理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ネット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/26(月) 16:58:53.85 ID:CAP_USER
25日放送の「林先生が驚く初耳学!SP」(TBS系)で数学者の森重文氏が、小学校教師の算数に対する指導を一刀両断した。

番組では、MCの林修氏が選んだ今年の10大ニュースのひとつに、11月にネット上で大論争に発展した小学校の算数の答案用紙を取り上げた。ネット上で話題となったのは、「3.9+5.1=」という小学校3年生で習う小数の問題。児童が「9.0」と解答したところ「9.0」の「0」に斜線が引かれて減点され、「9」とするのが正しいと指導がなされていたのだ。

林氏は「相当大きな問題だと思っています」と指摘し、指導する教師が数学の本質を分かっていない可能性がある、とその適性を疑問視した。

林氏はこの問題に決着をつけるべく、高校の先輩でかつて数学の権威であるフィールズ賞を受賞したことのある森氏のもとを訪れた。森氏は小数の「9.0」の解答について「出来るだけ簡潔な表現をしろ」という条件付きならば減点はあり得るとしながらも、条件なしでの減点はないと断言。森氏は「(9.0で)何がいかんのだ?という感じ」だと、その採点に首をかしげた。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12464340/
ダウンロード


引用元: 【算数】数学界の重鎮がかけ算の順番問題に言及「減点はとんでもない話」 ©2ch.net

数学界の重鎮がかけ算の順番問題に言及「減点はとんでもない話」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/25(水) 22:17:24.28 ID:???0

12月25日16時40分頃、東京上空に不思議な白い物体が5体出現し、目撃者が続出、その写真をネット上に投稿するなどして、一部で騒がれる事態があった。

偶然にもその瞬間情報をキャッチできた編集部では、ベランダから急いで東京方面を確認してみた。
すると確かに、情報どおり目視で5体が確認できた。

埼玉方面から現れた1体はカメラの反応が悪く、うまく撮影することはできなかったが、隊列を組んだ3体、そして東京湾上空を飛んでいた1体は写真撮影に成功した。

また、後で写真で確認してみたところ、肉眼では気がつかなかったもう1体を富士山左手上空に確認できた。
つまり計6体がその時間、東京上空あたりにいたことになる。

この白い物体だが、筆者は最初隕石か、雲の変形かと眺めていた。
もしくは飛行機か。

ただ、移動速度がやけに遅いことと、スカイツリー上空あたりにあった3体は約10分ほどの時間をかけ、綺麗な一列の隊列を作り、その後山梨方面へ消えていったことなどから、どうも飛行機やヘリコプターなどの類ではなさそう。

そして、雲にしてはこの白い流線状を維持したまま、長距離移動しつづけているというのもなんだか不思議な気もする。

とはいえ、結果、これがなんなのかは全くわからない。
もしかするとUFOかもしれないし、フィンランドへ帰る「サンタクロース」が寄り道したのかもしれない。
それに、たまたま飛んでいた飛行機という可能性もやはり否定できない。

★写真
2ce28c7a.jpg
10

http://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2013/12/379e5e31615f716324877ba0ab87b3cc.jpg
http://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2013/12/8478f2b3d24ec6fdaf4f7e3610d93d7b-300x219.jpg

http://otakei.otakuma.net/archives/2013122505.html



東京上空にUFO出現!?写真に捉えられるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: sin+sinφ ★ 2013/12/12(木) 23:46:22.74 ID:???

ネット上で取り引きされる仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」
10月2日には123ドルだった終値が12月4日には1230ドルと、10倍以上の価値が出る値動きを見せている。
世界中から投機対象となっているBitcoinだが、サイバー犯罪者も熱い視線を向けているようだ。
セキュリティ会社のトレンドマイクロによると、Bitcoinを発掘する不正プログラムの被害が世界的に確認されていて、これまでに日本でも3000台のPCが感染しているのだという。

Bitcoinは発行元となる運営会社を持たず、P2Pのシステムにより運営されている点が特徴。
P2Pベースであるため低いコストで取り引きでき、取引の匿名性が高くなっている。
P2PベースのBitcoinの処理を支えるのが「マイニング(発掘)」という仕組み。
取引に必要な計算に協力した対価として、Bitcoinを獲得できるというものだ。
このBitcoinのマイニングが攻撃者に悪用されていると、トレンドマイクロは指摘している。

具体的な攻撃手法としては、外部から侵入したPC上でBitcoinマイニング用ツールをインストールしたり、不正プログラム自身がBitcoinマイニングの処理を行って金銭利益を得るという。
トレンドマイクロが被害傾向を調査したところ、過去3カ月でBitcoin発掘不正プログラムに感染したPCは世界で1万2213台に上り、国別の内訳では日本(24%)と米国(21%)がとりわけ多く、 世界の感染台数の4割以上を占めていた。

PCに感染した不正プログラムは、Bitcoinを発掘するためのツールを外部のサイトよりダウンロードする。
このとき、発掘の成果は攻撃者に届くよう設定される。
つまり、攻撃者によって、ユーザーのPCリソースが盗用されているわけだ。
Bitcoinの発掘には非常に多くのCPUパワーが必要なため、攻撃者の視点で考えれば、性能の高いPCを使用しているユーザーを狙う方が効率的だ。
トレンドマイクロは、「標的とすべき性能の高いPCを使用している可能性が高い国として、日本が狙われている」と推測している。

Bitcoinで一儲けをたくらんでいる攻撃者はそのほかの手段も講じている。
11月には最大規模のBitcoin取引所サイト「Mt.Gox」を装ったフィッシングサイトが確認された。
12月にはファイヤーウォールや検閲を回避するソフトが、ユーザーに無断でBitcoinを発掘していたことも発覚した。
このソフトはEULA(ソフトウェア利用許諾書)に「プログラムを走らせた際の数値計算の結果による手数料などは弊社に帰属する」という一文を入れたうえで、堂々と発掘していたことも付け加えておく(関連記事:YourFreeProxy、ツールバーが裏でBitcoinを発掘していたことが発覚)。

イメージ:
Mt.Gox取引所が公開しているBitcoinの価格推移
70d7b57d.png

http://techcrunchjp.files.wordpress.com/2013/12/bc00.png
過去3カ月におけるBitcoin発掘不正プログラムの国別感染割合(トレンドマイクロ公式ブログより)
9e54cf34.png

http://techcrunchjp.files.wordpress.com/2013/12/bc02.png

ソース:世界最大の感染国は日本、Bitcoin発掘不正プログラムの狙いは高性能PC
http://jp.techcrunch.com/2013/12/10/bkdr%E2%92btmine/

関連:
YourFreeProxy、ツールバーが裏でBitcoinを発掘していたことが発覚
http://jp.techcrunch.com/2013/12/02/20131201yourfreeproxy-is-caught-installing-a-toolbar-that-mines-bitcoin-on-the-sly/
Mt.Gox、「Bitcoinとは何か」を説明するサイト、Bitcoins.comを立ち上げる
http://jp.techcrunch.com/2013/11/29/20131128mt-gox-launches-bitcoins-com-to-explain-what-the-heck-a-bitcoin-is/



【IT】世界最大の感染国は日本、Bitcoin発掘不正プログラムの狙いは高性能PCの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ