理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

テロ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/15(日) 15:50:10.28 ID:CAP_USER9
 2020年東京五輪・パラリンピックのテロ対策として東京消防庁は今月、新たな救命止血帯「ターニケット」を全ての救急車に導入した。想定するのは手足切断のような大けが。大事故や災害での活用も考えており、担当者は「素早い止血でより多くの命を救えるようになる」と話す。

 ターニケットは、環状になったバンドに腕や足を通して締め上げるだけで止血できる仕組みで、従来の包帯状のものに比べて時間を短縮できる。米軍も採用しているという。同庁の職員が試すと、従来の止血帯は巻くのに約60秒かかったのに対し、ターニケットは約25秒でできた。

 救急医療に詳しい杏林大学の山口芳裕教授(救急医学)によると、13年4月の米ボストン・マラソンの爆破テロでは、救急隊員らに加え居合わせた市民も素早く止血の処置をとったため、犠牲者の数を抑えられたという。

続きはソースで

残り:355文字/全文:786文字
http://www.asahi.com/articles/ASK9Q5D5HK9QUTIL030.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171012001074_comm.jpg
ダウンロード


引用元: 【医療】素早い止血で命救え 東京都、全救急車に新救命止血帯……従来60秒、新25秒

素早い止血で命救え 東京都、全救急車に新救命止血帯……従来60秒、新25秒の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/05(日) 23:52:26.75 ID:???0.net
安全保障の専門家は、イスラム系過激派グループのISISが生物兵器としてエボラを使う用意があると警告しています。
そして不幸なことに、エボラは生物兵器として開発する労力も不要なのです。

ISISなどは西アフリカで故意に自分自身を感染させ、そして発達した航空網を使うことで全世界のどこにでも致命的なウィルスを簡単に運搬できます。
米国のシム・アルカス氏(国家安全の専門家)は言います。
「テロ組織は運び屋として人間を使用するだけなのです。」
「感染すれば、あとは移動するだけなので難しいことはありません。
 ISISが実行を決定すれば、少数人をエボラ流行地に派遣するでしょう。
 そうすれば後は”選りすぐった都市”に彼らを渡航させれば言いのです。」


http://www.forbes.com/sites/brucedorminey/2014/10/05/ebola-as-isis-bio-weapon/

引用元: ISISがエボラを生物兵器として使う可能性…「自分を感染させれば後は移動するだけ、実に簡単。」

【戦慄】ISISがエボラを生物兵器として使う可能性…「自分を感染させれば後は移動するだけ、実に簡単。」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/11(水) 12:23:34.27 ID:???

米ボストン(Boston)マラソン爆破事件の後、より多くの情報を得ようとして1日に6時間ほどメディアを視聴した人は、実際に事件現場にいた人よりも強い心理的外傷を受けたとする米研究報告が9日、発表された。

 米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)で発表された研究は、デジタルメディアや従来の媒体が報じた、ボストンマラソンでの惨劇を繰り返し視聴したことにより受けたと考えられる、心理的な影響について多くの問題を提議した。
ボストンマラソンでの事件は、2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件以降、米国で起きた初の大規模な爆発事件となった。

 研究は、2013年4月15日の事件発生から4日後の19日に容疑者の身柄が拘束された後に行われた調査を基にしている。
調査では米国の成人4675人が対象となった。事件では、容疑者兄弟のうち、兄のタメルラン・ツァルナエフ(Tamerlan Tsarnaev)容疑者が逃走中に死亡しているため、弟のジョハル(Dzhokhar Tsarnaev)容疑者(当時)のみが逮捕されている。

 ジョハル被告は、圧力鍋を利用した手製の爆弾を大会のゴール付近で爆発させた罪で起訴された。
この爆発で、3人が死亡、260人が負傷した。
負傷者の中には、爆風で体の一部が吹き飛ばされた人もいる。

564febc0.jpg

【12月11日 AFP】
http://www.afpbb.com/articles/-/3004854

PNAS
Media’s role in broadcasting acute stress following the Boston Marathon bombings
http://m.pnas.org/content/early/2013/12/05/1316265110.abstract



【心理】ボストンマラソン爆破事件報道の視聴、実際の経験より強い心理的影響か 米研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ