理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

ノート

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/03(水) 12:32:38.78 ID:???.net
2014年12月2日ニュース「研究倫理で『科学者の心得』暫定版公表」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141202_02.html


科学をめぐるさまざまな不正が相次ぐなか、研究倫理プログラムの基軸となる待望の本がまとまった。日本学術振興会「科学の健全な発展のために」編集委員会(委員長・浅島誠東京大学名誉教授)が作成し、その暫定版を11月28日に公表した。実験ノートの付け方や、研究費の適正な使い方などのエッセンスを書いており、科学者が心得ておくべき基本を示した。規定集とは異なる「研究のバイブル」のような内容である。来年3月には、研究現場で活用できるよう出版する。
また、英語版も出して、研究不正を繰り返さない姿勢を世界に発信する。

編集委員会は、研究倫理の専門家や法学者らも含め13人が加わり、日本学術会議や科学技術振興機構、各大学の有識者らが協力し、文部科学省が助言した。海外での共同シンポジウムの議論や各国の取り組みも参考にした。日本のアカデミアが挙げて作成した形になった。「科学の発展には研究の自由が大切」の視点を貫きつつ、研究倫理の実践論を提示した。

第1章「責任ある研究活動とは」から第8章「社会の発展のために」まで115ページからなり、研究計画の立て方、研究の進め方、成果の発表、研究費の適切な使用などを記述している。ラボノートの記載事項や方法、管理、論文の著者になる資格や謝辞の必要性まで丁寧に示している。その通りに実施すれば、現在の慣行はかなり見直されることになる。研究不正の定義や、ねつ造、改ざん、盗用を例示して、出典の明示も求め、科学者の責任の自覚を促している。対象は自然科学だけでなく、人文学や社会科学まで幅広く含めた。

続きはソースで

引用元: 【科学倫理】研究倫理で『科学者の心得』暫定版公表

『科学者の心得』暫定版公表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/24(金) 20:48:21.30 ID:???.net
【10月23日 AFP】ニュージーランドの民間団体、南極歴史遺産トラスト(Antarctic Heritage Trust、AHT)はこのほど、約100年前に南極点に到達するも、その帰路で遭難・死亡した英ロバート・スコット(Robert Scott)探検隊のメンバーが残したノートが発見されていたことを明らかにした。当時の状況などについて、非常に詳しい記述がなされているものだという。

ノートはスコット探検隊に参加していた科学者ジョージ・マレー・レビック(George Murray Levick)のもので、1911年に南極大陸に上陸した際の基地に残されていた。周辺の氷が解けたことで昨年になって発見された。
ノート書き込まれていたのは日付や気候など日常的な事柄だが、撮影した写真についての説明も含まれていた。また、書かれた文字は現在でも判読可能だが、長年にわたって凍結状態にあったことから、装丁は崩れていたという。

探検隊の最期を明らかにしようと、7年にわたって調査を続けてきた同トラストのナイジェル・ワトソン(Nigel Watson)理事長は、「公式記録に書かれていなかった事実を明らかにするものだ」と新たな発見についてコメントした。
南極大陸に到着した同探検隊は、2つのグループに分かれた。南極点初到達を目指したスコットのグループは、1912年1月17日、ノルウェーのロアール・アムンゼン(Roald Amundsen)隊から遅れること1か月、ようやく南極点に到達した。

スコット隊はその帰路で全員が遭難死している。
一方、科学的観察を行いながら沿岸を進んだレビックらの別のグループは基地に無事に帰還したものの、氷に行く手を阻まれて身動きが取れなくなり、スコットらの救助に向かうことができなかった。
南極歴史遺産トラストはこれまでにも、英探検家アーネスト・シャクルトン(Ernest Shackleton)の探検隊が1908年に南極点を目指した際に持参したウイスキーのボトルが入った木箱や、1914年~17年の探検の際にロス海(Ross Sea)で紛失した写真のネガを発見している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3029731

引用元: 【考古学】南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶり

南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶりの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/11(日) 12:38:35.90 ID:???0.net

小保方氏側「ネット科学」に苦言
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/05/10/0006946719.shtml

STAP細胞の論文問題で、理化学研究所・小保方晴子氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は9日、一部を公開した小保方氏の実験ノートの記載内容がネット上などで誹謗中傷を浴びていることに改めて反論した。

 7日に一部を公開した実験ノートの記載内容に関しては、マウスの手書き図面や、ハートマークの記載などが、意図せぬ形で注目された経緯がある。
 三木弁護士は「あれだけがノートと勘違いされている気がする。(研究不正の否定材料として)肝心なところだけを抜き書きしただけなのに『なんだこれは?』の議論が出ているのは本意ではない」と語った。

続きはソースで



引用元: 【STAP問題】小保方リーダー側「ネット科学」について苦言


【STAP問題】小保方リーダー側「ネット科学」について苦言の続きを読む

このページのトップヘ