理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スマートフォン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/20(水) 09:02:46.42 ID:???*.net
スマートフォンの充電器や、非接触のICカードなど、無線で電気を供給する技術の開発が進んでいますが、車輪に電気を無線で送って走行する新しいタイプの乗用車を東京大学などのグループが開発し、燃費の向上につながると期待されています。

離れた場所に電気を無線で供給する技術は、スマートフォンの充電器や、Suicaなどといった非接触のICカードなどに生かされていますが、東京大学大学院の藤本博志准教授のグループは、車輪に取り付けたモーターに無線で電気を供給する新しいタイプの乗用車を開発しました。

後輪に取り付けられたモーターには電源ケーブルがつながっておらず、導線を巻いたコイルがおよそ10センチ離れた車体側と向かい合わせに設置されています。
コイルに働く磁力が変化すると導線に電気が流れる「電磁誘導」という原理を用い、さらに、電気を伝える効率を上げる「共鳴」という現象を利用することなどで、ロスする電気の量を4%まで抑えることに成功しました。

続きはソースで

00

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150520/k10010085191000.html

引用元: 【技術】無線で電気送って走行する新型自動車を開発 東大

無線で電気送って走行する新型自動車を開発 東大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/04(水) 20:56:42.98 ID:???.net
掲載日:2015年3月4日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150304/238557.html

no title


 京都大学、岡山大学教授、京都工芸繊維大学らの研究グループは3日、スマートフォンなどの携帯端末が近くの端末同士で相互に連携し、共同して基地局と通信する技術を開発したと発表した。

 これにより、多数の人が集まる場所で、携帯端末を一斉に使用しても通信速度が低下せず、通信できる。
今回開発された技術は、電車やバス内、イベント会場など、人が集まっていながら、相対的にはあまり動かない環境での利用に特に適しているという。

 従来、このような環境で多人数が一斉に通信を行うと、1人当たりの伝送速度が減少していた。しかし、新しく開発された技術を利用すると、多数の端末同士を連携させ、近距離の無線通信を用いて端末の受信信号を共有することで、基地局との通信容量を増加させることができ、1人当たりの伝送速度がほとんど低下しなくなる。

 現在の無線LANやLTE(Long Term Evolution)などが、MIMO(Multi-Input Multi-Output)伝送を利用しているが、この技術は、アンテナ数にほぼ比例した通信容量が得られる。

続きはソースで

(阪木朱玲)

<画像>
携帯端末が助け合って混雑を解消している様子(京都大学の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015030412023420big.jpg

<参照>
携帯端末が助け合って混雑を解消する技術の実証に成功 -増大するスマートフォンのデータ通信混雑解消に期待- — 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/150303_1.html

総務省|戦略的情報通信研究開発推進事業
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/

引用元: 【技術/通信】京都大学など、電波の混雑時もスマホ同士の連携で速度が下がらない技術を開発

京都大学など、電波の混雑時もスマホ同士の連携で速度が下がらない技術を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/08(日) 21:41:39.30 ID:???*.net
 NTTドコモは、「ドコモ公式サポート」Twitter公式アカウントで、スマホの持ち方について注意喚起を行っている。

00


「指が変形!?」との書き出しで始まるこのツイートでは、
「スマホの持ち方によっては『テキストサム損傷』になってしまうことも……」と、実際の写真を添えて注意喚起。

そして「特定の指に負担をかけすぎないように、ときどき持ち方を変えたり休憩を取ってくださいね」とユーザーに呼びかけている。

「テキストサム損傷」は、スマホの普及に比例する形で、2011年頃から国内外で症状を訴えるユーザーが増加。
スマホを持つ際に支えとなる、小指の第1関節と第2関節の間の部分が凹んだように変形する症状で、“スマホ病”とも呼ばれている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9864326/

画像
http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/4/d42e1_249_2015-03-08-131455.jpg

引用元: 【社会】ドコモがスマホの持ち方について注意喚起 小指が変形する危険性を指摘

ドコモがスマホの持ち方について注意喚起 小指が変形する危険性を指摘の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/25(水) 19:33:46.64 ID:???*.net
◆スマホバッテリーの究極系がキタ!? 指で触ると発電するシート型

no title


スマートフォンの利用者の多くが抱えている問題はバッテリー切れへの不安だろう。
持ち運べるバッテリーをはじめとして、携帯できる太陽電池や手のひらサイズの燃料電池など様々な製品をFUTURUSでも紹介してきた。

そして今回は究極ともいえる、ひと味違ったモバイル発電装置を紹介したい。
なんと、指で触れるだけで発電するスマートフォン用発電装置だ。

スマートフォンの背面に薄いカード状の装置を貼り付けておくだけで、後はスマートフォンをいつも通り使えば、自然と発電されるという。

■ スマホを使っている内に発電できる

この“指で触れるだけ”で発電する装置は『iZeee Touch Charger』という。
クラウドファンディングサービスの『Indiegogo』で資金を募集中だが、本稿執筆時ではまだ47日を残しながらも、既に618%もの資金調達に成功している。

この人気振りから、いかに多くのスマートフォンユーザーが、バッテリー切れ問題に不満を持っているかがわかろうというものだ。

『iZeee Touch Charger』は薄っぺらいカード型、ちょうどクレジットカードくらいのサイズの発電装置で、スマートフォンの背面にぺたり、と貼り付けてしまえば全く邪魔にならない。
ユーザーは普通にスマートフォンを操作していれば、自然とこの背面に貼り付けられた『iZeee Touch Charger』を指で触ることになるので、勝手に発電してくれる、というわけだ。

こんな薄っぺらなものでは心許ないかもしれないが、その発電能力は意外に高く、ゲームやSNSなどを4時間は使い続けられるほどの電力を供給する能力がある。
スマートフォンとの接続も、microUSB、Lightningコネクタに対応しており、iOSもAndroidにも対応している。NFCの非接触充電にも対応している。

続きはソースで

写真:http://image.dmm-news.com/media/b/d/bd9682bcb3f87d095dd93d68603f2258e6cae5a6_w=666_h=329_t=r_hs=f6f858ad105dfa46f776d1f6aa6c074f.png

DMMニュース 2015年02月25日17:27
http://dmm-news.com/article/921705/

引用元: 【技術】指で触ると発電するシート型のスマホ用発電装置

指で触ると発電するシート型のスマホ用発電装置の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/03(火) 09:56:52.43 ID:???.net
掲載日:2015年3月1日
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030101001524.html

1


 京都大が開発している津波避難のスマートフォン向けアプリの実証試験が1日、堺市沿岸部で初めて行われた。
浸水予測や衛星利用測位システム(GPS)機能を使い、スマホ上で津波を可視化して避難に役立てる。参加者からは
「安心して避難できる」と好評だった。

 南海トラフ巨大地震が発生し津波が来ると想定、住民ら千人以上が参加した訓練の一環。

続きはソースで

<画像>
津波避難のスマホ向けアプリについて説明する京大防災研究所の矢守克也教授=1日、堺市
http://img.47news.jp/PN/201503/PN2015030101001615.-.-.CI0003.jpg

<参照>
KAKEN - 矢守 克也(80231679)
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80231679

引用元: 【防災技術】津波をスマホで可視化し避難 京大開発、初の実証試験

津波をスマホで可視化し避難 京大開発、初の実証試験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/03(火) 01:06:26.53 ID:???*.net
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LY0CW20150302/

[東京 2日 ロイター] - 富士通は2日、画面をみるだけで、ユーザーの眼球の虹彩を読み取ってロック解除ができるスマートフォン(スマホ)の試作機を開発したと発表した。
「虹彩認識」の技術をスマホに搭載できるレベルまで小型化し、実用化に近づけた。2015年度中の製品化を目指す。

00

スマホの画面をみるだけで本人確認できるため、手袋をしている場合など、指先で暗証番号が打ち込めない際もロック解除ができる。
また、パスワード入力の代わりに画面をみるだけでインターネットにログインすることも可能だ。

富士通は、この技術を搭載したスマホを試作し、2日から5日までスペインのバルセロナで開催の携帯見本市「MWC」に出展する。
虹彩認証は生体認証方式の1つで、眼球の虹彩の皺(しわ)のパターンを赤外線で読み取って本人確認する。

続きはソースで

引用元: 【IT】富士通が眼球で本人確認するスマホ試作、画面チラリでロック解除

富士通が眼球で本人確認するスマホ試作、画面チラリでロック解除の続きを読む

このページのトップヘ