理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

ノートPC

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/09(金) 14:08:42.48 ID:???0.net
カフェでのノートPC・スマホ利用はオフラインでも危険、特定のCPU演算が情報を漏らすことを研究者らが発見
【Impress Watch】 (2015/1/9 11:46)

カフェなどでノートPCを開くと、オフライン状態でも情報の盗み取りは可能。パスワードを盗むことすらできる――。こうした情報漏えいを、ハードウェアやプロセッサの設計、ソフトウェア開発の工夫で防ぐための計測方法を米国の研究者らが開発し、提案している。

この研究は、米国アトランタ州のジョージア工科大学の大学院生であるRobert Callan氏、准教授のAlenka Zajic氏とMilos Prvulovic氏が、昨年12月に英国ケンブリッジで開催されたシンポジウム「47th Annual IEEE/ACM International Symposium on Microarchitecture」で発表したもの。その論文「A Practical Methodology for Measuring the Side-Channel Signal Available to the Attacker for Instruction-Level Events」がZajic氏のウェブサイトで公開されている。

ノートPCやスマートフォンでは、さまざまなソフトウェアを利用するたびに、ハードウェアのさまざまな部品から特有の電磁波、音、信号が発せられており、それを外部から傍受することで情報を盗むことが可能だという。この事実は過去数年にわたってすでに論じられていた問題だ。

今回の研究では、これを防ぐために、開発者が設計時に利用可能な指標「Signal Available to Attacker(SAVAT)」を提案。アンテナなどを利用し、漏えい電磁波などを計測しながらSAVATの数値を減らすように開発者が努力することで、情報漏えいの危険を減らすことができないか研究している。

SAVATの指標開発にあたり、3種類のノートPCで11の異なる命令を実行して計測したという。すると、CPUの整数演算の中でも整数除算が、また、ラストレベルキャッシュ(LLC)のヒットやミスでは特に大きな信号を発生することが見いだせたという。

これらの信号を消すことは不可能だ。しかし、特定の信号を弱めることでリスクを低減できる可能性はある。

研究者らはまた、スマートフォンの場合、サイズが小さいこと、アイドル状態と使用時の電力の差が大きいことから、情報漏えいの危険が大きいとも考えている。ただし現時点では、Android端末のみ検証している。

現時点で漏えいする情報を傍受するためには、複数の方法を組み合わせる必要があるという。例えば、電磁波はスーツケースにアンテナを潜ませることで傍受可能だ。コンピューターの電子部品の1つであるコンデンサーが発する音は、テーブル下にマイクを設置すれば傍受可能。さらに電源信号の揺らぎを測定するには、被害者のノートPCの電源近くに、充電器の形をした機器を差し込むことで可能だとしている。

デモンストレーションでは、ノートPCにパスワードを入力すると、部屋の反対側でパスワードを1文字ずつ読み上げることが可能だったという。いずれのノートPCもインターネットには接続されていない。

続きはソースで

ソース: http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150109_683131.html

プレスリリース:
Researchers work to counter a new class of coffee shop hackers
http://www.news.gatech.edu/2015/01/08/researchers-work-counter-new-class-coffee-shop-hackers

引用元: 【IT】カフェでのノートPC・スマホ利用はオフラインでも危険...IEEE/ASMで発表 [15/01/09]

カフェでのノートPC・スマホ利用はオフラインでも危険の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/12/19(木) 15:24:12.37 ID:???0

ノートPC用のACアダプターの出力端子にはさまざまなタイプのものがあり、機種に合ったものでないと出力端子が使えないというケースがあります。
国際標準化団体の国際電気標準会議(IEC)は、単一のアダプターで全てのノートPCが充電できるよう、規格の統一を模索しているようです。

現在、Apple製のiPhoneやiPad以外のモバイルデバイスのほとんどは、microUSB端子から端末の充電が可能なので複数の端末を1つの充電用アダプターで充電できます。
しかし、ノートPCの場合はDC16V・DC19V・DC19.5V・DC20Vなど複数の出力端子が存在して微妙に太さが異なるため、PCを廃棄するとき、ACアダプターがまだ使用可能であっても一緒に捨ててしまうケースがあり、廃棄される量は毎年50万トンを超えているとのこと。
IECはアダプターの規格統一を図ることでこの大量の廃棄物を減らしたいと考えているようです。

ノートPC用の標準電源アダプター規格の詳細な技術仕様は2014年度初頭に公開されるとのことで、そのコネクターやプラグ部分、さらに安全性や相互運用性、パフォーマンス、環境配慮など、さまざまな面に考慮して仕様が決定されることになっています。
「Appleは独自のMagSafe電源アダプターを使い続けるとみられますが、この規格はうまくいけばHP・Lenovo・Dell・Acerなどのトップベンダーに採用されることになるでしょう」とIECは見込んでいる様子。

イカソース

http://gigazine.ne
images (1)
t/news/20131219-laptop-standards-charger/

http://i.gzn.jp/img/2013/12/19/laptop-standards-charger/P1680767.JPG



【朗報】全てのノートPCを充電できるよう、ACアダプターの規格統一化が進行中 団体「ただし、Appleは独自規格のままかも」の続きを読む

このページのトップヘ