理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

トマト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/23(金) 00:07:36.08 ID:???.net
掲載日:2015年1月22日

 カゴメは1月22日、「ウェアラブルトマト」を開発すると発表した。

 同社は「東京マラソン2015」に協賛しており、同大会では「東京マラソン2015公認トマト」7万個をランナーへ提供する。

 トマトは疲労軽減や活性酵素を消去する効果など、ランナーにとって有益な効果があるとされるが、「携帯する難しさ」
という課題がある。今回のプロジェクトでは、アートユニット「明和電機」とカゴメが手を組み、走りながらトマトが補給できるウェアラブルデバイスの企画および開発を進めるという。

 開発中の「ウェアラブルトマト」は2月19日に開催される「東京マラソンEXPO2015」で発表されるほか、2月22日の大会当日には小型の「ウェアラブルトマト」を身に付けたランナーが走り、トマトの摂取実験を行う予定だ。

<動画>
ウェアラブルトマトプロジェクト開発編 | トマトもウェアラブルする時代へ! | Wearable Tomato Project Developing Ver. - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RtM3x3rCK9M



<参照>
カゴメ株式会社 > 企業情報 > ニュースリリース > 2015年 > 走りながらトマトが補給できるデバイス
『ウェアラブルトマト』開発プロジェクト始動!~東京マラソン201
http://www.kagome.co.jp/company/news/2015/01/002121.html

<記事掲載元>
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/22/462/

引用元: 【ウェアラブル】トマトを身に付ける時代が来た? - カゴメがウェアラブルトマトの開発を発表

トマトを身に付ける時代が来た? - カゴメがウェアラブルトマトの開発を発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 名無しさん 2014/04/21(月)21:08:12 ID:u40v7hfj1

ある?


引用元: 農業のこと少し詳しいけど質問ある?


農業のこと少し詳しいけど質問ある?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 04:24:02.70 ID:???.net

■トマト、香りで助け合い 害虫の危機伝達 京大など解明 [14/04/29]

 害虫に食べられた仲間が発する香りの成分を取り込んで、自分の体のなかで害虫を減らす毒に作りかえる。そんな巧妙な仕組みでトマトが危険から身を守っていることを、京都大や山口大のチームが解明した。植物の抵抗力を生かした新タイプの農薬の開発につながる可能性がある。
米科学アカデミー紀要電子版で29日発表した。

 植物が食害にあうと、そのまわりの株が害虫への抵抗力を増す現象はいくつかの種で報告されているが、理由はよくわかっていなかった。

続きはソースで
http://www.asahi.com/articles/ASG4X5GYYG4XPLBJ008.html
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140428004429.html

Abstract
Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals
a mode of plant odor reception and defense
http://www.pnas.org/content/early/2014/04/23/1320660111.abstract
~~引用ここまで~~



引用元: 【植物】トマト、香りで助け合い 害虫の危機伝達 京大など解明 [14/04/29]


【すごい!】トマト、香りで助け合い 害虫の危機伝達 京大など解明 [14/04/29]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/20(水) 23:39:24.86 ID:???

花粉を受粉させなくても、放っておくだけでしっかりとした実を結ぶ新タイプのトマトを、筑波大などの研究チームが開発し、19日発表した。
品種として広まれば、ハウス栽培の際にハチを使って受粉させたり、花に植物ホルモンを吹きかけたりする作業が不要になり、トマト農家の省力化に役立つという。

 受粉なしで実がなる品種は、キュウリなどではすでに実用化している。
トマトでは、実が割れやすかったり、柔らかすぎたりするものが多く、農家に広く普及するには至っていない。

 そこで、研究チームは人工的に作り出した1万種類を超す突然変異株の性質を調べ、新タイプのトマトを見つけ出した。
十分な品質の実ができることを確認。
受粉なしで実をつける性質を生む新たな遺伝子の変異も特定した。
共同研究を進めるカゴメ、理化学研究所とともに11月上旬、特許を出願した。

 江面浩・筑波大教授は「今回の研究成果を生かせば、将来、メロンなどの作物についても、受粉が不要な新品種づくりに応用できるだろう」と話している。

f2185bba.png

朝日新聞 2013年11月20日10時00分
http://www.asahi.com/articles/TKY201311190444.html

筑波大学プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/p201311191400tom.pdf



【農学】新型トマト、受粉なしでOK 筑波大など開発の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ