理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ターボ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/27(水) 17:58:39.14 ID:CAP_USER
世界初の「3Dプリント飛行機」とぶ 南極で調査開始 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00010003-sorae_jp-sctch


最近は航空機の新型ターボファンエンジンにまで3Dプリント技術が利用される時代ですが、いよいよ飛行機のボディまでもが3Dプリントで作れるようになりました。サウサンプトン大学は世界初の3Dプリントによる飛行機「SULSA」を開発し、南極大陸で砕氷船のルート作りに利用しています。
 
SULSAは4つの3Dプリントで作られたボディで構成されています。3Dプリンターで射出した後のパーツ同士は手動でパチパチっと、まるでレゴのように組み合わされました。また、推進力となるプロペラはモーター駆動となっています。
 
本体重量は3kgで全長は2メートル、最高飛行スピードは161km/hとかなり高速です。そして本体価格は約1万ドル(約110万円)とそれなりに高価。しかし、ヘリコプターで人力で砕氷船のルートを探すよりは安価なのがメリットでしょう。また、SULSAの打ち上げは巨大なパチ◯コのようなカタパルトから行ないます。
 
英国海軍の氷海パトロール船「HMS」の船長のRory Bryan氏は、「このような低コストかつハイクオリティな多機能飛行機は、南極地域における無人航空機の有用性を証明するために重要となるでしょう」と期待を寄せています。SULSAは人の手で持てるくらいのサイズですが、いずれ人が乗れるほど大きな3Dプリント製の飛行機が登場することになるのでしょうか?

ダウンロード (1)
 

引用元: 【技術】世界初の「3Dプリント飛行機」とぶ 南極で調査開始 [無断転載禁止]©2ch.net

世界初の「3Dプリント飛行機」とぶ 南極で調査開始の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 雪崩式ブレーンバスター(catv?) 2013/12/08(日) 12:55:41.59 ID:9r5C1Vs40 BE:114768386-PLT(12000) ポイント特典

https://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/0/1/01f883e9.jpg
フランスの自動車専門誌Motorsport Magazineは、2014年モデルとしてリリースされた991型"Porsche 911 Turbo S"と"McLaren MP4-12C Coupe MSO(McLaren Special Operations)"、"Nissan GT-R"の3台のスポーツクーペによる0-1000m加速対決の映像を配信した。

383cb9bc.jpg

最新世代の911シリーズの現時点の旗艦となる911 ターボ Sは、最高出力560ps&最大トルク750Nmの排気量3.8L 水平対向6気筒ターボエンジン搭載で車輌重量は1,605kg。対するMP4-12C クーペ MSOは、最高出力625ps&最大トルク 600Nmの排気量3.8L V型8気筒ターボエンジン搭載の車輌重量1,434kg。
もう一台のGT-Rは最高出力550ps&最大トルク632Nmの排気量3.8L V型6気筒エンジン搭載で車輌1,740kgというスペックとなっている。なお、911 ターボ SとGT-Rが四輪駆動、MP4-12C クーペ MSOが後輪駆動をそれぞれ採用する。


奇しくも同じ排気量の3台による勝負。一番先にゴールラインを越えたのは・・・?

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Agq4je0XICA




0-1000m加速対決! ポルシェ 911 ターボ S vs マクラーレン MP4-12C、日産 GT-Rの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ