理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

トヨタ自動車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: メンマ(家) 2013/11/06(水) 16:00:47.56 ID:E+5B54wXP BE:575390742-PLT(22223) ポイント特典

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-11/06/content_30515040.htm
シンガポール紙「聯合早報」の公式サイトは11月6日、トヨタ自動車が運転手の気持ちによって車体の色が変わるコンセプトカーを開発していると報じた。
同車には、運転手の表情を察知したうえで、目的地を提案したり、ほかの車両との通信を通して安全な走行距離を確保するなどの機能があるという。

この「トヨタV-2」コンセプトカーは、今月中に開催される東京モーターショーに登場する予定で、まだ完成していない。
トヨタの商品企画部の森和糾夫経理は、「若いころからスマートフォンやiPadを使い慣れたデジタル時代の消費者をターゲットにしているまだ開発の早期段階にあり、車が察知できる気持ちの確定が難関である」と語った。


no title

http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20131106/001ec949c2cd13e42c8901.jpg



気持ちによって色が変わる車 トヨタが開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: スパイダージャーマン(宮城県) 2013/11/03(日) 17:51:23.30 ID:9E7j9oWp0 BE:4058735459-PLT(22236) ポイント特典

トヨタ自動車(Toyota Motor)のランドクルーザー(Land Cruiser)を7年かけて改造し、水陸両用車を作り上げたエストニアの機械技師、マイット・ニルソン(Mait Nilson)さん(44)が2日、世界各国の陸上と水上を走る旅に向けて首都タリン(Tallin)を出発した。

ニルソンさんのホームページ(www.amphibear.com)には「アンフィベア(Amphibear)」と命名されたこの乗り物の詳しい情報が記載されている。

普通の外観の四輪駆動車に取り付けられている大きな付属物を展開すると全長10メートルのボートになる。携帯トイレや調理用のこんろ、そしていかりも付いている。

ニルソンさんによると、アンフィベアは最良の気象条件ならば1日に120カイリ(約220キロメートル)航行することができる。

各行程は、気象条件が良いうちに終えられるように5日未満で移動できる距離に計画されているものがほとんどで、それぞれの行程に数人の副操縦士が参加する。

アンフィベアの陸上走行時の最高速度は時速110キロだという。

ニルソンさんは9か月かけてエストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロバキア、スロベニア、イタリア、フランス、スペイン、モロッコ、モーリタニア、セネガル、カボベルデ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、パナマ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、米国、カナダ、ロシアの各国を回り、水陸合わせて約6万キロを移動する予定だ。

9619b884.jpg

http://news.so-net.ne.jp/article/detail/890043/
http://news.so-net.ne.jp/photos/19/3002590/img_e3a4176f5ba92b28c0857c0ac26fd160988818.jpg



水陸両用車で6万キロの旅に出発 大西洋を渡れんのか?の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ