1: フォーク攻撃(三重県) 2013/12/15(日) 09:15:37.75 ID:fUV56/xh0 BE:1265790637-PLT(12005) ポイント特典

http://news.nicovideo.jp/watch/nw549106

加藤友朗(ともあき)。職業、外科医。人は彼を、“神の手”を持つドクターと呼ぶ―。

ニューヨークの大学病院で活躍する加藤医師は、最先端の臓器移植手術を数多く手がけるとともに、ほかの病院では「手術不可能」と診断されたがん患者を救ってきた。

■おなかの臓器を一度全部、外に出す!

彼の名を世界に轟(とどろ)かせた手術のひとつが、世界初の「多臓器体外摘出腫瘍切除手術」だった。

つまり、「もう切ることができない」と診断される場所にできた腫瘍を取り除くために、おなかの内臓をいったん全部、体の外に出して(当然、血管も全部切り離す)、腫瘍を取り除いた後、再び臓器をおなかの中に戻す(当然、血管も再び縫い合わせる!)という、「本当にそんなことができるのか!?」という手術である。

この手術は2008年、2009年と2人の患者(1人目は当時63歳の女性、2人目は当時7歳の女の子)に行なわれ、『ニューヨーク・タイムズ』、CNN、ABCといったアメリカの主要メディア、さらに世界中の報道機関が「日本人天才ドクターが世紀の大手術に成功!」と大々的に報じた。(その後、さらに2名の患者にも同様の手術を行ない、成功している)このたび、一時帰国した加藤医師に、その「奇跡の手術」について詳しく聞いてみた。

images (2)

(イカソース
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/13/kiji/K20131213007193510.html
「ドクターX」第8話22・5% 最終回で前シリーズ超えなるか



ドクターX 米倉涼子でも失敗する多臓器体外摘出腫瘍切除手術 なんと唯一日本人が成功してたの続きを読む