理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

チャンドラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/16(月) 17:50:28.31 ID:CAP_USER
まるで細胞。超新星「タイコ」爆発の膨張 NASAが動画公開 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00010001-sorae_jp-sctch


宇宙ではさまざまな天体現象が観測できますが、その中でも大きな恒星が爆発する「超新星爆発」は最もダイナミックな現象の一つでしょう。そして今回、NASAが15年にわたって観察し続けた超新星「タイコ(SN1572)」の爆発による残骸(超新星残骸)の膨張の様子が動画で公開されました。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=0YmEaqTXKhg


この超新星爆発を起こしたのは、「タイコ(SN 1572)」と呼ばれる超新星です。カシオペヤ座に位置するこのタイコの発見は1572年とかなり古く、またその超新星爆発の明るさは金星と同等の「-4等級」にも達しました。現時点ではこの超新星を肉眼で確認することはできませんが、チャンドラX線観測衛星が1万光年離れたその残骸を捉えることに成功しています。

今回撮影された動画は、2000年から2015年までに撮影した画像を合成したものです。超新星爆発の後、タイコは衝撃波とともに超高温の雲と星間物質を撒き散らしました。その衝撃波は19億km/hにも達したと計算されています。また、タイコはもとは白色矮性と恒星からなる「近接連星系」で、お互いが融合したことにより超新星爆発が起きたと予想されています。
 
このような超高エネルギーの現象にはX線での観測が適しており、その観測には運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」が大いに活躍するものと期待されていたのですが…。ただ起きてしまった事故は仕方ないので、今後の宇宙開発プロジェクトの巻き返しとX線天文学の発展に期待したいですね。

ダウンロード (4)
 

引用元: 【天文学】まるで細胞。超新星「タイコ」爆発の膨張 NASAが動画公開 [無断転載禁止]©2ch.net

まるで細胞。超新星「タイコ」爆発の膨張 NASAが動画公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/26(月) 18:22:39.45 ID:???.net
掲載日:2015年1月26日

 米航空宇宙局(NASA)は23日、「SNR 0519-69.0」と呼ばれる超新星残骸を捉えた画像を公開した。

 米航空宇宙局(NASA)は23日、「SNR 0519-69.0」は、天の川銀河(Milky Way)の伴銀河である大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)で起きた恒星の爆発後に形成された。

 画像の青色部分は、NASAのX線観測衛星チャンドラ(Chandra)が捉えた数百万度という高温のガスで、赤色の外縁部と画像全体に広がる星々は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が可視光線で捉えた。

 宇宙空間で高エネルギーの光であるX線を観測するチャンドラにより、科学者たちはX線のデータを収集し、さらに他の種類の光と比較することで、X線を放出する高温の星や銀河といった天体への研究を深めることが可能になる。(c)AFP

<画像>
米航空宇宙局が公開した、大マゼラン雲での恒星爆発の後に形成された超新星残骸の「SNR 0519-69.0」
(2015年1月23日提供)。(c)AFP/NASA/CXC/SAO
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/c/1024x/img_fc597f55f06c83b1d2dd7aea74338104347396.jpg

<参照>
Chandra Celebrates the International Year of Light | NASA
http://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/celebrate-intl-year-of-light.html

<記事掲載元>
http://www.afpbb.com/articles/-/3037741

引用元: 【宇宙】大マゼラン雲の超新星残骸、NASAが画像公開

大マゼラン雲の超新星残骸、NASAが画像公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/07(水) 23:40:59.67 ID:???.net
掲載日:2015年1月7日

 NASAのX線天文衛星「チャンドラ」が2013年9月、巨大質量ブラックホールがひそむ天の川銀河の中心部「いて座A* 」で発生した大規模なX線フレアを観測した。その明るさはこの天体で通常見られるフレアの400倍であった。

画像
いて座A*周辺のX線画像(青:X線が明るい箇所)。四角内がX線フレアのようす(提供: NASA/CXC/Stanford/I. Zhuravleva et al.)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/07sgra_flare/attachments/sgra_flare.gif


 この後、2014年10月にも通常の200倍の明るさのX線フレアが観測されているが、こうした大規模フレアの要因については2つの説が考えられている。1つ目は、いて座A*周辺の強力な重力で引き裂かれた小天体の残骸が、ブラックホールに飲み込まれる直前にX線を放射したというもの。2つ目は、ブラックホール周辺の強力な磁場が関係しているというものだ。磁力線に変化が生じて、磁気リコネクション(磁力線のつなぎかえ)が起こる際に、大きなX線バーストが発生することがあり、太陽でも同様の現象が定期的に観測されている。

<参照>
Chandra :: Photo Album :: Sagittarius A* :: January 5, 2015
http://chandra.harvard.edu/photo/2015/sgra/

Chandra detects record-breaking outburst from Milky Way's black hole
http://phys.org/news/2015-01-chandra-record-breaking-outburst-milky-black.html

<記事掲載元>
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/07sgra_flare/index-j.shtml

引用元: 【宇宙】天の川銀河中心「いて座A*」で起こった巨大X線フレア

天の川銀河中心「いて座A*」で起こった巨大X線フレアの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/24(水) 20:02:15.54 ID:???.net
若い恒星のエネルギーを吸い取り、弱らせる、太陽系外惑星WASP-18bの想像図(9月16日公開)。
NASAのチャンドラX線観測衛星で観測を行っている研究者たちは、地球から330光年の距離にあるWASP-18という恒星の活動レベルが低下し、実際の年齢よりもはるかに老化が進んでいるらしいことに気がついた。

実際にWASP-18はまだとても若く、その年齢は5億~20億年とされる。
これに対して、太陽の年齢は50億年ほどで、ちょうど中年に差し掛かったところだ。

WASP-18の早期老化は、その周りを公転する惑星に原因があるのではないかと考えられている。
この惑星WASP-18bは木星の10倍の質量を持ち、恒星から非常に近い軌道上を公転することから、“ホット・ジュピター”と呼ばれている。WASP-18bが公転に要する時間はわずか23時間足らずだという(木星の公転周期は約12年)。

このような惑星との近さが、どうやらWASP-18の先行きを暗くしているようだ。WASP-18bの重力によりWASP-18の磁場に歪みが生じている可能性が高く、その結果、X線放射とフレア生成の面で活動レベルが大きく低下し、実際の年齢よりも老化が進むことになったと見られている。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014092201

引用元: 【宇宙】恒星のエネルギーを吸い取る惑星

恒星のエネルギーを吸い取る惑星の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: バックドロップホールド(宮城県) 2013/08/18(日) 12:39:09.92 ID:ScOmz8Xe0 BE:1803882645-PLT(12001) ポイント特典

本文一部抜粋

1999年7月23日に打ち上げられたNASAのChandra X線観測衛星は、爆発した星や銀河団、ブラックホール周辺の物質といった、宇宙にある高エネルギーの場所から放射されるX線を検出するために特別に設計された望遠鏡だ。
このギャラリーを見て、Chandraが撮影に貢献した驚くべき画像の一部を楽しんでほしい。

続きはソースで
http://japan.cnet.com/news/society/35035911/

地球から63光年離れた位置にある系で親星の前を惑星「HD 189733b」が横切った時の写真
3

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/4a03350626e850adce92f8acf1008544/35035911_001.jpg
太陽のような赤色星が赤色巨星になって外層を放出するときの惑星状星雲の写真
4

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/9ba29845d1622a2ecae9d0775967a11d/35035911_002.jpg
銀河「4C+29.30」の中心にあるブラックホール周辺にたまった数百万度のガス等
5

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/2ed9ba02ba84e1bfc7848c225431e168/35035911_003.jpg
白色矮星が爆発して宇宙に物質を放出したときにできた残骸領域
6

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/e586c1cdf7085cbb8b8cf30d0167285a/35035911_004.jpg
小マゼラン雲の太陽と同じくらいの質量を持つ銀河系外の若い星
7

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/5cdf26d3c15ca9f6a7068b021da82e07/35035911_005.jpg
ケプラーの超新星(ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが1604年に発見した有名な爆発)の残骸
8

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/1d84defb352b62bb92f72683ff7f424d/35035911_006.jpg
球状星団「47 Tucanae」の中性子星観測
9

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/0b0d7969997c2d048cea30232a4d04f4/35035911_007.jpg
超新星残骸「W49B」
10

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/d58694473c8f6417ae4de97a40b88c74/35035911_008.jpg
大マゼラン雲の「スーパーバブル」
11

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/362755bca593d54de3a9449aff42b77d/35035911_009.jpg



【宇宙やべぇ】 X線観測衛星「Chandra」が撮影した写真の数々 【画像あり】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/06/16(日) 00:52:29.06 ID:???

わずか10年で眠りについたブラックホール

【2013年6月13日 NASA】
10年前に周囲のガス物質を旺盛に食べている様子が観測されていた巨大質量ブラックホールが、最近は大人しく眠っていることが観測から明らかになった。
------------------
1300万光年彼方にあり激しい星形成活動が見られる、ちょうこくしつ座銀河(NGC 253)の中心には、太陽の500万倍の超大質量ブラックホールがある。
2003年にX線天文衛星「チャンドラ」が、ブラックホールに吸い込まれていく物質が1000万度にまで熱せられ放射するX線を検出することで発見したものだ。

ところが2012年に、別のX線衛星「ニュースター」がチャンドラと同時観測を行ったところ、ブラックホールにはすでに物質が降着してない、つまりブラックホールは眠りについていることがわかった。

「ブラックホールは周囲の降着円盤から物質を吸い込み、食べ物がなくなったら眠りにつきます。
ですがこの銀河の中心にあるブラックホールの場合は、周囲で活発に星が作られている最中なのに眠ってしまったという珍しいケースなのです」(発表者の1人、NASAのAnn Hornschemeierさん)。

10年前に観測されたX線はブラックホールではなく別のものだったという可能性も残っており、チャンドラとニュースターの今後の観測で確かめられるだろう。
ブラックホールが再び目覚めるということもあるかもしれない。

***引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください***
_____________

▽記事引用元 AstroArts 2013年6月13日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/06/13blackhole/index-j.shtml

ちょうこくしつ座銀河NGC 253。オレンジ色の斑紋の部分が「ニュースター」がとらえた高エネルギーX線源。
中心部近くの青っぽい光点は「ニュースター」で見つかった超高光度X線源(ULX)。(提供:NASA/JPL-Caltech/JHU)
e33f4f3c.jpg

http://www.astroarts.jp/news/2013/06/13blackhole/galaxy.jpg



【宇宙】わずか10年で眠りについたブラックホール/NASAの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ