1: 2015/04/24(金) 01:10:50.96 ID:???.net
掲載日:2015年4月23日
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/23/news092.html

 数々のSF作品に人類の移住先などとして登場する「くじら座タウ星」(タウ・ケチ)だが、生命の存在はあまり期待できない──米アリゾナ州立大学の研究チームがこんな残念な研究結果を発表した。

画像
タウ・ケチ星系のイメージ Credit: J. Pinfield for the RoPACS network at the University of Hertfordshire, 2012
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1504/23/l_sk_tauceti.jpg

 タウ・ケチは11.9光年離れた“ご近所”の恒星。太陽より小さいがスペクトル型はよく似ている(G型主系列星)といったこともあり、「スター・トレック」やハインラインなどの作品のほか、日本でも漫画「2001夜物語」、小説「ミニスカ宇宙海賊」など数々の作品で舞台として登場。地球外知的生命探査(SETI)のオズマ計画でも対象に選ばれた。

 2012年には5つの惑星が見つかった。そのうち「e」と「f」という2つの惑星は、生命が存在しうる「ハビタブルゾーン」にあると推定された。

 天文学者と地質学者による同大チームは、タウ・ケチについて判明している化学的組成から星の進化モデルを作成し、惑星とハビタブルゾーンの推定を試みた。

 その結果、確かに惑星eと惑星fはハビタブルゾーン内にありうるとされた。が、惑星eは「かなり甘い見積もりであれば」という程度。惑星fはハビタブルゾーンに「最近」入ったようだという。

続きはソースで

000

 研究成果は専門誌「Astrophysical Journal」に掲載された。

<参照>
Tau Ceti: The next Earth? Probably not
http://phys.org/news/2015-04-tau-ceti-earth.html

The Chemical Composition of τ Ceti and Possible Effects on Terrestrial Planets - Abstract - The Astrophysical Journal - IOPscience
http://iopscience.iop.org/0004-637X/803/2/90/

引用元: 【宇宙生物学】SFでおなじみ「くじら座タウ星」、生命の存在はあまり期待できない - 米アリゾナ州立大学

SFでおなじみ「くじら座タウ星」、生命の存在はあまり期待できない - 米アリゾナ州立大学の続きを読む