理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スペースX

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/03(火) 22:09:14.11 ID:CAP_USER
sorae.jp 1/3(火) 8:02配信
昨年9月に起きた、悪夢のようなロケットの爆発事故から約4ヶ月。アメリカの宇宙開発企業のスペースXが、とうとう公式声明にて1月8日にファルコン9ロケットの打ち上げを再開する予定だと発表しました!
 
そもそも昨年9月の爆発事故ですが、これはロケットを発射台に設置して推進剤を注入したりエンジンを数秒間点火する
「スタティック・ファイア・テスト」の最中に起きました。そしてスペースXは事故調査の途中段階から、その爆発原因がロケット第2段の液体酸素タンク内にある「液体ヘリウムを貯蔵するタンク(COPV)」にあることを指摘していたのです。
 
ファルコン9に搭載された3つの液体ヘリウム貯蔵タンクは、内壁のアルミニウムとそれを覆うような炭素複合素材からでできています。
そしてそのアルミニウムに歪みが発生し、炭素複合素材との間に隙間が発生して液体酸素が侵入。そしてそこに圧力がかかったことで発火現象が起きたというのです。
また、液体ヘリウム貯蔵タンクの超低温が一定量の液体酸素をおそらく凍らせたことも、状況を悪化させた可能性があると明かしています。
 
次回のファルコン9の打ち上げでは、液体ヘリウム貯蔵タンクそのものは変更せずに注入手順に変更がくわえられます。
具体的にはもう少し温度を上げた液体ヘリウムを利用したり、以前の液体ヘリウムの注入方法を採用するとのこと。
さらに、将来的には液体ヘリウム貯蔵タンクのデザインも変更する予定です。
 
1月8日以降に予定されているファルコン9では、イリジウム・コミュニケーションズの10個の人工衛星をカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げる予定です。
これについて、イリジウム・コミュニケーションズも1月8日の打ち上げ予定を祝福する声明を送っています。
そしてFAA(連邦航空局)の許可が下りれば、日程が正式に決定することになります。
 
宇宙開発に最も意欲的な民間企業の1つであるスペースXがロケット打ち上げを再開すれば、
また世界の宇宙開発市場は大いに活気づくことになるでしょう。
少し前まではしょっちゅう目にしていたファルコン9ロケットが宇宙へと打ち上がる姿を、また早く見たいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010001-sorae_jp-sctch
最終更新:1/3(火) 8:02sorae.jp
ダウンロード (5)


引用元: 【宇宙開発】 スペースX、「悪夢の爆発」乗り越え1月8日にロケット打ち上げ予定 事故原因特定受け[01/03] [無断転載禁止]©2ch.net

スペースX、「悪夢の爆発」乗り越え1月8日にロケット打ち上げ予定 事故原因特定受けの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/17(土) 14:38:15.03 ID:CAP_USER
民間の有人飛行18年に延期 NASA、安全性の問題で

【ワシントン共同】国際宇宙ステーションへ米国の民間宇宙船で宇宙飛行士を送る計画について、米航空宇宙局(NASA)は14日までに、早ければ2017年に予定していた有人の打ち上げ試験を18年に遅らせることを決めた。
安全性の問題点の解決に時間がかかると判断した。

続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/12/15 08:35
http://this.kiji.is/181912676271490553

ダウンロード (5)


引用元: 【宇宙開発】民間の有人飛行18年に延期 NASA、安全性の問題で ©2ch.net

民間の有人飛行18年に延期 NASA、安全性の問題で の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/28(水) 17:07:28.33 ID:CAP_USER9
◆火星行き1人2千万円 米宇宙企業、100万人都市構想

米宇宙企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は27日、人類の火星移住を目指して開発する超大型ロケットと有人宇宙船の詳細を公表した。
ロケットや宇宙船の再利用や一度に100人以上の乗客を運ぶことで、1人あたりの打ち上げ費用を20万ドル(約2千万円)以下にするよう目指す。
計画では早ければ2022年にも初号機を打ち上げ、今後40~100年で火星に100万人が住む都市を築く構想という。

続きはソースで

朝日新聞デジタル 2016年9月28日16時11分
http://news.livedoor.com/article/detail/12076151/

ダウンロード (3)


引用元: 【宇宙】火星行き1人2千万円 米宇宙企業、100万人都市構想 早ければ2022年にも初号機打ち上げ [無断転載禁止]©2ch.net

火星行き1人2千万円 米宇宙企業、100万人都市構想 早ければ2022年にも初号機打ち上げの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/01(木) 23:52:25.97 ID:CAP_USER9
http://mainichi.jp/articles/20160902/k00/00m/030/094000c

 AP通信によると、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で1日、衛星打ち上げ前の試験をしていた米宇宙企業スペースXの無人ロケットが爆発した。けが人の有無は不明。

 爆発したのは国際宇宙ステーションへの物資輸送にも使われるファルコン9ロケット。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【国際】米スペースX 試験中のロケットが爆発©2ch.net

米スペースX 試験中のロケットが爆発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/23(火) 18:13:09.72 ID:CAP_USER9
米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人が19日、国際宇宙ステーション(ISS) に人を運ぶ民間の有人宇宙船「宇宙タクシー」の停泊スペースを設置するため、6時間にわたる船外活動を行った。

NASAテレビの映像によると、ISSのジェフ・ウィリアムズ船長とフライトエンジニアのケート・ルービンスさんがISS船外に移動し、「宇宙タクシー」が駐車できるようドッキングポートにアダプタを設置する作業を行った。

「宇宙タクシー」は米宇宙 開発ベンチャーのスペースXと大手航空機メーカーのボーイングが開発しており、・・・

続きはソースで

ソース/ロイター
http://jp.reuters.com/article/spacetaxi-idJPKCN10Y0F5
ダウンロード (1)



引用元: 【天文】「宇宙タクシー」用駐車場、米飛行士らが宇宙ステーションに設置 [無断転載禁止]©2ch.net

「宇宙タクシー」用駐車場、米飛行士らが宇宙ステーションに設置の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/19(金) 11:31:37.71 ID:CAP_USER9
◆チェルノブイリで育った放射線を好む菌類、宇宙ステーションへと運ばれる

NASAとSpaceX社は国際宇宙ステーションに向け、今後数ヶ月にわたり行われる研究に必要な250種類の道具が積まれた貨物を打ち上げた。
中でも際立っていたのが、史上最悪の原子力事故を引き起こしたチェルノブイリ近辺で発見された放射線を好む菌類である。

https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/a/1/a1c47635.jpg

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故の後、灰の中不死鳥のごとく息を吹き返したのは菌類だった。
それらは放射線を物ともせず、むしろその地域に順応するように成長したのだ。
これらの菌類の研究を深める事で将来的に被ばくした患者への治療に大いに役立つのではないかと科学者たちは考えている。

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所4号炉は非常用発電系統の実験中のミスにより科学的連鎖反応を起こし、炉心溶融した。
地域一帯には健康被害を引き起こすレベルの放射線が降り注ぐこととなったのである。
当時の研究者たちによれば炉心溶融により発生した放射線は当時の核弾頭の400倍に匹敵する量だという。

30年後の今年、地域一帯の生物・作物・住民からは炉心溶融の爪痕が今も尚確認できる。
しかしながら、その中でも科学者たちは一筋の希望を見つけたのである。

◇放射線を好む菌類

NASAのジェット推進研究所の科学者の一人、カツーリ・ヴェンカテワラン(省略ヴェンカテ)氏はこれらの菌類を国際宇宙ステーションに打ち上げる作戦を指揮した人物である。
チェルノブイリ事故現場から採取された菌類は、立ち入り禁止区域に指定されていないギリギリの場所で採取され、科学者たちはこれらの菌類が放射線の影響を受けず、むしろ放射線を好んで取り入れる事で成長する性質を持っている事を発見した。

https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/a/0ae24fb9.jpg

ヴェンカテ氏は今回の研究について以下のコメントを残している
「ローレンス・バークレー国立研究所はチェリノブイリ研究所付近からサンプルを採取する許可を得ています。
チェルノブイリ事故の後、初めて命を吹き返した生命は菌類だったのです。
私達科学者はなぜ彼らがこういった環境下で生きていけるのか、確かめたかったのです」

◇メラニンと放射線の関係

ヴァンカテ氏とジェット推進研究所は世界中で行われる同様の研究を行うグループの一つである。
他にも数多くの企業が放射線の影響を受けて尚も生き続けるこの菌類に注目している。
研究チームによると私達の皮膚を黒く染めてしまう原因を引き起こす、「メラニン」という成分が菌類を放射線から守っており、放射線を食料に変えているのではないかと考えている。

「チェルノブイリ事故現場から発見された菌類は他の場所で採取された菌類よりもメラニンの量が極めて多く、これは菌類がその場の環境に対応してきた証拠です。
また、採取された菌類の20%は放射線から身を守るだけでなく、それを糧として育っているようです」とヴァンカテ氏は語る。

https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/2/5/25cafd17.jpg

続きはソースで

カラパイア 2016年08月19日
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52223223.html 
ダウンロード


引用元: 【科学】チェルノブイリで育った放射線を好む菌類、宇宙ステーションへと運ばれる [無断転載禁止]©2ch.net

チェルノブイリで育った放射線を好む菌類、宇宙ステーションへと運ばれるの続きを読む

このページのトップヘ