呼びかけた。トランプ米政権の発足を受け、政府との協力体制構築に向け、民間企業の動きが活発化している。
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙】アマゾン、月への宅配サービスでNASAに協力を申し出る [無断転載禁止]©2ch.net

アマゾン、月への宅配サービスでNASAに協力を申し出るの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/04(土) 00:41:54.55 ID:CAP_USER
月周回旅行 ─ 考えられる人体への影響
2017年03月02日 15:49 

【3月2日 AFP】民間人2人の月周回旅行を2018年に計画していると、米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が今週発表したが、この計画について専門家らは、健康への影響はあるものの、大半は軽微で、一時的なものになるとの意見で一致しているようだ。
 
英ロンドン(London)の研究機関「CASE Medicine」のダニエル・グラント(Daniel Grant)氏は「宇宙に旅立つすべての飛行士と同様に、彼らはひどい乗り物酔いに悩まされるだろう」とAFPの取材に語った。
無重力状態では、内耳の平衡感覚に混乱が生じるためだという。CASEでは、極限環境における医療と生理機能に関する研究が行われている。
 
乗り物酔いから回復するまでの時間は人それぞれで、飛行士によっては数日を要するケースもこれまでみられたという。
今回の月周回旅行は1週間の計画で行われるため、この影響は小さくない。
 
自撮りファンにとって残念なのは、地球上では重力によって下方に引っ張られている体液が、無重力環境では上方に広がるため顔がむくむことだ(脚は細くなる)。
これは放尿の際にも問題となり得る──無重力の環境では、液体が宙に浮いてしまうからだ。
 
無重力空間では、骨や筋肉への影響もある。
ただ、1週間だけなら持続的な衰えはないだろうというのが大方の見方だ。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月02日 15:49
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883?pid=0&page=2
ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙開発】月周回旅行 考えられる人体への影響©2ch.net

月周回旅行 考えられる人体への影響の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/02(木) 10:27:01.78 ID:CAP_USER9
SpaceXは27日、現在開発中の新型有人宇宙船を使用することで、2018年中に2名の一般人を乗せた月周遊の宇宙観光事業を開始することを発表したが、市場では早くもこの2名の一般人がどれだけの費用を旅費として支払うことになるかが関心を集めている。
SpaceXは、月周遊の宇宙観光の旅費が幾らになるかについては公開していないが、ISS滞在型の宇宙観光旅行の企画運営を行っているSpace Adventure社は、一度、ソユーズ宇宙船を利用した同様な月周遊の宇宙観光の企画を立ち上げたことがあり、その際には旅費は1人あたり1億7500万ドル(約200億円)となる見通しを示していた。

一方、現在、NASAがソユーズ宇宙船を使ったISS渡航費用としてロシア宇宙局に支払っているコストは1人8000万ドル(約91億円)となっており、ISSが運用を行っている低軌道ではなく、月の周回軌道まで到達するディープスペースミッションを実施した場合には、乗員1人あたりコストは1億7500万~2億ドルはかかるといった見方が、航空業界関係者の間では、多数意見ともなっている。

続きはソースで

http://newsln.jp/news/images2/201703011515300000w.jpg
http://newsln.jp/news/201703011515300000.html

ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙】スペースX、18年に月への観光旅行 民間人2人が参加 旅費は1人あたり200億円か [無断転載禁止]©2ch.net

スペースX、18年に月への観光旅行 民間人2人が参加 旅費は1人あたり200億円かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/20(月) 23:58:03.43 ID:CAP_USER
スペースX、歴史的施設から打ち上げ成功 月面着陸などに使用
2017年02月20日 12:19

【2月20日 AFP】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は19日、フロリダ(Florida)州ケープカナベラル(Cape Canaveral)にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センター(KSC)から、国際宇宙ステーション(ISS)への補給船を積んだロケット「ファルコン9(Falcon 9)」を打ち上げた。
 
今回使用された発射施設「39A」は、1960~70年代の月面探査のための宇宙船の打ち上げや、1981~2011年のスペースシャトルの打ち上げにも使われた歴史的な施設。
 
続きはソースで

(c)AFP/Kerry SHERIDAN

▽引用元:AFPBBNews 2017年02月20日 12:19
http://www.afpbb.com/articles/-/3118456
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙開発】補給船を積んだロケット「ファルコン9(Falcon 9)」 月面着陸などに使用の歴史的施設から打ち上げ成功/スペースX ©2ch.net

補給船を積んだロケット「ファルコン9(Falcon 9)」 月面着陸などに使用の歴史的施設から打ち上げ成功/スペースXの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/19(日) 00:13:05.16 ID:CAP_USER
発表! これがアラブ首長国連邦の火星移住計画「Mars 2117」

ドバイで開催された「世界政府サミット」で、アラブ首長国連邦(UAE)による火星移住計画が発表された。

米航空宇宙局(NASA)は、2030年代[日本語版記事]に人間を火星に送ろうとしているが、そのための現実的な予算はないという。
スペースXの創業者兼CEOのイーロン・マスクは、2020年代に火星に入植する最初の人間を送るつもりだと述べている(日本語版記事)が、同社もまた、行政からの大規模な協力なしでは、その大胆な計画を実行するための予算が不足しているという。

火星に人間を移住させる計画をもつ事業体のリストに、このほどアラブ首長国連邦(UAE)が加わった。
UAEでも現時点において、宇宙探査や技術の予算が不足しているというが、UAEは人間を火星に送る計画に関してはるかに堅実なタイムラインを持っているようだ。
UAEはその時期を、いまから1世紀後の2117年に設定している。

UAEを構成する7つの首長国のひとつ、ドバイ首長のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームは、ドバイで2月12日から14日(現地時間)に開催された「世界政府サミット」で、UAEによる火星移住計画について発表した。

続きはソースで

▽引用元:WIRED 2017.02.17 FRI 17:00
http://wired.jp/2017/02/17/finally-someone-has/
ダウンロード (6)


引用元: 【宇宙開発】発表! これがアラブ首長国連邦の火星移住計画「Mars 2117」©2ch.net

発表! これがアラブ首長国連邦の火星移住計画「Mars 2117」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/15(水) 20:11:43.38 ID:CAP_USER9
今月12日~14日にドバイで開かれた「世界政府サミット」に登壇した、スペースX社の共同創立者で、電気自動車のテスラ社のCEOでもあるイーロン・マスク氏が、観衆の度肝を抜く驚愕の発言をしていた。なんと、来るべき未来を生き残るために人間をサイボーグ化する必要があるというのだ!

■AIに勝つためには人間のサイボーグ化が必須

英紙「Daily Mail」(2月13日付)によると、マスク氏は、AIが人間に取って代わる「危険な状況」が近々起こると予感しており、その状況を回避するためには人間が機械化するしかないという。

「長年、私は生命の知性とデジタルな知性が融合する日がくると考えてきました」(マスク氏)

「問題は処理能力にあります。コンピュータは1秒間に1兆ビットの情報を処理しますが、人間はたったの10ビットです。このままでは、いずれAIが人間を余分なものとして排除する可能性もあります。しかし、高速処理を実現するインターフェースを脳に装着することで驚異的なスピードアップに期待できるのです」(同)

マスク氏は、このことを本能を司る大脳辺縁系と、思考を司る大脳皮質がそれぞれ共同して機能することにたとえ、大脳皮質の脳神経をデジタル化した身体に接続し、人間を超えたAI - ヒューマンサイボーグになることを提案。さらには、人類が取るべき最良の選択はこれしかないとも語っている。

これまで人間はAIに対し守勢にまわってきたが、人間の方がサイボーグ化し、AIになってしまえばいいという攻撃的なアイデアだ。たしかに、これが実現すれば人間の知性をはるかに超えた「ディープAI」の出現に恐れる必要もなくなる。

続きはソースで

http://tocana.jp/images/humanaicyborg_01.jpg
http://tocana.jp/2017/02/post_12355_entry.html
ダウンロード


引用元: 【国際】イーロン・マスク氏「AIに勝つために人間をサイボーグ化する」 ©2ch.net

イーロン・マスク氏「AIに勝つために人間をサイボーグ化する」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ