理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ハイブリッド

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/08(月) 17:28:14.49 ID:CAP_USER
自動車の「EVシフト」はどこから来ているのか

(中略)

〈自動車EV化は、自動車業界にとどまるものではない〉

さて、連載の第1回は、木の話や住宅の話とは一見遠く見えるかもしれませんが、昨2017年に大潮流となった「自動車のEV(電気自動車)化とエネルギーの関係」について考えてみたいと思います。

多くの読者がご存じだと思いますが、イギリスとフランスは「2040年以降、化石燃料を原料とするガソリン車、ディーゼル車の販売を認めない」と宣言しました。
例えばスウェーデンに本拠を置くボルボグループなどは、これらを受け「2019年以降に発売するクルマ全てに、電気モーターを搭載する」と発表しています。

一方、日本ではどうでしょうか。自動車関係者がそのことに大きな衝撃を受けているのはもちろんですが、マスコミも含め、「自動車の将来はハイブリッド(HV)なのか、EVなのか、はたまた究極の燃料電池車なのか」などと、それぞれの可能性を議論しているようです。

私に言わせれば、こうした議論は少しずれています。
というのも、この自動車EV化の話は、自動車という個別業界にとどまるものではないからです。EV化の話は、もっと大きな「社会全体のエネルギー」という観点から見ると、ごく自然な話です。
その意味では、日本は30年遅れてしまったかもしれません。まずは、その点から説明していきましょう。
やはり、私たちが注目しなければいけない国はドイツです。

ドイツは国を挙げて、「2050年までに再生可能エネルギー80%」を目指しています。
現在でも、同国のエネルギー 自給率は今でも40%近くあり、それ自体、日本の6%を大きく上回っています
(再生可能エネルギーとは、水力・太陽光・風力・バイオマスなどからつくられる電気や熱の利用を指します)。

詳細・続きはソースで

東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/203317
ダウンロード


引用元: 【エネルギー】日本はEV化の超重要な流れをわかっていない

日本はEV化の超重要な流れをわかっていないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/13(火) 21:34:26.09 ID:CAP_USER9
http://eetimes.jp/ee/articles/1706/13/news021.html

東北大学の蟹江澄志准教授らは、硫化カドニウム(CdS)量子ドットとデンドロンからなる「有機無機ハイブリッドデンドリマー」を開発した。このデンドロン修飾CdS量子ドットは、非対称性の高い液晶性立方晶構造を形成している。量子ドットの発光強度を自在に制御できることも分かった。
[馬本隆綱,EE Times Japan]
2017年06月13日 13時30分 更新

太陽電池やLEDの高性能化に期待

 東北大学多元物質科学研究所の蟹江澄志准教授らによる研究グループは2017年6月、硫化カドニウム(CdS)量子ドットとデンドロンからなる「有機無機ハイブリッドデンドリマー」を開発した。このデンドロン修飾CdS量子ドットは、非対称性の高い液晶性立方晶構造を形成していることが分かった。量子ドットの発光強度を自在に制御できることも明らかにした。

 今回の研究は、蟹江氏や多元物質科学研究所の松原正樹博士(現在は仙台高等専門学校助教)、村松淳司教授、英国シェフィールド大学のGoran Ungar教授らと、東北大学多元物質科学研究所の秩父重英教授グループおよび、九州大学先導物質化学研究所の玉田薫教授グループらが連携して行った。

http://image.itmedia.co.jp/ee/articles/1706/13/l_tm_170613tohoku01.jpg
有機無機ハイブリッドデンドリマーの概略図 (クリックで拡大) 出典:東北大学

続きはソースで

ダウンロード (4)


引用元: 【技術開発】東北大学、量子ドットの発光強度を自在に制御 量子ドットを3次元規則配列【2017年6月にわかった 13日記事】 [無断転載禁止]©2ch.net

東北大学、量子ドットの発光強度を自在に制御 量子ドットを3次元規則配列の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/23(火) 13:22:33.53 ID:CAP_USER
テクノロジー
英国発「空飛ぶお尻」3回目の挑戦で180分の飛行に成功!無事着陸
2017年05月23日 09時58分
犬もびっくり!空飛ぶお尻が180分間の飛行に大成功!(見物していたDean Weller@WellerDeanさんのTwitterより)
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20303.html

 「空飛ぶお尻」のあだ名で知られる、世界最大のハイブリッド飛行船「エアランダー10」は今月10日、3回目の挑戦で飛行時間は180分間に及び、無事着陸に成功した。

 飛行船とヘリコプターと旅客機の“いいところ取り”をしたエアランダー10は、英国政府の後押しを受けて、複数の企業からクラウドソーシングで資金を調達したエアランダー社が開発にこぎつけた次世代型航空機。

 炭素繊維でできた胴体はヘリウムガスで膨らまし、350馬力のV8ディーゼルエンジン4基を搭載。ヘリコプターのように垂直に離着陸できるうえ、空気式の着陸装置を使えば、滑走路がない砂地や水面、氷上にも着陸できる。

続きはソースで

(画像)
近くを飛んでいた米国空軍機ホーカー・ハリケーンからも「エアランダー10」の勇姿が見られた(Hurricane Heritage@HurricaneR4118公式Twitterより)
(画像)
今回は尻餅もつかず、無事着陸(Hybrid Air Vehicles @AirVehicles公式Twitterより)

関連リンク
【関連記事】英国発・世界最大「空飛ぶお尻」…2度目の飛行で尻餅ついた(8月25日)
【関連記事】世界最大「空飛ぶお尻」初飛行に成功!航空業界に新時代到来(8月18日)
AIRLANDER
ダウンロード


引用元: 【飛行船】英国発「空飛ぶお尻」3回目の挑戦で180分の飛行に成功!無事着陸[05/23] [無断転載禁止]©2ch.net

【飛行船】英国発「空飛ぶお尻」3回目の挑戦で180分の飛行に成功!無事着陸の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/24(土) 14:42:45.05 ID:CAP_USER9
神奈川大、材料費1台80万円の超小型ロケット打ち上げ成功! (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00010007-newswitch-sctch
https://amd.c.yimg.jp/im_siggjTVq.X11ICs8ntuPSwp5Dw---x600-y900-q90/amd/20161224-00010007-newswitch-000-1-view.jpg


小型衛星の投入も視野

 神奈川大学工学部の高野敦准教授らは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で強化し軽量化した新型ハイブリッドエンジンやフェアリング(ロケットの先頭部)分離機構を搭載した超小型ロケットの打ち上げに成功した。伊豆大島差木地近隣広場(東京都大島町)から打ち上げたもので、機体とデータの回収に成功している。将来は小型衛星の打ち上げを想定しており、小型で安価なロケットと組み合わせれば、打ち上げコストの大幅な削減が期待できる。

 3日に打ち上げたロケットは高度約2キロメートルに到達後、パラシュートを展開して安全に着水した。機体は全長2・5メートル、直径0・12メートルの円筒型で、加速度計や気圧センサー、カメラなどを搭載。既製品に比べエンジンを10%軽量化した。

 またフェアリングの分離機構は人工衛星の宇宙での放出に対応できる。ロケットの材料費は1台あたり約80万円と既存のロケットと比べて安価だ。

 現在、衛星を宇宙空間まで打ち上げるには、大型のロケットを使う必要がある。だが小型衛星の場合、大型ロケットに積み込むメーンの人工衛星の軌道やスケジュールに合わせなければならない。

 もし小型で安価なロケットを作れれば、好きな時期や軌道に小型衛星を投入できる。

 今後の予定として2017年8月にも、軽量化した燃料タンクを積んだ小型ロケットを打ち上げる。また20年までに機体重量を大型化し、高度100キロメートルへの打ち上げを目指す。

 高野准教授は「気球による高度30キロメートルまでの観測と小型衛星による高度100キロメートルでの宇宙観測の間を埋められるのではないか」と期待する。

 ハイブリッドエンジンは樹脂を液体の酸化剤で燃焼し推進力を得る仕組み。安全性が高く運用コストを減らせるため、大学などでの研究が盛んに行われている。
ダウンロード


引用元: 【技術】材料費1台80万円の超小型ロケット打ち上げ成功! 神奈川大 [無断転載禁止]©2ch.net

材料費1台80万円の超小型ロケット打ち上げ成功! 神奈川大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/06(火) 22:00:59.16 ID:CAP_USER9
2016年12月6日 21:52

 トヨタ自動車は6日、「Toyota New Global Architecture(TNGA、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」に基づき、エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新、優れた走行性能と高い環境性能の両立を追求し、大幅に進化させたと発表した。

 今回新開発したパワートレーンは、軽量・コンパクト化、低重心化、エンジンの高速燃焼、トランスミッションの多段化・高効率化など基本性能を徹底的に見直すとともに、こうして実現した基本骨格を統一化するためにモジュール設計を行ったもの。
トヨタの次世代プラットフォームの方針となるTNGAは、「いいクルマづくり」の構造改革として2015年に発表され、同年発売の4代目プリウス以降、採用が拡大されている。

 エンジンでは、新型「直列4気筒2.5L直噴エンジン」を開発。「Dynamic Force Engine」と称する新型エンジンは、エンジンポテンシャルを最大限引き出すために、TNGAにより基本骨格を一から考え直し、
構造・構成を刷新することでより高い走行性能と環境性能を両立させている。高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を両立。
ガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ、世界トップレベルとなる熱効率40%・41%を達成すると同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化させたものだ。

 トランスミッションでは、新型「8速・10速オートマチックトランスミッション」を開発。エネルギーロスを最小限にし、伝達効率を高めるためにギヤやクラッチなどに様々な対策を施している。
ギヤは、歯面の摩擦係数を低くする新たな加工を施し、ギヤが噛み合う時のエネルギー伝達ロスを削減し、クラッチは、機構内の摩擦材形状を最適化、回転時のクラッチの損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)するなど世界トップレベルの伝達効率を達成した。


小型軽量化により車両燃費も向上させるとともに、低重心化により直進およびコーナリングの走行安定性を向上させている。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)

引用元:財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20161206/340863.html

ダウンロード (1)


引用元: 【科学】 トヨタ、TNGAによりパワートレーン一新、2021年までに60%に搭載 (財経新聞) [無断転載禁止]©2ch.net

トヨタ、TNGAによりパワートレーン一新、2021年までに60%に搭載 (財経新聞)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/09/17(土) 09:53:17.85 ID:CAP_USER
世界最古、6000年前の「ジーンズ」を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091600355/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091600355/01.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091600355/02.jpg


 遠い未来の考古学者たちは、綿をインディゴで染めたズボンを20~21世紀の一般的な衣服として分類するだろう。「ジーンズ」と呼ばれるこれらの服は「スキニー」、「ブーツカット」などに細分化され、あらゆる土地で見つかることから、貿易や文化が急激にグローバル化した証拠とみなされるはずだ。

 同時に、2016年9月14日に学術誌「Science Advances」に発表された興味深い論文も引き合いに出されるだろう。人類が少なくとも6000年前には綿をインディゴ染料で染めていたことを示唆する論文だ。(参考記事:「世界最古のドレス、5000年前のものと判明」)

 論文を執筆した研究者たちはワカ・プリエタ遺跡から出土した綿織物の8つの断片を分析していたとき、この驚くべき事実を発見した。ワカ・プリエタはペルー北部に位置し、1万4500年前~4000年前まで人々が生活を営んでいた。8片の布は袋や容器の一部と推測されており、ほとんどが1平方フィート(約930平方センチ)以下だった。(参考記事:「古代のポップコーン、ペルーで出土」)

 研究に参加した考古学者のジェフリー・スプリッツトーザー氏は「最初は泥まみれの布でした」と振り返る。「青みがかった布もありましたが、ほとんどグレーでした。ブルージーンズがどのように色あせるか知っているでしょう? まるで6000年前のブルージーンズでした」。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【考古学】世界最古、6000年前の「ジーンズ」を発見 ペルーの遺跡で見つかったインディゴブルーの綿織物 [無断転載禁止]©2ch.net

世界最古、6000年前の「ジーンズ」を発見 ペルーの遺跡で見つかったインディゴブルーの綿織物の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ