1: 2014/08/05(火) 17:29:08.04 ID:???.net
今年3月のジュネーブモーターショーに出展されて話題になった「ナノフローセル(nanoFlowcell)」社開発の塩水を循環して発電するEV、「クアントeスポーツリムジン」が欧州でいよいよ公道テストを開始するそうです。

7月22日にドイツ バイエルン州の認証機関から公道の走行許可を取得、今回、ドイツ及び欧州の公道を使った走行試験が可能となったもの。

「ナノフローセル」社はリヒテンシュタインに本拠を置くベンチャーで、同車の開発にはBOSCH社も参画している模様。

FCV(燃料電池車)が水素を使って発電するのに対して、このEVは2層のタンクに充填した2種の塩水溶液の酸化還元反応を利用して発電するのが特徴。

全長が5mを超える大型4シーターモデルで、心臓部には発電用の「ナノフローセル(nanoFLOWCELL)」を搭載。
航続距離600kmを実現しています。

続きはソースで

http://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/08/QUANT-e-Sportlimousine_05.png
http://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/08/QUANT-e-Sportlimousine.jpg
http://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/08/QUANT-e-Sportlimousine_14-300x226.png
http://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/08/QUANT-e-Sportlimousine_02-300x166.png
http://clicccar.com/2014/08/05/263862/

ナノフローセル社ウェブサイト
http://www.nanoflowcell.com/#home

引用元: 【EV】塩水で走る電気自動車が公道テストへ

【EV】塩水で発電する電気自動車が公道テスト開始!の続きを読む