1: 2014/10/28(火) 16:27:31.39 ID:???0.net
◆ミューズVSキレイキレイ、サランラップVSクレラップ...危ないのはどっちだ?

〈カラフルでぷにぷにとした感触のジェルボールを、ただポイっと投げ込むだけ、驚きの洗浄力──!!〉

今年4月の発売以来、その便利さと可愛らしい外見から、順調に売上を伸ばしている"第3の洗剤"こと「アリエールパワージェルボール」「ボールドぷにぷにっとジェルボール」。
発売元のP&Gジャパンは過去10年間で最高の成長率を記録したといい、奥山真司社長も「ジェルボールが売上に貢献した」と評したほどだ。

しかし発売からわずか2ヵ月半の7月末に乳児の誤飲事故が相次いでいることが発覚。
さらにマイナビニュースによると、10月にはアメリカの小児眼科学会が機関誌で「ジェルボール洗剤が子供の目に入ると重大な角膜損傷につながる危険性がある」と発表した。

同誌では、実際にジェルボール破損により結膜炎や角膜の損傷した子どもや、誤飲により呼吸困難や嘔吐などで受診した子どもがいたことを明かしている。

当然のことながら、商品のプラス面しか言わないCMからは、そのようなことはわかるはずもない。ではほかの商品はどうか。
ドラッグストアに行けば同じような商品がズラリと並び、何が安全で何が危険なのか、成分表示はあれど素人にはわかるわけもない。

消費者は一体何をどう選べばよいのか。
そこで、日用品の実名をあげ成分表示や効果・副作用を徹底解説、同じ用途の商品を比べどちらがより安全かセレクトしてくれる
『使うなら、どっち!?』(渡辺雄二/サンクチュアリ出版)から、いくつかピックアップしてみよう。

まずは風呂掃除に欠かせない風呂用洗剤のメジャー商品
「バスマジックリン 泡立ちスプレー」(花王)と「おふろのルック」(ライオン)。
見た目も似ていることから正直どちらでもいい気がして、ドラッグストアで安くなっているほうを選びがちではないだろうか。
しかし、成分は全く違うのだ。

「ルック」の成分表示に記載されている、界面活性剤の〈直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム〉。
これは「現在使用されている合成界面活性剤の中でも毒性が最も強い」といい、「人が誤飲すると、量によっては死亡する可能性がある。
過去の実験では、催奇形性(胎児に障害をもたらす毒性)を疑わせる結果が得られている」と恐ろしい文言が並ぶ。

一方の「マジックリン」にも界面活性剤の〈脂肪酸アミドプロピルベタイン〉が含まれているが「皮膚や目に対する刺激性が弱いのが特徴」で「環境汚染も起こしにくいと考えられる」という。
言うまでもなく「使うなら、こっち」には「マジックリン」が選ばれている。

家庭の必需品である衣類洗濯用洗剤はどうだろう。
頻繁にCMが流れている「ウルトラアタックネオ」(花王)には、「魚に対して毒性が強いことが確認されている」という、界面活性剤の〈高級アルコール系(非イオン)〉(別名:ポリオキシエチレンアルキルエーテル)が含まれており、「ボールド」(P&G)も同様だ。

写真:『使うなら、どっち!?』(サンクチュアリ出版)
http://image.news.livedoor.com/newsimage/2/6/26f4b_1428_f94a3228_41de14ae.jpg

LITERA/リテラ 2014年10月28日8時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/9405445/

>>2以降に続きます。

引用元: 【LITERA】ドラッグストアに売られている商品の成分表示や効果・副作用を徹底解説

ドラッグストアに売られている商品の成分表示や効果・副作用を徹底解説の続きを読む