1: 2014/09/17(水) 06:56:55.99 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
理化学研究所の付英双(フ・インシュアン)国際特別研究員らによる研究グループは、トポロジカル絶縁体の表面に形成されるディラク電子の空間分布測定に成功した。

物質内部は絶縁体で表面は金属状態である物質をトポロジカル絶縁体と呼ぶ。
その表面には質量を持たない電子「ディラク電子」が存在し、スピントロニクス材料として研究が進められている。

*+*+ 財経新聞 +*+*
http://www.zaikei.co.jp/article/20140916/213969.html

引用元: 【社会】理研、質量のないディラク電子の空間分布を測定…スピントロニクス材料として研究が進む

理研、質量のないディラク電子の空間分布を測定…スピントロニクス材料として研究が進むの続きを読む