理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

チュパカブラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/03(火) 17:08:45.48 ID:???*.net
画像
http://image.dmm-news.com/media/1/e/1e2be2635bea37ed5973f4a704ad4e28af9785fe_w=666_h=329_t=r_hs=143e5a296a81bcebd5c4764ecaf01b1d.jpeg

1月中頃、南米、チリ中部のモンテ・パトリアにて、伝説のUMAチュパカブラの遺骸が発見されたとして、話題となっている。事件が起きた農場で働く農夫らによれば、遺骸はワイン貯蔵庫の藁の間に横たわっている姿で発見された。はじめコウモリの遺骸だと考えたが、近づいてよく見ると、コウモリにしては明らかに頭部が大きく、コウモリではないことに気づいたという。公表された写真を見る限り、確かにその頭部はまるで猿のように丸く、また鋭い牙を持っていることが確認できる。手足も発達しており、少なくともコウモリなどの鳥類でないことは明らかである。そしてこの遺骸を取り出して調べているうち、農夫の誰かがチュパカブラではないかと話しはじめたという。

チュパカブラとは、北米南部から南米にかけての農村部に古くから伝わる未確認動物(UMA)のひとつ。
スペイン語で「山羊の血を吸うもの」を意味する通り、農場で飼われる山羊を襲い、その血を吸い尽くすと言われる。その外観は目撃証言により様々だが、トカゲのような緑色の皮膚に鋭い爪と牙を持ち、背中には針のように尖った突起があるとされる。
カンガルーのような立ち姿で、強力なジャンプ力で飛び去る姿も目撃されている。

今回の発見を受け、近隣では既にチュパカブラが現れたとして恐怖が広がっている。
地元農夫の一人は取材にこう語っている。

「我々の生活は山羊の牧畜のうえになりたっているので、ここには多くの山羊がいます。またチュパカブラは山羊しか襲わないとも言われていますが、私たちの子供が襲われないと誰が保証できるでしょうか」

続きはソースで

(取材・文/X51)
http://dmm-news.com/article/913913/

引用元: 【UMA】南米チリの農場で未確認生物「チュパカブラ」の遺骸を発見か(画像あり)

【画像】南米チリの農場で未確認生物「チュパカブラ」の遺骸を発見かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/02(金) 20:14:37.87 ID:???0.net
 カリフォルニア州サンタバーバラは、全米で最も不動産が高い土地として有名だ。
美しい海岸、豪華な屋敷が立ち並ぶサンタバーバラで、優雅でヘルシーなライフスタイルを楽しむのがアメリカ人のステータスと言えるだろう。
しかし最近この風光明媚な街に不似合いな、奇妙な動物の死体が流れ着いたニュースを「Daily Mail」が報じている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5478.html

■海岸に「怪物」の死体が打ち上がる

 12月、サンタバーバラにひどい嵐が襲った。しかしその翌日には素晴らしい好天となり、多くの住民が海岸付近を散歩していたのだが、その時この茶色がかった死体がボートの残骸に混じって見つかったのだ。この死体が何なのか、またどこから来たのか、皆目見当がつかず、サンタバーバラの住民は困惑しているらしい。

 この「怪物」の死体に良く似たものが、2012年にサンディエゴで見つかった事がある。
右の写真はその時に、スノーボーダーのジョッシュ・メナード(19歳)さんによって、撮影された物である。

 ジョッシュさんによれば、「60センチほどで豚のようにずんぐりした胴体をしていた。
そして犬歯といったら、とにかくバカでかかったよ」と発見当時、興奮した面持ちで語っている。

■この動物の正体を推測する

推測1:謎の生物チュパカブラ
 南米や米国で死体や目撃情報の多い謎の生物チュパカブラ。「チュパカブラ」はスペイン語で「羊の血を吸う者」の意味だそうだ。
そして、この正体には諸説あり、コヨーテとオオカミの雑種、皮膚病にかかったコヨーテ、米国政府が実験で作り出した新しいハイブリッドミックスの生物、何と宇宙人説まである。

推測2:養豚場から流れ着いた豚の死体
 サンタバーバラ、サンディエゴともに、死体は嵐の後に海岸で見つかっている。
そのため、養豚場の豚が嵐で流されたという説は、もっともらしく聞こえる。しかし、写真の鋭い爪や牙はどう見ても豚ではない。

推測3:秘密組織の行う闘犬(ピットブル)の死体
 この死体は犬、種類はピットブルではないかという意見も多い。実のところプエルトリコ、メキシコ、もしくはその地域に隣接する米国の海岸ではよくピットブルの死体が見つかっている。
一説によればそれらの地域では、ギャング組織が秘密裡に闘犬を行っていて、闘いで死んだ犬は海に捨てられるのだという。その一部がカリフォルニアの海岸に流れ着くということだ。

続きはソースで

(文=美加リッター)

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201412_post_5478.html

※閲覧注意
画像
http://s.eximg.jp/exnews/feed/Tocana/Tocana_201412_post_5478_1.JPG

引用元: 【国際】 チュパカブラか? カリフォルニアの浜辺に謎の巨大牙を持った生物の死体が漂着(画像あり)

チュパカブラか? カリフォルニアの浜辺に謎の巨大牙を持った生物の死体が漂着(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ハイキック(チベット自治区) 2013/07/31(水) 02:43:55.53 ID:FVzwJmdwT● BE:236373252-PLT(12554) ポイント特典

http://commonpost.info/?p=73291
伝説のUMA「チュパカブラ」か!?ベラルーシで正体不明の生き物の死骸が発見されて話題に!!
投稿日: 2013年7月31日 作成者: キルロイ 

7

主に南米でよく目撃される吸血UMA(未確認生物)「チュパカブラ」のような生き物が、南米から遠く離れたベラルーシで発見されて話題となっています。農場で現地の人々に仕留められた謎の生物をご覧ください。

ベラルーシで発見されたこの生物は、ハイエナ、キツネ、タヌキ、犬などに似た特徴を持っていますが、その種類までを特定できない不思議な姿をしています。

南米でよく目撃される吸血UMA「チュパカブラ」との類似点が多く、地元の獣医によると牛などに噛み付いて血液を吸っていたとのこと。その後、地元のハンターに仕留められ、死体だけが残ったといいます。

獣医は、直感から不気味なこの生物の死骸を燃やして処分するといいます。

不思議な姿をした生物は、ベラルーシの隣国ウクライナでも昨年発見されています。

このとき発見された生き物の死骸は、生物学者へと送られて調査が行われました。「放射能により突然変異したキツネ説」や「ソ連が開発したキメラ動物説」なども囁かれましたが、ウクライナの生物学者によると、その正体は第二次世界大戦前の1939年に、ソ連の農場で飼育されていたタヌキが野生化したものだといいます。


画像はこちら
http://commonpost.info/wordpress/wp-content/uploads/2013/07/0.jpg 
http://commonpost.info/wordpress/wp-content/uploads/2013/07/1225.jpg 


伝説のUMA「チュパカブラ」か!?ベラルーシで正体不明の生き物の死骸が発見されて話題に!!の続きを読む

このページのトップヘ