理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

ニューホライズンズ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/09(木) 12:00:28.49 ID:???*.net
■ハートの形くっきり 冥王星に米探査機が接近中

ダウンロード (1)

 米航空宇宙局(NASA)は8日、接近中の無人探査機ニューホライズンズが約800万キロの距離から撮影した冥王星の画像を公開した。地表に横幅が約2千キロに及ぶ巨大な白っぽいハート形の地形があるのが見える。

 到着を目前にして突然休止状態になるトラブルから復帰した直後の7日に撮影した。ニューライズンズは14日に同じ側の地表から約1万2500キロ上空を猛スピードで通り過ぎる予定。NASAの研究者は「これより500倍も詳細な画像が撮影できるはずだ」と期待している。

続きはソースで

(ワシントン共同)

http://www.sankei.com/photo/daily/news/150709/dly1507090011-n1.html

画像
無人探査機ニューホライズンズが7日に撮影した冥王星の画像。地表に白っぽいハート形の地形(右下)が見える(NASA提供)
http://www.sankei.com/photo/images/news/150709/dly1507090011-p1.jpg
http://www.sankei.com/photo/ 産経フォト (2015.7.9)配信


引用元: 【宇宙】ハートの形くっきり 冥王星に米探査機が接近中(画像あり)

ハートの形くっきり 冥王星に米探査機が接近中(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/07(火) 12:44:27.37 ID:???.net
通信トラブルも回復 ニューホライズンズの冥王星接近まで1週間 - アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/07/06newhorizons/index-j.shtml

画像
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/07/06newhorizons/attachments/map.gif
望遠撮像装置「LORRI」による白黒の観測データに可視光・赤外線撮像装置「Ralph」によるカラーデータを合成して作成された冥王星の自転の動画(提供:NASA/JHUAPL/SWRI、以下同)
(オリジナルのアニメーションはファイルサイズが巨大なため、リサイズして3MBにしてある)

http://www.astroarts.co.jp/news/2015/07/06newhorizons/attachments/rotation.gif
冥王星とカロンの動画。6月下旬に距離2400万~1800万kmのところから撮影。冥王星だけでなく衛星カロンの色や模様も見える

http://www.astroarts.co.jp/news/2015/07/06newhorizons/attachments/map.jpg
冥王星とカロン。囲み内は冥王星の拡大。7月1日に距離1600万kmから撮影


ニューホライズンズの観測による冥王星や衛星カロンの動画が公開され、その表面の特徴や色が明らかになりつつある。そんな中、冥王星最接近まで10日と迫った7月4日にニューホライズンズに異常が発生した。現在は通信が回復し、今後の探査は予定通り行われるとのことだ。

探査機「ニューホライズンズ」の観測によるカラー画像で、冥王星の赤っぽい茶色のようすがはっきりしてきた。この色は大気や地表のメタンに宇宙線や太陽からの紫外線が作用して生じた炭化水素分子によるものとみられており、暗いところほど赤みが強いようだ。

そのニューホライズンズに先週4日、地球との通信ができなくなる異常が発生した。

続きはソースで

no title


引用元: 【天文学/宇宙開発】通信トラブルも回復 ニューホライズンズの冥王星接近まで1週間

通信トラブルも回復 ニューホライズンズの冥王星接近まで1週間の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/17(金) 18:06:51.73 ID:???.net
冥王星まであと3か月、探査機撮影のカラー写真を公開 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000007-wordleaf-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggrcVcb3DejRgBcVq1xzzoPg---x600-y386-q90/amd/20150416-00000007-wordleaf-000-4-view.jpg
[写真]ニューホライズンズが撮影した冥王星とカロンの画像(提供:NASA/JHU APL/SwRI)


 NASAの冥王星探査機「ニューホライズンズ」が撮影した冥王星と衛星カロンのカラー画像が公開されました。この探査機は、今年7月に冥王星に接近して、冥王星の大気や表面の様子を探査するほか、カロンの大気の有無などを調べます。

 「ニューホライズンズ」は2006年1月に打ち上げられました。カラー画像を撮影した今月9日時点で、「ニューホライズンズ」から冥王星までの距離は約1億1500万km。地球から太陽までの距離(約1.5億km)よりも近いのですが、この距離から撮影しても冥王星とカロンは単なる明るい点のようにしか写っていません。それでも今年1月25日に撮影された画像と比べると、近づいていることを実感させる画像になっています。

 「ニューホライズンズ」は9年半の旅の末、今年7月14日に冥王星の表面からわずか1万2500kmにまで最接近します。計画が始まった2001年には見つかっていなかったほかの「ニクス」「ヒドラ」「ケルベロス」「ステュクス」という4つの衛星を調査するほか、ほかにも衛星がないかどうかを探す予定です。

 冥王星を通り過ぎた後にも、太陽系外縁天体を探査する計画になっています。太陽系外縁天体というのは、海王星の外側を周る天体のことです。この「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる領域に集う小天体は近年になって次々と発見されていますが、太陽~地球の数十倍という太陽系の果てにあるため、それらの性質についてはまだまだわからないことだらけです。

 プロジェクトチームのHal Weaverさんは「この歴史的ミッションから得られた成果で、私たちは教科書を『書き換える』のではありません。一から書き起こすのですよ」と話しています。

 冥王星は1930年2月18日に発見されました。探査機には、冥王星の発見者である天文学者クライド・トンボーの遺灰も収められています。

00


(監修:アストロアーツ(http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/16pluto/index-j.shtml))

引用元: 【宇宙開発/天文学】冥王星まであと3か月、探査機(ニューホライズンズ)撮影のカラー写真を公開

冥王星まであと3か月、探査機(ニューホライズンズ)撮影のカラー写真を公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/05(木) 13:23:57.30 ID:???*.net
米無人探査機、冥王星を接近撮影
【日本経済新聞】 2015/2/5 11:17

NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」が1月末に撮影した冥王星(下の点)と衛星カロン(上の小さな点)の
画像=NASA提供・共同

【ワシントン=川合智之】米航空宇宙局(NASA)は4日、無人探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に近づいて初めて撮影した写真を受信したと発表した。写真には最大の衛星「カロン」とともに輝く星の姿が映し出されている。

写真を撮影したのは1月25日と27日で、冥王星から約2億キロメートル離れた地点。探査機は2006年の打ち上げ後、時速5万キロメートルで冥王星に近づき、地球から約48億キロメートル離れた地点にたどり着いた。

探査機が冥王星に最接近するのは7月14日の予定。それまで数百枚の写真を撮り、大気や地表の様子などを詳しく観察する。

ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H0H_V00C15A2EAF000/

関連ソース:
NASA無人探査機 冥王星を撮影 | NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150205/k10015233541000.html

プレスリリース:
NASA Spacecraft Returns New Images of Pluto En Route to Historic Encounter
http://www.nasa.gov/press/2015/february/nasa-spacecraft-returns-new-images-of-pluto-en-route-to-historic-encounter/

画像
http://www.nasa.gov/sites/default/files/15-018_0.jpg


引用元: 【科学】NASA無人探査機「ニューホライズンズ」、冥王星を接近撮影 [15/02/05]

NASA無人探査機「ニューホライズンズ」、冥王星を接近撮影の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/20(月) 22:58:07.18 ID:???.net
2015年7月に冥王星に接近する予定のNASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。
その観測対象に、ハッブル宇宙望遠鏡により発見された3つのカイパーベルト天体(巨大彗星)が加わる可能性が出てきた。

カイパーベルトとは海王星軌道の外側を周回する天体が集まってできたリング状の領域であり、これまで宇宙船がそこを訪れたことはない。冥王星はカイパーベルトのなかでも特に大きな天体の1つとされている。

カイパーベルト天体は、46億年前の太陽系形成期の様子を今に残すものだと考えられている。
特定済みの3つのカイパーベルト天体(上のCG画像はそのうちの1つ)は、ニュー・ホライズンズが冥王星(かつては惑星とされていた)に接近した後に通過する領域に位置していると見られる。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014102001

引用元: 【宇宙】ニュー・ホライズンズの新ターゲット

ニュー・ホライズンズの新ターゲットの続きを読む

このページのトップヘ